2018年5月22日

ウォシュレットの取付・修理の費用相場とポイント

ウォシュレット取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でウォシュレット取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ウォシュレットの取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ウォシュレットの取付・修理 を行う場合の概算費用です。

ウォシュレット+工事費
3〜30万円
ウォシュレット取付け工事費
0.8〜1.5万円
サーモスタット交換
1〜2万円
基盤交換
1.5〜4万円

  

ウォシュレット取付・修理で費用をおさえるポイント

ウォシュレット取付、修理

まずウォシュレットの取付けに必要なのは、電源コンセントの設置です。
ウォシュレットは電源がないと使用することができないので、トイレ内に電源コンセントがない場合には電源工事を行う必要があります。また既存の電源コンセントがウォシュレットの消費電力に対応できなければ、適切な配線工事を行う必要が出てきます。

そしてウォシュレットの機能操作を壁リモコンで行う場合は、壁にモコンを取付ける工事が別途必要になります。トイレに電源コンセントがある場合は、施工説明書を見ながらスパナやドライバーなどの工具を使用して自分でも取付けることが可能です。業者に依頼をすれば取付け工事費や出張料などの費用がかかりますが、自分で取付ける場合はこれらの費用はおさえることができます。

ウォシュレットは搭載機能が優れているものほど商品の価格が高くなるので、必要最低限の機能が搭載されているものを選ぶと費用もおさえることができるでしょう。その他の費用をおさえるポイントとしては、メーカーや機能にこだわりがない場合には型遅れの商品や業者の過剰在庫を利用するとさらに費用をおさえることができるので、業者に問い合わせてみると良いでしょう。

またウォシュレットに不具合が現れた場合には早めに業者に連絡して、交換か修理かを見極めてもらいましょう。

ウォシュレット取付・修理とは?

ウォシュレットは現在使用している普通便座や暖房便座からの交換取付けをすることが可能ですが、後付けする場合には便器のサイズに合うものを取付ける必要があります。取付けにかかる時間は30分~1時間程度ですが、電源工事が必要な場合はそれ以上かかることもあります。

また取付けは自分で行うこともできますが、素人の取付けでは漏水等の心配もあるので取付けや修理は、できれば業者に依頼する方が良いでしょう。

ウォシュレット取付・修理の種類とメリット

ウォシュレットは、「貯湯式」と「瞬間式」というおしり洗浄用のお湯を出す仕組みの違いや、操作を行う際に操作部がウォシュレット本体に付いている「袖リモコン」、壁に取ける「壁リモコン」で行うかで分類されます。貯湯式はウォシュレット内に貯湯タンクが内蔵されていてタンク内の水を加熱して吐水をする仕組みです。一方の瞬間式は、温水ヒーターで瞬間的に水を加熱して吐水する仕組みになっています。

この二つの違いは消費電力で、瞬間式の方が貯湯式に比べて電気代が安いというメリットがあります。貯湯式は袖リモコン・壁リモコンから選ぶことができ、比較的価格の安い商品が多いです。また瞬間式は壁リモコンのみですがタンクがない分、貯湯式に比べ外観がすっきりとしています。

搭載機能には、便器内を清潔に保ちお手入れの手間も省くことができる「きれい除菌水」や便器内の菌や臭いをおさえることができる「プラズマクラスターイオン」が使用できるものがあります。その他には便座から立ち上がるとセンサーが感知して自動洗浄してくれるもの、便器に近づくと自動で蓋が開いて離れると閉じる機能があるものもあり、自動洗浄や蓋の自動開閉により無理な姿勢をすることがないので高齢者の方にも使いやすくなっています。

そして便座のリフトアップが可能になり、気になる便器と便座の隙間汚れが拭き取りやすい構造になったものも登場しています。また取付けや修理は、水回りのことなので業者に依頼する方が安心でしょう。

ウォシュレット取付・修理を選ぶポイントと注意点

浴室内にトイレがある3点式ユニットバスの場合は、湿気もあり電化製品であるウォシュレットには厳しい環境であるため、基本的に取付けはできません。また便器とウォシュレットが異なるメーカーの場合は、トラブルが発生した場合にはそれぞれのメーカーに連絡する必要が出てくることがあります。そして寒冷地では、室内暖房機の併用などで機器の凍結対策も必要になるため必ず業者に依頼をしましょう。

市販のウォシュレットは、ほとんどの洋式便器で設置、交換が可能となっていますが、洋式便器には2種類の大きさがあるので、各々のサイズに適した便座を選ぶ必要があります。また、最近は多機能なものも多く、省エネ性能のついたものやデザイン性に優れたもの等も多く出回っていますので、価格も含めて必要とする機能等を比較検討し、それぞれのご家庭に最適なウォシュレットを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ウォシュレットの取付、修理のお役立ちコラム

Q.ウォシュレットの取付け、修理に必要な工事って?

最近は、ほとんどのご家庭でウォシュレットが設置されています。綺麗好きの日本人らしい発明で、近年では多機能なものも多く、嫌なニオイを軽減してくれる脱臭機能や、汚れが気になるノズルを自動で洗浄してくれる自動洗浄機能等、便利な機能がいくつもあります。

既設のトイレにウォシュレットが付いていない場合でも、比較的簡単な後付け工事で設置することができます。まず取付けの前に、トイレのサイズに合った便座を選ぶように注意することと、トイレ内に電源コンセントと止水栓があるかどうかの確認を行ってください。

設置に伴う工事では、通常の水洗トイレからの取り替えであれば、貯水タンクに繋がっている水道管を取り外し、水道管の根元から二つに分岐させて、貯水タンクに繋がる給水管の取付けと、ウォシュレット本体に繋がる給水ホースの取付けを行います。

また、トイレ内に電源コンセントがない場合は、電源工事が別途必要となります。

電源コンセントがある場合の工事自体はそれほど複雑ではないのですが、毎日頻繁に水を使う場所なので、素人の取付けでは漏水等の心配が残ります。安心して使い続けるためにも、ウォシュレットの取付、修理は、専門の業者さんに依頼することをお勧めします。