2018年5月22日

洗面所床の張替えの費用相場とポイント

洗面所床の張替えの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、洗面台のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で洗面所床の張替えしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

洗面所床の張替えの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 洗面所床の張替え を行う場合の概算費用です。

クッションフロアー張替え
2〜4万円
クッションフロアー+ソフト巾木張替え
3〜5万円
洗濯機パン脱着費用
2〜3万円

洗面所・床張替えのポイント

洗面所・床張替え

洗面所の床の張替えを考える際、やはり気になるのはどのくらいの費用と時間がかかるかではないでしょうか。費用と時間は、施工内容と規模によって大きく異なってきます。まずポイントは、その床の劣化の原因が何であるかを確認しておく必要があります。単なる経年劣化であれば床材の張替えのみで済みますが、配管からの水漏れや浴室のドア枠からの水漏れ等が原因となっている場合には、その原因箇所も併せてしっかりと修理する必要があります。

また、下地の傷み具合によっては大掛かりな工事になることもあり、費用と時間もその分かかってきます。床材のみの張替えでも、洗面所全体を張り替えるのか、傷んでいる箇所のみを張り替えるのか等、既存の状態により施工内容は様々ですので、最適な方法を選ぶためにも複数の業者さんに相談し、比較検討することをお勧めします

 

洗面所床の張替えで費用を抑えるポイント

洗面所床の張替えで費用を抑えるポイントは大きく分けて2つあります。ひとつめは床材選びで、できるだけ低コストの床材を選ぶことで、洗面所床の張替えの費用を抑えることができます。もっとも、洗面所床で一般的に使われているクッションフロアを選べば、低コストですのであまり深く考える必要はありません。もしフローリングを使っているようでしたら、クッションフロアに張り替えることをおすすめします。

洗面所は湿気も高く、床に水が染み込みやすい環境ですのでフローリングを使うと、フローリングの寿命が短くなってしまいます。それを防ぐためにはコーティングが必要になりますが、コーティングは決して安いものではありませんので、ただでさえ高いフローリングが、さらに高値になってしまいます。費用を抑えたいのであればクッションフロアを選ぶようにしましょう。

そしてもうひとつは、床材劣化が見られたらすぐに張替えを行うということです。床材の劣化を放置していると、床の下地まで劣化してしまう可能性があります。特に水漏れなどが原因で床材が劣化してしまったときは要注意です。家そのものの寿命にも影響しますので、洗面所床の張替えで費用を抑えるためには、「まだ大丈夫だろう」なんて考えず、すぐに張替えをするようにしましょう。

洗面所床の張替えとは

洗面所床の張替えは、床材の寿命や水漏れなどによる劣化が始まったときに行うリフォームになります。洗面所は水回りになり、お風呂とつながっていることが多いため、家の中の他の場所と比べて早く劣化する傾向にあります。
このため洗面所床の張替えは、一般的には耐水性の高いクッションフロアを利用して張替えを行い、下地に問題がある場合は、下地の補修も行うことになります。

洗面所床の張替えの種類とメリット

洗面所床の張替えの種類は床材の種類によって分類することができます。ここでは洗面所床に適した床材とその特徴やメリットについて紹介します。

クッションフロア
最も一般的な洗面所の床材になります。耐水性が高く、汚れや水滴が染み込むことがないためお手入れも簡単ですので、とても多くの洗面所で使われています。大量生産が可能ですので他の床材に比べても費用を抑えられることもクッションフロアの特徴です。床材にこだわりがない場合は、クッションフロアがおすすめです。

複合フローリング
洗面所にはフローリングはあまりおすすめできないのですが、どうしても自然の風合のある洗面所にしたい場合は、無垢材ではなく合板で作られた複合フローリングがおすすめです。床材の表面を加工しているため、洗剤などをこぼしても問題ない複合フローリングもあります。

タイル
耐久性の高さと耐水性の高さがタイルの特徴です。費用が高くなるためあまり使われないのですが、手入れが簡単なことと寿命の長さから洗面所に使用するケースもあります。ただし、滑りやすいという問題や、冬場に冷えてしまうという問題もあります。

コルクタイル
タイルは冬場に冷たいという問題がありますが、コルクタイルですと自然のぬくもりがあり、遮音性にもすぐれているため、最近注目されている床材になります。汚れにも強いという特徴がありますが、施工慣れしている業者が少ないという欠点もあります。

洗面所床の張替えを選ぶポイントと注意点

洗面所床の張替えは、他の床材同様に重ね張りをすることができるのですが、床材の寿命前で洗面所の雰囲気を変えたいような場合以外にはおすすめできない施工方法になります。 洗面所は水回りですので、目に見えない下地などの劣化が始まっている可能性があります。
床材の寿命や、劣化を感じたときは重ね張りではなく、下地の確認をすることができる張替えを選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

洗面所・床の張替えのお役立ちコラム

Q.洗面所・床の張替えのタイミングって?

洗面所は、一般的な住宅では浴室と隣接されている場合がほとんどです。

浴室や洗面台、洗濯機など、毎日水やお湯を使用する場所なので、どうしても湿気が溜まりやすく、他の場所に比べて床も傷みやすいです。また、洗面所の床の劣化は、水漏れが原因の場合も少なくないので、配管や浴室のドア枠など、水漏れがどこかに発生していないか等にも注意する必要があります。

洗面所の床材には、水に強い等の理由からクッションフロアや、加工をした複合フローリングがよく使用されています。ビニール製のクッションフロアの張替えのタイミング目安は約10年程度だと言われていて、剥がれや落ちない汚れ、劣化によるひび割れ等が目立ってきたら、接着剤や下地の劣化を疑った方がよいでしょう。

クッションフロアの劣化を放っておくと、見た目が悪いだけでなく、下に水や汚れが入り込んでしまいカビの発生を促進させてしまうなど、床の土台にまで影響が出てきてしまいますので、劣化に気付いたら早めの張替えを検討することをお勧めします。

次に複合フローリングの張替えのタイミングですが、こちらは約10年~15年程度だと言われています。汚れや傷、色あせ等が目立ってきたら、張替えを検討する時期だと考えていいでしょう。また、上を歩くと床がたわんだり、きしむ音等の床鳴りがしたら、床の下地が傷んでいる可能性があります。そのまま放っておくと土台にまで影響を及ぼし、大掛かりな工事が必要になって大きな出費となってしまうこともありますので、そうなる前に業者さんに相談し、適切な張替えリフォームを行いましょう。