2018年5月22日

マンションリフォームの費用相場とポイント

マンションリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でマンションリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

マンションリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした マンションリフォーム を行う場合の概算費用です。

リノベーション
300〜1500万円
間取り変更
50〜200万円
防音リフォーム
20〜100万円
キッチンリフォーム
100〜250万円

マンションリフォームのポイント

マンションリフォーム

マンションリフォームには大きく分けて、屋根、外壁、エレベーター、廊下、などの共用部分を管理組合が行う修繕工事と、各住戸単位で行われる専有部分のリフォーム工事の2種類があります。原則として、個人の専有部分とされるキッチンや浴室、トイレの交換などのリフォームは可能ですが、屋内であっても、窓やサッシ、ベランダなどの共有部分はリフォームNGであることが多いです。

また、専有部分であっても、コンクリートの壁などは構造体であるため改装できません。マンションでは管理組合によって様々な規制を設けていることが多いので、マンションでリフォームを行う際には、事前に管理組合へ相談しておくほうが良いでしょう。

 

マンションリフォームで費用を抑えるポイント

マンションリフォームの費用を抑える方法として最も効果的なのが、リフォーム後の材料のグレードを抑えることです。できるだけ入手しやすい価格の安い材料を使うことで、マンションリフォームの費用は大幅に下がります。グレードが低いからといって、必ずしも満足度が低くなるというわけではありません。グレードが低くてもシンプルなものを選ぶと、仕上がりの満足度も高く、納得のリフォームを行うことができます。

業者に相談すると魅力的な提案をいくつもされて、当初の予定よりも多くのリフォームをしてしまうことがあります。リフォームの費用を抑えたいのであれば、何ヶ所もリフォームするのではなく、本当にリフォームが必要な場所だけ工事するようにしましょう。最初から予算を決めておき、その予算以上は出せないことを業者に伝えておけば、必要以上の提案を避けることが可能です。

リフォームの費用は業者によっても変わってきます。クロスの張り替えひとつでも、業者によって数万円の差が出ることも珍しくありません。リフォームを行うときは3,4社の業者に見積り依頼をして、高値を提示してくる業者を省くようにしましょう。極端に安い業者も、仕事の質が低い可能性がありますので、避けておいたほうが確実です。

マンションリフォームとは

マンションリフォームはマンションそのものをリフォームするケースと、各自の占有スペースをリフォームするケースに分けることができます。

どちらのリフォームもマンションの管理規定があるため、一軒家などに比べると、リフォーム可能なことに限りがあります。玄関ドアの交換やフローリングへの張替えなどが禁止されているマンションがほとんどで、強度の問題から柱を取り除くこともできないようになっています。

マンションリフォームの種類とメリット

マンションリフォームは一括りにできないほど、いくつもの種類にわかれています。ここではマンションでよく行われる代表的なリフォームについて、その特徴やメリットを紹介します。

内装リフォーム
床材の交換やクロスを交換することで、これまでの室内とは違った雰囲気に部屋を仕上げることができます。照明器具などのインテリアも一新することで、古いマンションでも新築のような輝きを取り戻すことができます。

浴室リフォーム
マンションの浴室はカビが生えやすく寿命もありますので、ある程度のスパンでユニットごと交換することになります。最新のお風呂にリフォームすることで、メンテナンスを快適にし、お風呂でゆっくりくつろぐことのできる生活を手に入れることができます。

キッチンのリフォーム
壁向きに付けられているキッチンを、カウンターキッチンに交換するなど、キッチンの使い勝手を良くするためのリフォームになります。リビングにいる家族の姿を見ながら調理することが出来るというメリットがあり、主婦に人気のリフォームのひとつです。

バリアフリーリフォーム
高齢化が進んだことで、マンションでもバリアフリー対応のリフォームをしている家が増えてきました。引っかかりやすい部屋の敷居をなくしたり、廊下や浴室に手すりをつけたりするなどのリフォームを行い、高齢者でもストレスなく生活することを目指したリフォームを行います。

マンションリフォームを選ぶポイントと注意点

マンションのリフォームを選ぶときに、必ず注意してなくてはいけないのがマンションの管理規約です。マンションの管理規約にはリフォームにおける規約もあり、自分の部屋だからといって、自由にリフォームできないようになっています。
リフォーム前に申請が必要なこともありますので、リフォームを行う前には必ず目を通して、規約違反のリフォームを行わないように注意しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームでこんなお悩みありませんか?見積もり金額は適正?業者の選び方がわからない…。業者の対応・人柄が心配…。工事の品質・技術は大丈夫?
リフォーム業者は、会社として実体がなくても運営できるため、トラブルが起きると逃げ出す会社も少なくありません。依頼する会社によっては中間マージンが発生して同じ工事でも金額に大きく違いが出ることもよくあります。
リフォマなら失敗しない業者選びができます!

ネットで簡単!
\ リフォマが選ばれる理由 /

その1

適正価格で施工できる

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間業者によるマージンが発生しないため、適正な価格で施工をすることができます。

その2

適切な業者をご紹介

リフォマがご紹介する施工店はリフォマ独自の審査基準をクリアした業者のみ。高い専門知識を持ったリフォマスタッフが全国の加盟店から適切な専門業者を手配いたします。

その3

20万円以上の工事は
1年間無料保証

リフォマからご依頼いただいた20万円を越えるリフォーム・修理は「リフォマあんしん保証」でカバー!工事中の突発的な事故や引き渡し後の工事の欠陥が見つかった場合の修理費用を1年間保証します。

マンションリフォームのお役立ちコラム

Q.マンションリフォームをする際は周りに知らせたほうが良い?

リフォーム中は騒音やホコリ、臭いによって、近隣に不快感を与えてしまうことが多いので、近隣トラブルにならないためにも事前にきちんと挨拶することは必要です。

特にマンションリフォームでは、音や振動が壁や床を伝わってかなり遠くまで響いてしまいますので、両隣だけでなく、上の階の3軒、下の階の3軒には最低でも声を掛けておくことをお勧めします。

尚、リフォーム前の挨拶では、工事開始日と工事終了予定日、工事時間や工事の休みの日などをきちんと伝えられるように準備しておきましょう。

最近では、リフォーム工事開始前の近隣挨拶を業者さんが行ってくれるところも多いのですが、業者さんと一緒にか、または別途にでも、心遣い程度の手土産を持って自分でも挨拶にまわった方が良いでしょう。