2018年5月22日

玄関ポーチリフォームの費用相場とポイント

玄関ポーチリフォームの内容や価格をご紹介します。 費用相場が分かると、「この価格であれば妥協したい」「この費用を払ってでもリフォームしたい」など、家の印象を左右するリフォームの方向性が見えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

玄関ポーチリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 玄関ポーチリフォーム を行う場合の概算費用です。

ポーチのタイル張替え
5〜10万円
ポーチに手すりを設置
7〜15万円
ポーチの庇を取り替え
25〜50万円
軒先の取り替えと玄関先の改修
40〜80万円

玄関ポーチリフォームとは


玄関ポーチとは、家の玄関前の庇のあるスペースのことです。
玄関ポーチは家の顔となる場所で、毎日利用する場所でもあります。
玄関ポーチは家の印象に大きな影響を与えますが、狭い空間ですので、それほど費用をかけずにリフォームすることができます。

また最近では高齢者が使いやすいように、スロープや手すりを取り付けるなどして、バリアフリー対応の玄関ポーチにリフォームする家が増えています。

玄関ポーチリフォームのポイント

玄関ポーチリフォームをする場合、タイルのみを交換するリフォーム、ポーチを改築して段を変えたり、スロープにしたりするリフォーム、手すりなどをつけるリフォームなどがあります。

【注意点1】
玄関ポーチリフォームをする場合、安全性や手入れのしやすさのために、タイルはすべりにくく汚れがつきにくいものを選んでおくことが大切です。

【注意点2】
タイルの厚みは様々な種類があるので、むやみに厚さを変えてしまうと、玄関ドアが開かなくなってしまう可能性があります。
確認してから行うようにしましょう。

【注意点3】 段差があった玄関ポーチをスロープにすると、バリアフリーになりますが、今まであった玄関ポーチの3倍近くの面積が必要となってきますので、注意するようにしましょう。

値段に違いが生まれる理由

玄関ポーチには様々な素材が使用されるので、価格帯も幅広いです。
たとえば天然石など、耐久性が高い素材は単価が高めです。

耐久性が高く高級な素材は初期費用がかかりますが、メンテナンスにかかるコストが低いため、長期的なランニングコストで考えると費用を抑えることができる場合もあります。
長期的な視点から単価と耐久性のバランスを考えて素材を選びましょう。

玄関ポーチリフォームで費用を抑えるポイント

玄関ポーチリフォームで費用を抑えるには、価格の安いタイルなどを選べばいいのですが、材料費を抑えてしまったことで納得できる見栄えの玄関にならずに、リフォームをし直すようなことがよくあります。

玄関は家の顔でもありますので、多少の出費は覚悟して満足度を優先したほうが、結果的に安くリフォームすることができます。
こだわりすぎず妥協もしないというバランス感覚が重要です。

また、玄関ポーチだけリフォームをするよりも、玄関ドアのリフォームや外壁塗装なども一緒に行うとトータルコストを抑えることができます。
すべてを同時にリフォームしたほうがデザインに統一感が出るため、満足度の高い仕上がりも期待できます。
外壁リフォームのタイミングに合わせて、玄関ポーチリフォームも依頼するようにしましょう。

ポーチはデザインから依頼することになりますので、業者のセンスも重要になります。
過去のリフォーム物件などを写真で見せてもらい、自分たちのイメージに近いリフォームを行っている業者を見つけてください。

費用を抑えるためにも1社に相談するのではなく、複数の業者に相談して、相見積もりの状態にするようにしましょう。
そうすることで費用が高すぎる業者を省くことができます。

玄関ポーチリフォームの種類とメリット

玄関ポーチリフォームは見た目にこだわるためのタイル張替えリフォームと、高齢者のためのバリアフリーリフォームに分けることができます。
ここではそれぞれの特徴やメリットについて紹介します。

