2018年5月22日

トイレリフォームの費用相場とポイント

トイレリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でトイレリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

トイレリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした トイレリフォーム を行う場合の概算費用です。

洋式便器の交換と内装工事
15〜50万円
タンクレスの便器に交換と内装工事
30〜80万円
和式トイレから洋式トイレへリフォーム
40〜90万円
ウォシュレット便座を交換
3〜5万円
トイレの換気扇を交換
2〜5万円

トイレリフォームで費用をおさえるポイント

トイレリフォームでは、取付するトイレ便器や設備の種類、内装のリフォームの有無により工事内容も異なり、費用にも違いが出てきます。 特に和式トイレを洋式トイレに取り替える場合には、配管移設などの水道工事、電気工事、既存トイレの撤去、床や壁の撤去といった基礎部分の工事も必要になるので大幅に費用が上がります。 またタンクレス便器で手洗器が付いてないタイプを取付ける場合は、手洗器を別に設置するための工事費用が必要になります。 そして費用が大きく影響するのが新しく取付けるトイレ便器のグレードです。トイレ機器には、便器と便座だけのシンプルなものもあれば、温水洗浄機能や自動フタ開閉などの多彩な機能が搭載されたものもあります。最近では様々な機能を持つ便器が登場してきているので、商品の価格にも差があります。各ご家庭に必要な必要最低限の機能を持つトイレ便器を取付けると、費用もかからないでしょう。また、収納や手洗器等の設備がセットになっているシステムトイレは取付け工事も簡単で工事費用もおさえることができます。 その他に内装の壁なども一緒に新しくリフォームする場合には内装工事が必要になります。壁紙や床材のグレードや内装にこだわると費用も上がってくるので、なるべく低価格のものを選んだり、内装はシンプルなものにすると費用をおさえることができるでしょう。

トイレリフォームの費用/単価がわかる見積もり事例

トイレリフォーム(トイレ交換・設置)にかかる費用は、

  1. 商品代金(トイレ本体)
  2. 工事費用(トイレ設置工事、内装工事)

に大きく分類され、トイレ交換の際に実施する作業内容によって変わってきます。

ここでは、典型的なトイレ交換の見積もり事例を見てみましょう。

事例1 : タンク式トイレ(手洗い付き)へ交換リフォーム

項目 明細 数量 単価 合計
トイレ本体 TOTOウォッシュレット一体型
リモデルHV
1式 ¥ 82,000 ¥ 82,000
トイレ設置工事 既存解体・撤去・設置・処分 1式 ¥ 25,000 ¥ 25,000
内装工事(材工) CF張替(1帖まで)/天壁紙張替(量産クロス) 1式 ¥ 42,000 ¥ 42,000
合計 ¥ 149,000

事例2 : タンクレストイレへ交換リフォーム

項目 明細 数量 単価 合計
トイレ本体 パナソニック タンクレス
アラウーノSⅡ
1式 ¥ 116,000 ¥ 116,000
トイレ設置工事 既存解体・撤去・設置・処分 1式 ¥ 25,000 ¥ 25,000
内装工事(材工) CF張替(1帖まで)/天壁紙張替(量産クロス) 1式 ¥ 42,000 ¥ 42,000
合計 ¥ 183,000


トイレリフォームの作業項目毎の平均単価・相場と留意点

  • 商品代金 キッチン収納は、「タンク式トイレ」か「タンクレストイレ」かで金額が違います。また上位グレードの商品には、お掃除リフトアップや全自動洗浄などの洗浄機能や、節水機能、自動開閉機能などの多様な機能が搭載されています。
  • 工事費用 トイレを交換する際には、必ず床の張り替えを行います。交換前の便器の跡が床に残っており、トイレ交換でサイズが変わることがほとんどのため、便器の跡が見えてしまうためです。 また、壁紙の交換も、トイレ交換の際に一緒にしてしまった方が基本的に工事費を安くおさえられます。

タンクレストイレへの交換を検討中で、戸建て2階以上に設置する場合は、水圧が十分か確認してもらってから商品を決定しましょう

トイレリフォームを選ぶポイント

トイレリフォームとは?

トイレリフォームでは主に便器の交換や設備の取付け、壁や床などの内装を新しくすることができます。便器に不具合が生じて新しい便器に交換する場合や、多機能便器に交換したい、和式トイレを洋式トイレに交換したいといった場合に便器の交換をします。

またトイレの壁の汚れが目立ってきた場合は壁紙の張り替え、将来に備えて段差をなくしたい、手すり等を取付けておきたいという場合にもリフォームを行います。

トイレリフォームの種類とメリット

トイレリフォームでこだわりたいのは、やはり便器の種類や機能ではないでしょうか。便器の種類には「組み合わせ便器」「一体型便器」「タンクレス便器」「システムトイレ」の4つの種類があり、それぞれの便器でメリットも異なります。

組み合わせ便器は独立した便器、タンク、便座を組み合わせたものなので便座部分が故障した場合は便座のみの交換ができます。手洗器を設置するスペースがない場合には、一体型便器の手洗い付きタンクがおすすめです。

またタンクレス便器は、コンパクトなのでトイレ空間を広く使用することができます。スタイリッシュなデザインが特徴です。そしてシステムトイレは、手洗器や収納などを豊富なプランから選び自分好みのトイレ空間を作ることができます。

最近のトイレは様々な便利な機能が搭載されていますが、一番のメリットは節水ができる点です。最新トイレは10年前のトイレと比べると約半分以下の水量で水を流すことができるようになり、水道代を節約することができます。

そして便器も掃除のしやすい設計になっています。トイレ便器に縁がないものは縁の裏に汚れが溜まることがないのでお手入れも簡単です。また便器の表面に汚れが付きにくい加工が施してあるものもあります。

その他には「きれい除菌水」で便器の見えない菌を洗浄したり、トイレの使用後の気になる臭いを脱臭してくれる脱臭機能が付いたものやイオンを発生させてにおいを元から取り除いてくれるものもあります。

トイレリフォームを選ぶポイントと注意点

トイレリフォームの際は、取付ける便器のサイズに注意が必要です。 トイレ空間に対し余りにも大きなサイズの便器を取付けてしまうと、腰を掛けたり立ち上がったりする動作ができなくなってしまいます。 トイレが狭い場合には、なるべくコンパクトな便器を選ぶようにしましょう。 また、将来に備えてトイレの段差をなくしてバリアフリーにする、手すりを取付ける等のリフォームをしておくことも大切です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

トイレリフォームのお役立ちコラム

Q.タンクレストイレのメリットは?

近年人気のタンクレストイレですが、最大のメリットはタンクがない分サイズが小さいので、トイレスペースをより広く利用できることです。空間が広く使えれば、トイレのお掃除もしやすくなります。また、デザイン性の高い商品が多いことも、その人気の一つとなっています。

ただし、手洗いが出来るタンクがなくなるので、手洗いの設備は別で設ける必要があります。

以前は、配管工事をするために床や壁を解体するなどの手間がかかっていたのですが、最近では手洗いの設備もセットになっているシステムトイレと呼ばれる商品が販売されています。

システムトイレは便器用の給排水管を利用する仕組みになっているため、床や壁を解体する必要がなく、工期も短いため、工事費用も抑えられるのでお勧めです。