2018年5月22日

トイレ床の張替えの費用相場とポイント

トイレ床の張替えの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でトイレ床の張替えしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

トイレ床の張替えの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした トイレ床の張替え を行う場合の概算費用です。

クッションフロアー
2〜4万円
フローリング
4〜6万円

トイレ床の張替えのポイント

トイレ床張り替え

トイレの床はアンモニアや洗剤がよく飛び散る場所なので、長くキレイな状態を保つためにはそれらに強い性質を持った床材を選ぶことが大切です。そこで、トイレの床材には耐水性のあるクッションフロアや、加工した複合フローリング等が多く使用されています。クッションフロアはビニール製で比較的安価です。元々耐水性のある床材ですが、さらに防菌、防カビ、防汚加工が施された商品なども出ていてトイレの床にお勧めです。

張替えのタイミング目安は、使用状況にもよりますが約10年程度だと言われていて、剥がれや落ちない汚れ、劣化によるひび割れ等が目立ってきたら、接着剤や下地の劣化を疑った方がよいでしょう。クッションフロアの劣化を放っておくと、見た目が悪いだけでなく、下に水や汚れが入り込んでしまいカビの発生を促進させてしまうなど、床の土台にまで影響が出てきてしまいますので、劣化に気付いたら早めに張替えを検討することをお勧めします。

複合フローリングは、複数の板を張り合わせて、その表面に天然木の薄板を張りつけたものです。こちらの張替えのタイミング目安は約10年~15年程度だと言われています。 ただし、それ以前でも汚れや傷、色あせ等が目立ってきたら、張替えを検討する時期だと考えた方がよいでしょう。

また、上を歩くと床がたわんだり、きしむ音等の床鳴りがしたら、床の下地が傷んでいる可能性があります。そのまま放っておくと土台にまで影響を及ぼし、大掛かりな工事が必要になって大きな出費となってしまうこともありますので、そうなる前に業者さんに相談し、適切な張替えリフォームを行いましょう。費用については選ぶ床材によって変わりますが、施工費用も各業者さんによって異なるので、複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

トイレ床の張替えで費用を抑えるポイント

トイレ床の張替えでコストに大きな影響を与えるのが床材です。床材をできるだけ安いものを選ぶことで、トイレ床の張替えを低コストで行うことができます。とはいえ、それほど悩む必要はありません。トイレ床の床材として一般的によく使われているクッションフロアは、とても価格が安いため、それほど費用をかけずにトイレ床の張替えを行うことができます。

また、床材の劣化が始まったらできるだけ早めに交換することも費用を抑えるためには重要になります。トイレ床は水回りですので、床材の劣化を放置していると下地まで劣化してしまうことがあります。そうなると張替えだけで済んでいた費用が、下地の補修まで追加されてしまい、費用が大幅にアップしてしまう可能性があります。下地を守るための床材でもありますので、床材が劣化したと感じたら、早めの張替えを行うようにしましょう。

そして、もうひとつ重要な事があります。それはトイレ床のリフォームをどの業者に依頼するかということです。トイレ床のリフォームは業者によって得意不得意がありますので、同じ作業を行うにしても価格に開きがでてしまいます。できるだけ複数の業者に見積り依頼をして、価格が高すぎない業者の中から、信頼できる業者に依頼するようにしてください。

トイレ床の張替えとは

トイレ床は汚れやすく、衛生面から考えても定期的なメンテナンスが必要になります。日毎の手入れはもちろんのこと、床材が寿命を迎えるタイミングではトイレ床の床材を張り替えることで、見た目も美しく衛生的な状態でトイレを維持することができます。
床材の寿命だけでなく、便器の交換や、便器やタンクから水漏れが発生したタイミングなどでもトイレ床の張替えが必要になることがあります。

トイレ床の張替えの種類とメリット

トイレ床の張替えは床材の種類によって3種類に分けることができます。ここでは床材ごとの特徴と、そのメリットについて紹介します。

クッションフロア
クッションフロアはトイレの床材として最も標準的なもので、耐水性に優れるだけでなく、掃除のしやすさが特徴で、さらに費用の安さもあるため、あらゆる面からトイレ床の床材として最適な床材です。クッションフロアは他の床材よりも経年劣化が早いという弱点もありますが、衛生面も考えると同じ床材を長く使うのではなく、あえて定期的な交換が必要なクッションフロアを選ぶケースが多くなります。

フローリング
他の部屋とのバランスを考えて、トイレ床にフローリングを使用することもあります。全体がフローリングなのに、トイレだけクッションフロアというのはアンバランスです。そのため、水に弱いという弱点も理解した上で、フローリングでリフォームすることがあります。あえてフローリングを選ぶ場合はしっかりとしたコーティングが必要になります。

タイル
以前はトイレといえばタイル張りだったのですが、最近はあまりタイル張りのトイレは見かけなくなりました。それでも高級感のあるタイルが増え、見た目も美しく、耐久性もある上に、メンテナンスも簡単なタイルがトイレ床として注目されています。最近は高機能なタイルも発売されていますが、タイルで張替えを行うと、リフォーム費用が高くなるという問題があります。

トイレ床の張替えを選ぶポイントと注意点

トイレ床の張替えを行うときに、既存の床材と違う素材をしようすると、床の高さが変わってしまい、トイレ扉の開け閉めに問題が発生することがあります。
床材を変更するときは、業者としっかり相談してから施工をするようにしてください。またトイレ床の張替えを行うときは、クロスの交換なども一緒に行い、トータルコストを抑えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

トイレ床の張替えのお役立ちコラム

Q.トイレ床の張替えが必要になる時期って?

張替えが必要なタイミングは、使用状況や既存の床材によって異なります。

トイレの床材には、クッションフロアや、加工した複合フローリングなどが多く使用されていて、クッションフロアの場合、張替え目安は約10年程度、複合フローリングの場合は約10年~15年程度だといわれています。ただし、それ以前であっても目視できる劣化が目立ってきたら、下地に影響が出る前に張替えを検討した方がよいでしょう。

また、トイレの便器自体を交換する際に一緒に張替えを行うと、工事費をコストダウンすることが出来ます。最近人気なウォッシュレットタイプの便器の場合、電化製品の寿命で10年程度で交換が必要になってきますので、その時に併せて床も張替えを行えば、費用が抑えられるだけでなく、一新できて見た目にも気持ちよく、お勧めです。