2018年5月22日

ピクチャーレール取付の費用相場とポイント

ピクチャーレール取付の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でピクチャーレール取付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ピクチャーレール取付の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ピクチャーレール取付 を行う場合の概算費用です。

取付け(1〜5箇所)
1〜2万円
取付け(5〜10箇所)
2〜4万円
ピクチャーレール修理
0.8〜1.5万円

ピクチャーレール 取付のポイント

ピクチャーレール 取付

皆さんのご自宅にはピクチャーレールがありますか。家の中に絵を置いて楽しむ、ほっとする瞬間を演出してくれる絵もあれば、見るだけでエネルギーが湧いてくるものもあります。それらの絵を取付けるためにピクチャーレールというものがあります。これまで絵は画鋲などで止めているのが一般的でしたが壁に穴が開くことを嫌う方がいること、ピクチャーレールだと平面上である程度移動させることが出来るため、自分の好きな場所にセッティングできます。

これらを取り付けるポイントはまず、レールをどれくらいの長さにするか、フックの数をどうするか、どの部屋にするかが重要になります。多くの方はリビングにセットし複数の絵画をかけて楽しんでいるようです。

  

ピクチャーレール取付で費用をおさえるポイント

ピクチャーレールはレールの長さや許容荷量で商品の価格に違いがあり、レールの長いものや許容荷量が大きいものほど価格は高くなる他、色や材質によっても価格に違いがあります。また取付ける壁の下地によっては、下地の補強工事等が必要になる場合があります。そしてピクチャーレールに吊るすものによって、必要になるワイヤー・アタッチメント・フックの数も異なります。

例えば絵を飾る場合には絵の大きさや重さによって1本、または2本と使用するワイヤーやアタッチメント及びフックの個数が変わってきます。複数の絵を飾りたいという場合にも、複数のワイヤーとアタッチメント、フックが必要になってくるということになります。ピクチャーレールは取付ける壁の構造にもよりますが、木材下地の場合であれば素人でも比較的簡単に取付けることができます。

業者に依頼せずに自分で取り付けることが可能であれば、取り付け費用もおさえることができるでしょう。また、自分でインターネットを利用して価格の安い商品を購入したり、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品を提案してもらうのも良いでしょう。その他には、型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。

ピクチャーレール取付とは?

ピクチャーレールは壁に絵などを飾るために壁面や天井に取付けるレールのことです。壁に穴を開けずに手軽に絵などを飾ることができます。そして平面上で移動させたりすることができるので自分の好きな位置にセッティングすることも可能になります。

絵の他にも写真や時計などを吊るしたり、帽子や洋服などを掛けることもできるので取付けておくと便利です。そして取付けには先付けと後付けの二種類の方法があります。

ピクチャーレール取付の種類とメリット

ピクチャーレールは、壁に取付ける「壁付け」と天井に取付ける「天井付け」の二種類のタイプのものがあり、レールはそれぞれ専用のものを使用するようになります。壁付けは取付けが比較的安全であるということ、天井付けはワイヤーが壁近くにあるのでワイヤーが邪魔にならないというメリットがあります。

そして取付け方法として、新築やリフォームの施工時にレールを一緒に埋め込んで取付ける「先付け」と、すでに仕上がった壁や天井に後から取付ける「後付け」の二つの方法があります。先付けは、レールの出っ張りがないので見た目もすっきりとしています。また後付けは、埋め込みはできませんが壁の色に合わせて様々な色のレールを取付けることができ、お部屋のアクセントにもなります。

ピクチャーレールを取付ける一番のメリットはやはり、壁に穴を開けずに絵や時計など様々なものを手軽にインテリアとして取り入れることができるということです。そして掛け替えも簡単なので、ちょっとしたお部屋の模様替えもすぐに出来てしまいます。

またピクチャーレールは、ハンガーラックとして洋服を掛けたり、バックホルダーやマガジンラックとしても活用することができます。シンプルな構造なのでお部屋のインテリアも損なわず、様々なものをおしゃれに吊るしたり飾っておくことができます。その他には地震対策として食器棚や書棚などの転倒防止ワイヤーとして取付けておけば、万が一に備えておくこともできます。

ピクチャーレール取付を選ぶポイントと注意点

ピクチャーレールを取付ける際には、**壁への負担や耐荷重などに注意が必要になってきます。

そして取付ける壁の下地(壁の中の柱など)を必ず確認し、最近の壁材で多く使用されている石膏ボードなどの場合は柱などにビスを打つ作業を必ず行います。この下地確認をきちんと行うことでピクチャーレールをしっかりと取付けることができ、ピクチャーレールが落下するのを防ぐことができます。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ピクチャーレール 取付のお役立ちコラム

Q.ピクチャーレール取付のメリットって?

壁に絵などを飾ろうとすると、壁にくぎなどを打たなければいけない場合がありますが、くぎを打って壁に穴を開けてしまうとずっと穴が残ってしまいます。

そのため、リフォームとしてピクチャーレールを取付けることによって、壁に穴を開けずに絵などを飾ることができます。ピクチャーレールは、レール部分にフックやハンガーを取付けて使います。

そのため、ピクチャーレールの取付けやフックやハンガーを使用する際には壁への負担や耐荷重などに注意が必要ですが、絵のほかにも写真や時計などを吊るしたり、帽子や洋服などをかけることもできますし、左右や上下に稼働できるフックやハンガーなどを使うことでかけている物を自由に移動させることもできます。