2018年5月22日

クッションフロア張替え・補修の費用相場とポイント

クッションフロア張替え・補修の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、クッションフロアー張替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でクッションフロア張替え・補修しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

クッションフロア張替え・補修の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした クッションフロア張替え・補修 を行う場合の概算費用です。

リビング床張替え(15畳)
8〜15万円
キッチン床張替え
3.5〜5万円
洗面所床張替え
3〜5万円
トイレ床張替え
3〜5万円

クッションフロアの張替え、修理のポイント

クッションフロア 張替え、修理

クッションフロアは、滑りにくく適度なクッション性を持ったビニル系の素材の床材です。特に耐水性に優れた床材で、お手入れしやすいことから、湿気が多く床が濡れることも多い洗面所や、アンモニアや洗剤がよく飛び散るトイレなどに使用されることが多いです。また、デザインも無地のほか、木目調やタイル調など様々なものが豊富に用意されてますし、防菌や防カビ、防汚加工を施したものなどもあり、キッチンや子供部屋、またリビングにも使用されるようになってきています。

クッションフロアのメリットは、こういった種類の豊富さや機能性に加えて、価格が安価ということも挙げられ、張替えリフォームを定期的にしやすい床材といえるでしょう。クッションフロアの張替えリフォームは、施工する面積や使用する素材によって費用が異なりますが、依頼する業者さんによっても差があります。また、古いクッションフロアの回収費の有無なども各々で違いますので、依頼する際は複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

クッションフロア張替え・補修で費用を抑えるポイント

クッションフロアは床材としても低価格で特別なことを行わなくても、張替えや補修の費用を抑えることができるのですが、そんなクッションフロアでもさらに費用を抑える方法があります。そのひとつが、工法による施工費用の低減になります。クッションフロアをリフォームする場合は、一般的に古い床材を剥がして新しいクッションフロアを張るのですが、費用を抑えるために「重ね張り」をすることも可能です。

古い床材の状態が悪くないことが前提になりますが、フローリングでもクッションフロアでも、浮きなどが見られない場合は、床材を剥がすことなく上から重ね張りすることが可能です。この場合h、廃材が少ないことや、作業時間が短くなるため、張替えと比べて費用を大幅に減らすことが可能になります。ただし、床の厚みが増えてしまうという欠点がありますので、ドアなどの開閉を考慮する必要があります。

またクッションフロア張替え・補修は施工する業者によって価格が変わってきます。費用を少しでも抑えたいのであれば、3,4社の業者から見積もりを取るようにしてください。1社だけの見積もりですと、その費用が適正な価格であるかの判断ができません。複数の業者から見積を取ることで、費用相場も見えてきますので、相見積もりをして最適な業者を選びましょう。

クッションフロア張替え・補修とは

クッションフロアは塩化ビニールで作られたシートで、耐水性に優れる床材です。キッチンや洗面所などの水回りの床材としても使われていますが、安価であるため、床材のこだわらない人はリビングなどの部屋でもクッションフロアを取り入れるケースが増えてきました。
フローリングに比べて、音が下の階に響きにくいため、音が気になる人がクッションフロアの張替え・補修を行うこともあります。

クッションフロア張替え・補修の種類とメリット

クッションフロアは工法により3種類に分類することができます。ここではその3種類の特徴とメリットについて紹介します。

張替え工法
クッションフロアでは一般的なリフォーム方法で、古いクッションフロアを剥がして、新しいクッションフロアに交換します。床の厚みが変わらないというメリットがあり、クッションフロアを剥がすため、下地のチェックをすることができます。ただし、クッションフロアの接着剤は強力なものが多く、古いクッションフロアを剥がすには時間と手間がかかってしまうため、おもったよりも費用が高くなることがあります。

重ね張り工法
既存のクッションフロアの上からクッションフロアを重ねて張る工法になります。既存のクッションフロアの廃材が出ないこと、作業時間が短縮できることなどのメリットがあるため、費用を抑えるために最適なリフォーム方法です。ただし、クッションフロアを重ねるとフカフカしすぎてしまうため、歩行時に気になってしまう人もいますので、注意が必要です。

部分補修
クッションフロアは床材の価格が安いため、狭い部屋の場合は全面張り替えでも部分補修でもほれほど価格は変わりませんが、リビングのように広い場所の場合は、問題がある場所だけ補修することで、費用を抑えることができます。既存のクッションフロアと同じクッションフロアが手に入る場合は、補修後も仕上がりに違和感なく使用することができます。

クッションフロア張替え・補修を選ぶポイントと注意点

クッションフロア張替え・補修を希望する人の多くが、遮音性や断熱効果を期待して導入するのですが、クッションフロアは確かに下の階に音が響きにくい床材ですが、遮音性も断熱効果も思ったよりも高くありません。 「フローリングと比べると少しはまし」くらいの効果しかありませんので、安価な床材であるクッションフロアに過度な期待をしすぎないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

クッションフロアの張替え、修理のお役立ちコラム

Q.クッションフロアの張替え・修理のタイミングって?

クッションフロアは耐久性、耐水性に優れているためキッチンや洗面所、トイレなどによく使われます。また、比較的安価で施工も簡単なので、入退居のタイミングで張替えが必要なアパートなどの居室部分も多く用いられています。

水に強い一方で火や熱に弱いので、焦げ目がつきやすい難点があります。さらに、凹みや剥がれ、退変色も起こりやすいです。

修理は、小さな焦げ目程度でしたら専用のシーム液を使って目立たなくすることができますが、基本的には張替えになります。修理を目的とした張替え意外にも、介護が必要な家族がいる時や、小さな子供がいる時、室内飼いペットの歩行時の衝撃を抑える等の安全面の配慮を目的とした、ライフスタイルの変化に合わせたタイミングでの張替えもあります。