2018年5月22日

鏡のリフォーム費用相場は? 業者に依頼するときのポイントもご紹介します

鏡の取付の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で鏡の取付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

鏡の取付の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 鏡の取付 を行う場合の概算費用です。

浴室鏡取付け
1.5〜3万円
洗面防湿ミラー取付け
1.8〜2.5万円
玄関姿見取付け
1.5〜5万円
大型鏡取付け(2400x1800mm未満)
4〜10万円

鏡取付のポイント

鏡取付

住宅は玄関など必要な場所に、鏡を取付けしておくと、外出するときなど重宝します。それでは鏡の取付方法や注意すべき事はどの様な事でしょう。小さな手鏡程度の大きさなら、両面テープでも大丈夫ですが、姿見のように大きな物はしっかり取付けないと危険です。

ビス頭に装飾をした化粧ビスで止める方法と、キチッと化粧枠を作りその中に嵌め込む方法があります。化粧ビス止めの場合は簡単に取り外しが出来るので、取り替えや取り外しが簡単に出来ます。化粧額縁の場合は簡単に取り替えはできませんが、デザイン性や高級感があります。特に注意すべき事は、下地面を平滑に仕上る事です。不陸で一部分に力がかかると、鏡が割れてしまいます。また取付はしっかり固定して、落ちる様な事の無い様に注意しましょう。

  

鏡の取付で費用をおさえるポイント

鏡の取付けは鏡の大きさや種類、取付ける場所や取付ける壁の材質により取付け金具や必要な工事が異なるので、費用にも違いが出てきます。鏡には普通の鏡をはじめ、特殊ミラーと言われる防水加工が施されている防湿ミラーや、本当の色を映し出す高透過ミラーなどといった様々な種類があります。

またサイズや厚さも様々で、やはりサイズの大きいものや厚い鏡になるほど鏡自体の価格も高くなっていきます。その他には鏡にフレームが付いたものがありますが、フレームの材質などによっても価格に違いがあります。鏡の主な取付け方法には、鏡を吊り下げる方法や壁と鏡に金属を付けて取付ける壁付け、壁に直接鏡を貼りつける方法がありますが、それぞれ工事内容が異なるので取付けにかかる費用も異なります。

そして、取付ける壁の強度が不十分な場合には補強工事が必要になることがあります。取付けにかかる費用をおさえたい場合は、自分でインターネットを利用して価格の安い鏡を購入したり、中古の鏡を探してみるとよいでしょう。そして特にメーカーやデザインにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて要件を満たす商品の提案をしてもらって下さい。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので業者に相談してみると良いでしょう。

鏡の取付とは?

鏡は目的や用途に応じて家の中の様々な場所に取付けることができます。玄関に身だしなみをチェックするための姿見を取付けたい、また洗面所の鏡のデザインを変えたいという場合や浴室をリフオームしたので、鏡も一緒に新しく取り付けたいといったケースもあるでしょう。

小さな鏡であれば自分で取付けることもできますが、姿見などの大きな鏡の取付けは素人が行うのは大変危険ですので、取付けは業者に依頼をしてください。

鏡の取付の種類とメリット

鏡を取付ける際には、取付ける部屋の大きさに合わせて適度な大きさの鏡を取付けるようにしましょう。小さな部屋にあまりにも大きすぎる鏡は不釣り合いですし、違和感も出てきます。そして使用目的に合った適切な鏡を取付けることも大切で、洗面所や浴室に取付ける鏡であれば、防水効果のあるものなどが適しています。

リビングや寝室に取付ける場合には、部屋のインテリアに合わせてフレームを付けたり、フレームの材質を変えたりして部屋とのコーディネートを楽しむこともできます。 鏡の種類も様々なものがあるので、部屋の雰囲気を少し変えたい場合など、取り入れると便利なアイテムの一つと言えるでしょう。また鏡を取付けることで、部屋を広く見せたり部屋を明るくするという効果も期待できます。

鏡の材質(種類)にはガラス製やアルミ製、ステンレス製といったものがありますが、ものを正確に映す鏡は、やはりガラス製のものです。またガラス製以外のアルミ製やステンレス製のものはガラス製に比べると価格が高くなってしまいますが軽くて割れにくく、錆びないといったことがメリットになります。取付け方法については、吊り下げたり、壁付け、壁貼りなどの方法がありますので壁の材質や使用用途に応じた適切な取り付け方法を選ぶようにしましょう。

鏡の取付を選ぶポイントと注意点

鏡は割れ物なので取付ける際には安全に確実に取付ける必要があり、取付ける場所や壁の材質にも十分に配慮しなければなりません。そして重量もあるのでしっかりとした金具類で固定をしましょう。また洗面所などの水回りに取付ける場合は、防水加工が施されている鏡を取付けたり、居室部分に取付ける場合は、太陽光が反射しないように窓に対面させない場所に取付けるといった工夫も必要になります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームでこんなお悩みありませんか?見積もり金額は適正?業者の選び方がわからない…。業者の対応・人柄が心配…。工事の品質・技術は大丈夫?
リフォーム業者は、会社として実体がなくても運営できるため、トラブルが起きると逃げ出す会社も少なくありません。依頼する会社によっては中間マージンが発生して同じ工事でも金額に大きく違いが出ることもよくあります。
リフォマなら失敗しない業者選びができます!

ネットで簡単!
\ リフォマが選ばれる理由 /

その1

適正価格で施工できる

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間業者によるマージンが発生しないため、適正な価格で施工をすることができます。

その2

適切な業者をご紹介

リフォマがご紹介する施工店はリフォマ独自の審査基準をクリアした業者のみ。高い専門知識を持ったリフォマスタッフが全国の加盟店から適切な専門業者を手配いたします。

その3

20万円以上の工事は
1年間無料保証

リフォマからご依頼いただいた20万円を越えるリフォーム・修理は「リフォマあんしん保証」でカバー!工事中の突発的な事故や引き渡し後の工事の欠陥が見つかった場合の修理費用を1年間保証します。

鏡取付のお役立ちコラム

Q.住宅リフォームで鏡の取付時に注意するべき事って?

住宅リフォームなどを行う場面で、鏡を取付けすることを希望している場合では、取付け場所などによって十分に配慮することが必要とされています。

まずは浴室や洗面所などの水回りの空間に設置を行う場合では、必ず防水加工の施されている鏡を使用することが必要とされています。その他の場所として、一般的な居室部分に取付けを行う場面では、太陽光などの反射に関しても配慮することが必要とされていて、窓に対面させることを避けなければならないケースも見られます。

全ての場所に共通している内容としては、鏡の場合ではサイズによっても大きく異なりますが、ある程度の重量を持っているものになるために、しっかりとした金具類を利用して固定を行うことが必要になります。