2022年11月18日

室内ドア修理の費用相場とポイント

室内ドアリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。 豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ドア取付・交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。 「地域最安値」で室内ドアリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

室内ドア修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 室内ドア修理 を行う場合の概算費用です。

室内ドア交換
40,000円〜100,000円
室内ドア新規設置
60,000円〜250,000円
ドア穴の修理 + シートの片面張替え
50,000円〜80,000円
ドア穴の修理 + シートの表裏面張替え
60,000円〜90,000円

室内ドアの修理について

室内ドアの修理

皆さんは一日に何回室内でドアを開け閉めするかを考えたことがあるでしょうか? 室内ドアを含めて建具は生活の一部として完全に溶け込んでいるので、ドア自体を意識することはほとんどないと思います。 ですが、生活の一部として溶け込んでいるからこそ何か不具合があると生活そのものに直結します。

室内ドアは建て付けが悪くなって、開閉がうまくできなかったり、開閉音がうるさくなったりします。この場合のストレスは思った以上に大変です。 ドア自体の「開閉」についてのトラブルは基本的に原因がいわゆる経年劣化=寿命によることが多いです。長期間使っているうちに生じるドアの枠やドア自体のゆがみがこの劣化の正体になります。このようなトラブルの場合は、ドアの交換が必要になることもあります。

  • ドアノブが回らない
  • 蝶番が緩んでいる
  • 傷・穴・へこみがついてしまった

といった症状の場合が見られる場合は、修理だけで対応が可能です。

ドアノブの修理

ドアノブの修理

ドアノブのトラブルはネジの緩みや内部の部品が破損していることによって起きます。

ネジの緩みが原因の場合は、ネジを締め直すことで解消できます。 ですが、ネジを締め直しても直らないという場合は、表面的な修理では対処できないので、プロにお願いした上でのドアノブ交換をおすすめします。

【業者依頼時】
ドアノブの修理・調整(室内ドア・玄関ドアなど)の相場:20,000円~40,000円

蝶番の修理

蝶番の修理

蝶番はドアと枠をつなぐ部品です。蝶番は金属製ですのでもちろん錆や経年劣化によって使いづらくなっていきます。 蝶番のねじが緩んだりすると扉にぐらつきが生じます。ねじを締めなおしても、ねじ穴自体に原因がある場合は何度も再発します。 また、蝶番から「ギーギー」と音がすることがあります。これは蝶番の潤滑性が悪くなっているために起きます。

このようなトラブルが発生したら、ドアを正しい位置に固定してからネジを締め直すようにしてください。 どこまで締めても空回りするようでしたら、少し長めのネジに交換します。

蝶番そのものが変形していたときは、ネジの締め直しではなかなか改善しません。 このような場合は、同じ蝶番を購入して交換することになります。 作業に自信のない方や不慣れな方は、業者に修理を依頼したほうが良いでしょう。

【業者依頼時】
蝶番の修理・調整(室内ドア、棚、玄関ドアなど)の相場:20,000円~40,000円

室内ドア穴の修理

室内ドア穴の修理

室内ドアに開いてしまった穴の修理は、ただその穴を埋めるということであればDIYでも可能です。 ですが、それだけでは相変わらず見た目が悪いままです。 穴を埋めた上で仕上げを綺麗にするのは素人にはなかなか難しい作業になるので、修理自体をプロにお願いすることをおすすめします。 一般的にドア穴の修理は次のような流れで行われます。

  1. ドア穴をパテやメッシュテープで塞ぐ
  2. 塞いだ部分をならす
  3. 周囲と柄を合わせる or ダイノックシートをドア一面張替える

特に難しいのは周囲と柄を合わせたり、ダイノックシートと呼ばれるドアを覆っている薄いシートの張替えです。基本的にシートの柄というのは元のものと完全に同じものは存在しません。そんなシートの柄を周りと合わせる作業には熟練の職人技がいります。 また、穴をならした上でダイノックシートを貼るにはそれなりのコツがいるのでDIYの作業に慣れない方には不向きです。

【業者依頼時】
ドア穴の修理 + シートの片面張替えの相場:50,000円~80,000円

室内ドア修理の費用相場

ドアの修理を行うにあたって気になるのは、やはりいくらくらいで交換できるのかということですよね。

金具の交換くらいの修理であれば、2万前後で直すことができます。 ただし、穴が開いたドアの補修のような大掛かりな修理が必要なケースでは10万円くらいかかることもあり、場合によってはドアの交換のほうが安くなることもあります。

まとめ

室内ドア修理 室内ドアの寿命は長く、きちんとメンテナンスをしていれば20年以上使い続けることができます。 ただ、永遠に使い続けられるわけではなく、各所にトラブルが発生してきます。そして、そのトラブルの原因に合わせた修理が必要になります。

室内ドアの知識がまったくない状態で相談すると、必要でもない修理まで勧められる可能性がありますので、しっかりと頭に入れて、どのような修理を希望するのかを明確に伝えるようにしましょう。

室内ドア修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 室内ドア修理 を行う場合の概算費用です。

室内ドア交換
40,000円〜100,000円
室内ドア新規設置
60,000円〜250,000円
ドア穴の修理 + シートの片面張替え
50,000円〜80,000円
ドア穴の修理 + シートの表裏面張替え
60,000円〜90,000円

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介