2018年5月22日

トイレ換気扇の交換・修理の費用相場とポイント

トイレ換気扇の交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でトイレ換気扇の交換・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

トイレ換気扇の交換・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした トイレ換気扇の交換・修理 を行う場合の概算費用です。

換気扇交換
2〜6万円
タイマースイッチ交換
1.5〜2万円
パイプファン交換
1.5〜2万円
モーター交換
2〜3万円

  

トイレ換気扇の交換・修理で費用をおさえるポイント

トイレ換気扇 交換、修理

トイレ換気扇は取付ける場所で種類も異なり、取付けに必要な作業にもそれぞれ違いがあります。パイプ用ファンは壁に取付けるタイプの換気扇で簡単な工事で取り付けることができ、後から増設する場合も比較的簡単な工事で済みます。しかしダクト用換気扇は、天井に埋め込むタイプの換気扇で天井裏にダクト配管の工事などが必要になるので、増設となると少し大掛かりな工事になります。

トイレ換気扇の価格はパイプ用ファンよりもダクト用換気扇の方が若干高めになっています。そして照明スイッチと連動して作動するものや人感センサー付きの機能があるものはその分価格も高くなるので、取付けにかかる費用をおさえたい場合には、換気扇の搭載機能等も考慮して選ぶと良いでしょう。

その他にはインターネットを利用して自分で価格の安い換気扇を購入して、取付けは業者に依頼をするなどすれば費用もおさえることができます。またメーカーや機能にこだわりがない場合には、型遅れの商品や業者の過剰在庫を利用するとさらに費用をおさえることができるので、業者に問い合わせてみると良いでしょう。

交換や修理については、複数の業者から見積もりを取って比較検討をしてみると良いでしょう。

トイレ換気扇の交換・修理とは?

トイレ換気扇はトイレ空間の換気のため、トイレの壁や天井に取り付けられています。取付けや交換は1日程度で終わることがほとんどですが、取付け作業や修理には電気配線工事を伴うことがあります。この電気配線工事は、有資格者でなければ行うことができませんので必ず業者に依頼をするようにして下さい。

また換気扇に不具合がある場合には交換か修理かを業者に見極めてもらいましょう。

トイレ換気扇の交換・修理の種類とメリット

トイレ換気扇の大きさは20㎝程度で四角や丸形の形状が多く「パイプ用ファン」と「ダクト用換気扇」の二種類があります。パイプ用ファンは、主にプロペラファンが使われていて壁や天井に埋め込んだパイプに差し込んで換気をします。小型でも大風量で比較的掃除がしやすいことがメリットですが、外風などの抵抗に弱いので気密性の高い住宅への設置にはあまり適しておらず、戸建て住宅に設置されることが多いです。

またダクト用換気扇は「天井埋め込み型換気扇」とも呼ばれ、主にシロッコファンが使われています。天井に配管したダクトを通して換気するので、外気に面していない場所でも設置が可能です。そして外風などの抵抗にも強く、安定した風量が確保できるので気密性の高い住宅や高層住宅に適しています。搭載されている機能には、トイレの照明と連動して作動するものや、人の出入りをセンサーで自動感知して作動するものもあります。

脱臭機能も優れていて、24時間運転で通常は弱運転ですが人を感知すると強運転に切り替わるもの、退出後の残置運転機能やタイマー付きで自動で運転を停止するものもあります。またフィルター付きのものは換気扇内部に付着するほこりを軽減することができるのでお手入れも簡単になります。トイレ換気扇の寿命は7~10年なので、取付けてからそれ以上の年数が経過している場合は修理をしてもまたすぐに壊れてしまう可能性が高く、修理ではなく新しいものと交換をする方が良いでしょう。

【トイレの換気扇にお勧めの機能】
・照明連動でON/OFF
つけ忘れ、消し忘れを防止。
・人感センサー付
人の出入りをセンサーで自動感知してON/OFF。
24時間常時換気のものでは通常は弱運転、人を感知すると強運転に。
・残置運転付
退出後も残置運転でニオイや湿気をしっかり排出。
・遅延タイマー付
退出後のニオイや湿気もしっかり排出し、タイマーで自動OFFすることによって消し忘れを防止。
・フィルター付
トイレットペーパーやタオル等の繊維ボコリをフィルターでキャッチして換気扇内部のホコリ汚れを軽減。費用については、選ぶ換気扇によって違いますが施工費用も各業者さんによって異なります。納得の価格と内容でトイレ換気扇のリフォームが行えるよう、複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

トイレ換気扇の交換・修理を選ぶポイントと注意点

換気扇から異音がするなどの症状が現れた場合は、経年劣化により起こる症状でもありますが、単にファンにほこりが付着していることにより起こる場合もあります。ファンに付着しているほこりを取り除いてみてから、換気扇の状態を確認してみると良いでしょう。

また取付けや交換、修理に必要な電気配線は有資格者が行うという決まりがあります。素人が行うのは危険ですので必ず業者に依頼をしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

トイレ換気扇の交換、修理のお役立ちコラム

Q.トイレ換気扇の交換(修理)のタイミングって?

トイレの換気扇から異常音がしたり、換気が弱いと感じ始めたら、修理・交換のタイミングです。

ただし、こういった不具合は換気扇の故障によるものではなくファンに付いたホコリ等が原因になって起こることもあるので、まずは換気扇ファンを取り外して付着したホコリやゴミを綺麗に取り除いてみてください。

それでも改善されない場合は修理または交換となりますが、トイレの換気扇の寿命は7〜10年の為、それを過ぎている場合は修理をしてもまたすぐに壊れてしまう可能性が高いので、修理ではなく新しいものと交換をした方が良いでしょう。