2018年10月23日

リビングのドアを交換するといくらかかるの? 工事別にドアの交換費用をお教えします

自宅の部屋には必ず室内ドアが設けられていますよね。丈夫そうに見えるドアも経年劣化により、リフォームが必要になることがあります。特に、家族の出入りの多いリビングのドアは、開け閉めする回数も多いため不具合も現れやすい場所です。ここでは、リビングのドアを交換する時期の目安や、交換するさきの工事方法、費用相場について詳しく解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

リビングのドアはいつ交換すべきなのか

リビング ドア

リビングは家族の出入りが多く、ドアを開け閉めする回数が多くなるため、とりわけ経年劣化も早まる傾向にあります。

室内ドアは、15年~20年ぐらいから何らかの不具合が見られるようになりますが、寿命前でも、ドアの開け閉め時に音がするなどの症状が現れることもあります。

蝶番の調整及び、部品交換をしても不具合が改善されない場合や、建付け不良などの場合は、寿命前でも交換しなければなりません。 また、壁紙を新しくしたのでドアのデザインも変えたい、統一感のあるインテリアにしたいなど、不具合以外でも交換を検討することもあります。

リビングドアを選ぶときのポイント

リビングドア

リビングドアを交換する際、ドアの種類や便利な機能について把握しておく選ぶ際に役立ちます。
下記ではドア選びのポイントについてご説明していますので、参考にしてみて下さい。

ドアの種類

ドアは開閉の仕方により「開き戸」、「引き戸」、「折れ戸」の3種類に大きく分かれます。 このうち、リビングで良く採用されているのは、「開き戸」や「引き戸」です。

ちなみに、「折れ戸」は扉を中折りにして開くタイプのドアで、浴室やクローゼットなどでよく取り入れられています。

  • 開き戸

開き戸は、最もオーソドックスなドアで、洋室のリビングによく取り入れられています。 引き戸に比べて、気密性や遮音性に優れています。 また、開き戸には床にレールが無いため、レールにホコリが溜まることがなく、掃除がしやすいのも特徴です。

ただし、ドアを開閉する際、前後に十分な開閉スペースが必要ですので設置するときは注意しましょう。

  • 引き戸

引き戸には、「片引き戸」、「引違い戸」、「引き込み戸」などの種類があります。いずれも扉を左右にスライドさせて開閉するため、開け閉めのしやすいドアと言えます。
特に、高齢者の方には負担が少ない動作で開け閉めすることができます。

和室洋室どちらにも違和感なく取付けることができますし、床にレールのない上吊り引き戸は、掃除もしやすく、見た目もスッキリしています。
扉を開けたままの状態にしていても、扉が邪魔をせず、換気や掃除の際、通行の妨げにもなることがなく快適です。

ドアの機能

ドア選びのポイントとして、ドアの種類とともに押えておきたいのがドアの機能です。 ドアの機能で代表的なものには、バリアフリーに対応したもの、ペットに対応したものがあります。

その他にも、ドア自体に遮音機能があるものもありますので、リビング内のテレビの音を抑えたいなど、遮音効果を高めたい場合に取り入れる良いでしょう。

  • バリアフリー対応

家族の介護が必要になった時、車いすでの移動が必要になることがありますよね。間口の広い引き戸は、一般的な引き戸に比べて間口が広く設計されており、車いすでの行き来もスムーズに行えます。

さらに、床にレールがない上吊り引き戸は、敷居がなく床面に段差もほぼないため車いすでの移動はもちろん、歩いていて段差につまずいたりすることがないので、小さいお子様やご年配の方でも安心安全に暮らすことができます。

ブレーキ機能のある引き戸は、車いすでの移動や介助の際に役立ちます。引き戸を閉める際にゆっくりと扉が閉まるため、最後まで扉を閉める必要がなく、扉の開け閉めに手間を取らせません。

