2018年5月22日

ハンガーパイプの取付け費用は? クローゼットや押入れを有効活用しよう

ハンガーパイプ取付の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でハンガーパイプ取付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

ハンガーパイプ取付の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ハンガーパイプ取付 を行う場合の概算費用です。

クローゼットに設置
1.5〜4万円
押入れに設置
1.5〜3万円

ハンガーパイプの取付のポイント

ハンガーパイプ 取付

服入れや服をかけるために、ハンガーパイプを取付けると便利です。このハンガーパイプを取付する時は、どの様な事に注意すべきでしょうか。

まず材質ですが、必ずステンレスパイプを使用するようにしましょう。錆や腐食が無く、強度的にも優れているので最適の材料です。直径は32ミリ以上の物がよいでしょう。両端の留め金具を受ける下地は、しっかりした部材があるか確認しましょう。柱や強度の確保できる厚い壁であれば問題ないでしょうが、薄い壁だと金具が取れてしまうことがあります。最後にハンガーパイプの長さが1、2メートル程度を超える場合は、中間にもう一つ引張金具を取ってください。服は意外と重たいので、長すぎると撓んでしまって両端の金具から外れる危険性があります。

  

ハンガーパイプ取付で費用をおさえるポイント

ハンガーパイプは、取付ける場所や本数などによっても取付けに必要な費用に違いが出てきます。また素材や大きさ、長さなどによっても価格が異なる他、必要になる部品も異なります。そして取付ける場所の下地の強度が不十分な場合は、別途補強工事が必要になる場合があります。

ハンガーパイプを取付ける場所ですが、クローゼットやウォークインクローゼットに取付ける場合にはハンガーパイプのみの取付けだけで済むことがほとんどですが、押入れをクローゼットとして活用する場合には、押入れの中段を取り外すなど簡単なリフォーム工事が必要になる場合があります。その際には取り外した板の処分費などが必要になることがあります。

取付け費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝え、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうよと良いでしょう。またコスト重視であれば型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので業者に問い合わせをしてみてください。そして、業者に取付けを依頼する際には、複数の業者から見積を取って比較検討をしてみると良いでしょう。

ハンガーパイプ取付とは?

ハンガーパイプは押入れやクローゼット、ウォークインクローゼットに服をかけておくために取付けるものです。ハンガーパイプを取付けることで、デットスペースとなってる場所も有効に活用することができ、収納場所を最大限に利用することができます。

自分で取付けることも可能ですが、下地の確認などが必要になります。業者に依頼すれば下地の確認から取付けまですべて行ってもらえるので安心して任せることができます。

ハンガーパイプ取付の種類とメリット

クローゼットやウォークインクローゼットにハンガーパイプを取付けると、収納場所のデットスペースを活用できるので洋服の収納量を増やすことができて、なおかつクローゼット内もきちんと片付きます。そしてハンガーに吊るして洋服を収納できれば畳シワなども防ぐことができてアイロンがけなどの家事の手間も省けます。また押入れなどに手を加えてハンガーパイプを取付けることで、使い勝手の悪かった押入れも収納場所として有効活用することができます。

ハンガーパイプの材質にはアルミやステンレス製のものがあり、ハンガーパイプの太さにも様々なものがあります。強度とハンガーの掛けやすさといった点から、一般的に取り入れられることが多いのは25ミリ径のパイプです。

また強度などを考慮して32ミリ径のパイプを取り入れる場合は、使用できるハンガーが限られてしまうので注意が必要になります。ご自分の使い勝手の良いパイプの太さを選ぶと良いでしょう。

ハンガーパイプはクローゼットや押し入れの天井や壁はもちろんですが、ドアの上や部屋のコーナー部分へ取付けることも可能です。用途に応じて必要な箇所に必要な数を取付けることができるのでとても便利です。取付けを業者に依頼した場合には、狭いスペースでも活用できる可動式のハンガーパイプの設置や使い勝手の良い方法を提案してくれることもあるので、業者に依頼をしてみることもメリットの一つと言えそうです。

ハンガーパイプ取付を選ぶポイントと注意点

ハンガーパイプを取付ける際には、必ず取付ける場所の下地の強度を確認しましょう。下地の強度が弱いと重さに耐えきれずハンガーパイプが落下してしまい、大変危険です。

また材質によっても強度などが変わってくるのでこちらも注意が必要です。ハンガーパイプの材質はステンレスのものを選ぶと良いでしょう。ステンレスは錆や腐食がなく、強度的にも優れていて長く使用できるのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームが複数社への見積りで安くなる
その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

ハンガーパイプの取付のお役立ちコラム

Q.ハンガーパイプ取付のメリットって?

クローゼットや押し入れなどに収納するスペースがあっても、高さなどを有効利用できていない場合がありますし、棚などが設置されていても洋服などを畳んで収納している場合があります。

そのような場合にハンガーパイプを取り付けると、収納場所のデッドスペースを最大限に活かすことができますし、ハンガーに吊るして洋服を収納できれば畳みシワなどを防ぐことができます。

また、ハンガーパイプを高さを変えて2本取付けるなどの工夫をすることで、収納できる量をより増やすこともできるのでお勧めです。