タイル張替えリフォーム

玄関ポーチのタイルだけを張り替えるリフォームになります。
滑りやすい素材のタイルから、滑りにくい素材のタイルに張り替えたり、家のイメージに合わせて既存のタイルを剥がして、新しいタイルに張り替えたりします。
門扉からポーチまで距離がある場合は、アプローチも含めてリフォームすることで、統一感のあるデザイン性の高い玄関を演出することが可能です。

庇交換リフォーム

玄関ポーチのリフォームの中でも、庇を交換するリフォームは人気のリフォームのひとつです。
古い家では庇が老朽化しているケースも多く、タイル張替えリフォームに合わせて庇も交換することで、家の外観イメージを大きく変えることができます。
庇のリフォームでは足場が必要になり、外壁に加工をするため外壁リフォームと合わせて行うことで、費用を抑えることができます。

バリアフリーリフォーム

玄関の位置が少し高くなっている場合、お年寄りには危険ですので階段に手すりをつけたり、将来の車椅子での移動も考えてスロープを取り付けたりするようなリフォームに人気があります。
スロープを取り付けるには大きなスペースが必要になるため、玄関横に昇降機を取り付けるリフォームなどを行っている業者もあります。

玄関ポーチリフォームを選ぶポイントと注意点

玄関ポーチのリフォームをするとき、注意したいのがタイルの素材です。
デザインだけで選んでしますと、滑りやすい素材のものを選んでしまうことがありますが、素材選びのときに業者に相談して、滑りにくい素材の中から選んでください。

乾いているときは滑らなくても、雨に濡れて滑る素材などもあり、玄関ポーチがとても危険なエリアになってしまいますので、タイル選びは慎重に行いましょう。

想定される事例

タイルを張り替える

玄関ポーチのタイルに汚れやヒビ割れが見られたら、張り替えを検討しましょう。
3~5平方メートルのタイルの張り替えで8万円という見積もりが挙げられます。
ただし、タイルの質やデザインで変動します。

ポーチの庇を交換する

1800mm×900mmの既成のアルミニウム製の庇を取り付ける場合、取り付け費込みで40万円という見積もり例があります。
庇はサイズやデザイン、既製品なのかオーダーメイドなのかで価格は変動します。
庇の取り付けには3~10万円かかると言われています。

ポーチと合わせて玄関をリフォームする

ポーチのタイル交換と、門から玄関までの通路のタイル交換、整備を行うと70万円という見積もり例があります。
大掛かりなリフォームをすると、構造部が古くなっていることに気づくこともあります。
リフォームした部分が綺麗になり、それ以外の部分が目立つからです。
たとえば上記のリフォーム例に加え、屋根材とポーチの支柱を交換すると、さらに20万円程かかります。

まとめ

ポーチリフォームの内容と価格についてご紹介しました。
工事規模や素材などで価格は大きく変わります。

部分的な工事であっても、高品質の素材を用いたり、施工面積が広いと、費用は高くなります。
しかし、高品質なものは耐用年数が長く、メンテナンス費を抑えられる可能性もあります。

リフォーム費用を抑えたいのか、メンテナンス費を抑えたいのか、デザインにこだわりたいのかなど、予算と妥協できない点のバランスを考え、好印象の家となる玄関ポーチをつくりましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

玄関ポーチリフォームのお役立ちコラム

Q.玄関ポーチリフォームのメリットって?

玄関ポーチのタイルが暗い色合いだった場合、明るい色のタイルに玄関ポーチリフォームすることで、玄関全体が明るい印象になるなど、玄関ポーチリフォームをするだけで、玄関のイメージが大きく変わります。

古い玄関タイルの場合は目地がカビやすいものであったり、カビが落ちずに汚れてしまっている場合は、玄関ポーチリフォームをする事により、新しいカビにくい目地にすることができ、掃除もとても楽になります。

また、古い玄関タイルの場合は雨が降った時などに滑りやすいものが多いですが、新しい玄関タイルはすべりにくいように表面加工がされてあるため、子どもやお年寄りなどにも安全な玄関となり安心です。