  • ペット対応

最近は、室内でペットを飼われているご家庭も多くみられます。 ドアの下部にペット専用の「くぐり戸」が設けてあると、ペットが自由にリビングを出入りできます。

飼い主は、ペットが出入りするごとに扉を開け閉めする手間が省け、ペットにとってもストレスなく過ごすことができる環境になるでしょう。

リビングドアを交換するときの施工方法とは

リビングドア

リビングドアを交換するときの施工方法は、以下の3種類です。 各方法について簡単に説明しますので、ご自宅に適した方法を選んで下さい。

  • ドア本体を交換する

  • ドア枠とドア本体を交換する

  • ドアの表面だけ取り換える

ドア本体を交換する

通常、ドア(建具)の周りにはドア枠と言われるものがついていますが、出来るだけ工事期間や費用を抑えたい場合は、ドア本体のみの交換が可能です。
ドアを変えるだけでも、随分と部屋の雰囲気が変わりますので、部屋のインテリアに合うドアを選びましょう。

ただし、既存の枠と新しいドアの色があまりにも違い過ぎると、ちぐはぐな印象のドアになってしまいます。 ドア枠とドアの色は出来るだけ同色に近いもの、もしくは違和感のない色合いのものを選ぶのがポイントです。

ドア枠とドア本体を交換する

ドア本体と一緒にドア枠を一式交換する場合は、ドア本体のみを交換するときと違い、ドア本体とドア枠のデザインや雰囲気を気にする必要がありません。

しかし、交換に伴って周辺の壁に手を加える必要が出てくるため、その分だけ別途費用がかかります。 その際、壁紙は既存のものと同じものを選ぶとよいでしょう。

もし、同じような壁紙が見つからなければ、部屋全体の壁紙を張り替える必要が出てくることがありますので、さらに費用がかさんでしまいます。

ドアの表面だけ取り替える

ドア表面の汚れやキズなどが目立つときは、面材を張り替えることで、大掛かりな工事をすることなく、手軽にドアや枠の雰囲気を変えることができます。
既存のドアで満足している方、インテリアのアクセントとして楽しみたい方などにおすすめの方法です。

しかし、既存のドアの表面の傷みがひどい場合や、面材が剥がれない場合は、施工できないことがあります。あらかじめ施工が可能かどうか業者に下見をしてもらい、リビングドアの状態を確認してもらいましょう。

リビングのドア交換業者に依頼する際の費用

リビングドア

最後に、リビングドアの交換を業者に依頼するとき、かかる費用についてご紹介します。 交換費用はご紹介した3つの施工方法および、交換するドアの値段によって変動します。その他にも、古いドアの撤去処分費がかかります。

標準的な仕様のドアは、2万円~5万円程度、デザインにガラスが施されているものや防音機能が備わったドアは、5万円~17万円程度になります。
取付けるドアの仕様も費用に影響しますので、予算に合わせて適切なものを選んでください。

ドア本体を交換する場合

費用目安:5万円~20万円程度

ドア枠はそのまま残し、ドア本体のみを交換する場合で、なおかつ既製品の中にサイズや好みのデザインのものがあると、5万円~10万円程度の費用でできます。 しかし、既製品のドアと既存のドア枠が合わないことがあります。また、オーダーメイドとなると費用も高額になります。

ドア枠とドア本体を交換する場合

費用目安:10万円~50万円程度

ドア枠とドア本体を一式交換する工事は、壁紙の張り替え工事も必要になるので、3つの施工方法の中で最も費用がかかります。
ドア本体の価格に加え、壁紙の価格も影響しますので、予算オーバーにならないように費用の準備をしておきましょう。

表面だけ取り換える場合

費用目安:4万円~6万円

ドアの面材だけを取り替える場合では、面材費(印刷化粧フィルムなど)のみで済むことがあります。

従って、3つの施工方法の中で最も費用を抑えられるだけでなく、交換工事も比較的簡単に行うことが可能です。 費用をあまりかけたくない方におすすめの方法です。

まとめ

リビングドアの交換は、経年劣化による不具合の他に、部屋の雰囲気を変えたいときにも有効です。 主な施工方法は3種類ですが、施工期間や予算が異なりますので、ご家庭に合った適切な方法を選びましょう。

デザイン性だけでなく、ご家族が使用しやすいドア(開き戸、引き戸)を選ぶことも大切です。 また、機能性のあるドアを取り入れると、使い勝手の良いドアに生まれ変わり、生活環境が快適になります。

ドア一つで、生活環境はもちろん、リビングの雰囲気も一新できます。
ぜひ、あなただけのお気に入りのドアを見つけて、リビングのドアリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります