2018年5月22日

リフォームの費用相場とポイント

リフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

リフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした リフォーム を行う場合の概算費用です。

キッチンのリフォーム
50〜500万円
トイレのリフォーム
20〜100万円
浴室のリフォーム
100〜200万円
リビングのリフォーム
50〜300万円

リフォームのポイント

リフォーム

リフォームは目的によって経年劣化した個所を修復するリフォームと、ライフスタイルに合わせて行う改築リフォームの大きく2種類に分けられます。

修復リフォームは、家の各個所の耐用年数や劣化具合によって定期的に行う必要があります。劣化個所を軽視して放っておくと、家の構造体内部にまで影響を及ぼすこともあり、そうなると大掛かりな工事が必要となるので注意が必要です。家全体の寿命を延ばすためにも、必要な修復リフォームは必要な時期にきちんと行うようにしましょう。一方、改築リフォームは、家族構成やライフスタイルの変化に伴って不便に感じるようになった「家の造り」を変えるリフォームのことを指し、家族の快適な暮らしのために行うリフォームとして近年増加傾向にあります。

「快適な暮らし」のためのリフォームを成功させるためには、まずは同居する家族全員で、暮らしの中で感じている不満やストレスを出し合いましょう。そしてどうリフォームすればその不満やストレスが解消できるのかを考えていき、予算と相談しながら優先順位を付けて、リフォームプランを整理していくといいでしょう。ただし、大掛かりなリフォームはそう何度もできるものではないので、「今」だけを考えるのではなく、未来の変化、たとえば子供が増えることや老齢化していくことなどを視野に入れて検討していくことをお勧めします。

大まかなイメージが決まったら、専門家に相談してアドバイスをもらいながらリフォームプランの具体像を明確にしていきますが、その際は無料で複数の業者さんに相談できる当サイトをぜひご利用ください。専門の業者さんでも、それぞれで得意な分野が違ったり、リフォームにかかる費用も異なります。複数の業者さんとやり取りしながら提案内容や費用等を比較検討し、最も求める条件を満たしてくれる、信頼できる業者さんに依頼しましょう。

 

リフォームで費用を抑えるポイント

リフォームにはいろいろな種類のリフォームがありますが、費用を抑えるために共通しているのはリフォーム用の資材を利用してリフォームを行うことです。特注品でリフォームを行うと、オンリーワンなリフォームができますが、費用はそれだけ高くなってしまいます。できるだけリフォームに特化した資材を利用して、短い工期でリフォームを行いましょう。

廃材が出ないようにリフォームをすることも費用を抑えるには重要です。リフォームをすると古いものは捨てることが多いのですが、例えばフローリングなどは現行のフローリングの上から板を敷くことで古い板材を廃棄する必要がなくなります。廃材処理も無料でしてもらえるわけではありませんので、リフォームの費用を抑えるにはできるだけ廃材の出ない方法でリフォームを行うようにしましょう。

費用が高くない業者を選ぶことも重要です。あまりに安すぎる業者もトラブルの原因になりますが、飛び抜けて費用が高い業者というのもありますので、できるだけそのような業者は避けたいところです。費用が高い業者を避けるために3,4社の業者に相見積もりするようにしてください。リフォームの相場もわかり、相見積ですので費用も抑え気味でリフォームをすることができます。

リフォームとは

リフォームは、古くなった家の補修を行ったり、ライフスタイルを大きく変えたりするような改築や改装を行うことを言います。
re-formですので、基本的な考え方としては作り直しという意味になりますが、日本ではリノベーションも含めてリフォームに分類することもあります。外壁の修繕や耐震対策、バリアフリー対応、住宅設備の交換などリフォームで行えることは多岐にわたります。

リフォームの種類とメリット

リフォームの種類はいくつもありますので、ここでは目的に合わせて行うリフォームの種類とその特徴やメリットについて紹介します。

内装リフォーム
内装リフォームは建物の内側、部屋のリフォームになります。リビング・ダイニング・キッチンをひとつにするLDKリフォームや、床をフローリングに交換するリフォーム、オール電化対応など生活に密接する部分のリフォームになります。壁紙の交換などは見栄えを気にしなければ、DIYで行うことも可能です。

外壁リフォーム
外壁リフォームは基本的には家の壁の補修を行うリフォームですが、同時に屋根やベランダなどのリフォームも行います。見た目をよくするだけでなく、家を紫外線や風雨から守る大切なリフォームのひとつです。

耐震リフォーム
最近は地震が頻繁に発生していますが、古い家は耐震強度不足を起こしている可能性があります。耐震診断を受けて、家が地震で崩れないようにするためのリフォームになります。国からの補助金が出るケースもありますので、役場に相談してから行うようにしましょう。

バリアフリーリフォーム
居住空間には高齢者にとって危険な場所がいくつかあります。小さな段差をなくしたり、廊下に手すりを設けたりすることで、高齢者でも暮らしやすい環境を整えるリフォームになります。こちらも国からの補助金が出ることもありますので、要介護者がいる場合はケアマネジャーと相談してリフォームを進めてください。

リフォームを選ぶポイントと注意点

リフォームを行うときに注意したいのが悪質リフォーム業者の存在です。訪問販売でやってくるリフォーム業者の多くが悪徳業者であると考えてもかまいません。「無料で調査します」というような業者は必要のないリフォームを押し進めたり、粗悪なリフォームを行ったりします。自宅を競売にかけられたというような事件も起きています。
訪問販売のリフォーム業者には絶対に関わらないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

リフォームのお役立ちコラム

Q.古い家でもリフォームは可能?

結論から言うとリフォームをすることは可能ですが、建物の状態によってはまたすぐにリフォームが必要になってしまうことがありますので注意が必要です。

基礎の劣化や構造的に重要な箇所の腐食等は、補修にかかる費用も大きくなり結局建て替えをするのとほとんど費用が変わらなかったなんて事にもなりかねません。なのでどれくらいそのまま使えるのか、補修が必要であれば費用はどのくらいかかるのかを事前に調査してもらい、この先何年この家に住みたいのかも考慮に入れて、リフォームか建て替えかを比較検討することをお勧めします。

その際には住宅診断を行っている会社や一級建築士がいるリフォーム会社に相談すれば、補修すべき個所やおおよその費用などをアドバイスしてくれます。
セカンドオピニオンを取る意味でも複数の業者さんに相談することをお勧めします。