2018年5月18日

洗面台の交換・修理の費用相場とポイント

洗面台の交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、洗面台のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で洗面台の取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

洗面台の交換・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 洗面台の交換・修理 を行う場合の概算費用です。

洗面台交換
5〜30万円
洗面台のパイプ交換
2〜4万円
洗面台の撤去
3〜6万円
洗面所のリフォーム
20〜100万円

  

洗面台の交換・修理で費用をおさえるポイント

洗面台交換・修理

洗面台の交換は、取り付ける洗面台の種類によって費用に違いが出てきます。洗面台の種類には洗面ボールや水栓金具、収納キャビネットがセットになり、あらかじめ決まった間口で作られたユニットタイプのもの、素材やデザインを自由に選んで組み合わせることができるシステムタイプのものがあります。その他には、カウンターを取り付けてそこに洗面ボールや鏡などを組み合わせて作るカウンタータイプの洗面台があります。システムタイプやカウンタータイプの洗面台は洗面ボール、水栓、鏡、収納などのデザインを自由に選ぶことができます。

自分好みの洗面台にカスタマイズすることができる分、一般的なユニットタイプに比べて贅沢な洗面台になるため費用も上がってきます。パーツにこだわればこだわるほど価格はさらに上がっていきますので、費用をおさえるポイントとしては、一番こだわりたい部分を決めてその他のものはグレードを少し落としたりすると良いかもしれません。また、収納キャビネットを洗面台の上下左右に取り付ける場合も追加費用が発生します。

修理は複数の業者から見積もりを取って、比較検討をするようにしましょう。水回りの修理はやはり慎重に行いたいですし、修理か交換かをきちんと見極めてもらうためにも複数の業者に相談してみて下さい。

洗面台の交換・修理とは?

洗面台の交換を検討するタイミングは、洗面ボールにひびが入った場合や水が漏れる、経年劣化により付着した汚れなどが落ちない、照明が点灯しないなど洗面台の見た目気が気になり始めたり、洗面台に不具合が生じた場合です。

また家族構成やライフスタイルの変化で、洗面台の機能性をグレードアップさせたいなどの場合も交換を検討するタイミングになります。修理は洗面ボーㇽ、蛇口など部分的な修理や交換が可能です。

洗面台の交換・修理の種類とメリット

最近の洗面台は収納力が充実しています。収納が少ないイメージのあるユニットタイプのものでも様々なものが収納できるように工夫されて使いやすさもアップしています。そして収納キャビネットを交換することのできるシステムタイプは、さらに収納を充実させることができ大容量の収納が可能になります。またカウンタータイプは、ユニットタイプやシステムタイプに比べるとやや収納力は劣ってしまいますが、自由に収納棚などを取り付けることができるので、オリジナルの洗面台になります。

その他の機能には、洗面ボールに傾斜が付いていて掃除がしやすい設計になっているものやお手入れが簡単にできる設備が付いているもの、蛇口まわりに汚れが溜まりにくい設計になっているものなどがあります。そして汚れが一番気になる洗面ボーㇽは汚れが付くにくく、さっとふくだけで汚れをきれいに落とせる材質になっているものもあります。洗面台は水垢などの汚れが溜まりやすくいつも清潔にしておきたい場所なので、お手入れの手間が省けるのはとても助かります。

また、洗面台にLED照明が付いているものや節水機能のある水栓を選ぶと省エネや節約にもなります。洗面ボールにひびが入ってしまった場合は洗面ボールのみ、洗面台の下台部分の修理や交換が可能です。また蛇口から水漏れがする等の場合も蛇口のみの修理や交換をすることができますが、必ず業者に依頼をして修理か交換かを見極めてもらうようにしましょう。

様々な特徴の洗面台について下記にまとめていますので、ご参考ください。
洗面台の基礎知識

洗面台の交換・修理を選ぶポイントと注意点

洗面台を交換する際は、既存の洗面台のサイズを計測して設置できる洗面台のサイズを把握する必要があります。その左右や上下に空きスペースがある場合には洗面台を大きなものにグレードアップすることができます。また、余計な配管工事を増やさないためにも、配管状況を変えずに済む洗面台を選ぶことをお勧めします。

また既存の洗面台の給排水管が床・壁のどちらなのかを確認しておく必要があります。洗面台の給排水管により選択できる洗面台が変わってくる他、工事費用なども影響してきます。 最近はデザインだけでなく、収納や使い勝手を重視した商品も多数出ています。洗面台は家族みんなで使うものなので、家族で相談して何を一番に優先させるのかを決めておくようにしましょう。

洗面台の種類や修理方法を下記にまとめていますので、ご参考ください。
洗面台と洗面化粧台の施工箇所・タイプ別 選び方のポイント

こちらのページでは洗面所リフォームの施工事例やその他お役立ち情報をまとめています。 洗面所リフォームをご検討の方はぜひ参考にしてください。

洗面所 リフォームのお役立ち情報まとめ

洗面所リフォームと併せて、お風呂のリフォームを検討している方はこちらのページも参考にしてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

洗面台の取付、修理のお役立ちコラム

Q.洗面台交換(取付)のタイミングはいつ頃ですか?

一般的に築10年を過ぎると洗面台を新しいものに変えたいと考えるご家庭が増える傾向にあるようです。

洗面台の交換を検討する理由には、経年劣化によって付着した汚れや黄ばみが取れずに見た目に不快感が出てきたり、何かの衝撃によって洗面ボールにヒビが入ったり破損してしまったり、また、家族構成やライフスタイルの変化によって、サイズを変えたり、収納力や機能性をグレードアップしたいと考える方もいるようです。

洗面ボール等に入ったヒビは、プロの業者さんに依頼すれば、ヒビの補修後に塗装も綺麗にし直して、新品同様に蘇らせることも可能な場合がありますが、程度によってはまたすぐに傷んでしまうという結果になることもありますので、修理か交換かを見極めるためにも複数の業者さんに相談してみることをお勧めします。