2019年10月31日

二重サッシ(二重窓)の取り付け・修理の費用は? デメリットも詳しく解説

自宅の窓を二重サッシ(二重窓)にすることで、防音や防犯、断熱など様々な効果を得ることができます。この記事では、二重サッシを取り付けるリフォームや修理の費用以外にも、設置した際のメリットやデメリットに関しても解説しています。リフォームを検討している方はぜひご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

二重サッシ(二重窓)取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 二重サッシ(二重窓)取付・修理 を行う場合の概算費用です。

引き違い窓
3〜4万円
FIX窓
2〜3万円
開き窓
3〜4.5万円
テラスドア
8〜10万円

二重サッシの取り付けと修理の費用相場

二重サッシ 費用

二重サッシ(二重窓)を新規で取り付ける場合は、3万~10万円前後の費用がかかります。しかし、この金額はあくまで目安です。窓のサイズや種類、サッシの商品価格によっても工事費用が異なります。

二重サッシの修理は、サッシやガラスの状態によって費用に差が出てきます。ガラスを交換する場合は3万前後、サッシの戸車の修理は1万~3万円前後は必要で、サッシの状態によっては20万円以上かかるケースもあります。

予算に余裕がない方は、現地調査のときに施工店に予算を伝え、その中で収まるようにしてもらいましょう。そして、メーカーの商品名や品番をあらかじめ伝えておいてください。

二重サッシや窓の施工は大体2,3時間で終わります。ただし、品番が分からないと調べるのに時間がかかるため、最初に品番の分かる写真を撮って施工店に教えることで、手間が減る分早く工事を終えることができます。

二重サッシ(二重窓)と複層ガラスの効果の違い

二重サッシ 費用

二重サッシのことをインターネットで調べると、複層ガラスペアガラス内窓など様々な単語が出てくるため、どれが何を指すのか分からなくて混乱してきますよね。

そもそも二重サッシ(二重窓)とは、既存の窓枠の内側に新たな窓枠を取り付けることです。内窓は二重サッシと同義語で使われています。
一方、複層ガラスは複数の板ガラスを重ねたもので、ガラスの構造としては複層ガラスとペアガラスはほぼ同じです。

ここでは、二重サッシと複層ガラスの効果の違いについて解説しています。

二重サッシ(二重窓)による効果

二重サッシを設置すると以下の効果があるといわれています。

  • 断熱効果
  • 防音効果
  • 防犯効果
  • 結露防止

二重サッシは単純に窓が2つある状態ですので、寒冷地でもよく使用されているほど断熱効果には定評があります。さらに、複層ガラスよりも防音効果があるといわれています。

二重サッシを設置した場合のメリットについては、この後の章で詳しく解説します。

複層ガラスによる効果

複層ガラスを設置すると以下の効果があるといわれています。

  • 断熱効果
  • 結露防止
  • 遮熱効果

複層ガラスも設置することで断熱効果があります。ガラスとガラスの間にある乾燥空気(アルゴンガスなど)により、室内の熱を外に逃がしにくくなり、暖房効率を上げることができるのです。

複層ガラスはガラス2枚重なっていることで遮音効果があります。

二重サッシ(二重窓)にリフォームするメリット

二重サッシ 費用

二重サッシの効果を簡単に説明しましたが、自宅の窓を二重サッシにリフォームすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、二重サッシにすることで得られるメリットについて詳しく解説していきます。

断熱効果でエアコンにかかる費用を抑えられる

二重サッシにすると、部屋の空気が外に逃げにくくなります。また、窓が2枚あることで外の冷気が室内に入ってきても、内窓があることで程度抑えることができるため、部屋の温度を長く保つことが可能です。

エアコンは部屋の温度を自動で感知して作動しますので、部屋の温度を保つことはエアコンの稼働を抑えることにつながります。
さらに、外の気温が伝わりにくくなるので、季節に関係なく心地よく過ごすことができるでしょう。

防音効果が期待できる

二重サッシは窓が二重になることにより、外からの音の侵入防いでくれます。逆に、室内から出る音も外に漏れにくくなるため防音効果があるといわれています。

騒音は壁が厚ければ防げるように思えますが、外の音が入ってくるのは主に窓からです。窓が厚くなることで電車や車の音を遮断し、ピアノや犬の鳴き声などの音が外へ漏れにくくなります。

窓の防音についてはより詳しい記事がありますので、下記をご参考ください。
窓の防音対策で快適な住空間へ 防音効果のある窓の選び方

窓の結露を防ぐことができる

外の気温が低い日に室内が暖房で温められている場合、窓の周辺の温度が極端に下がることで、結露が発生します。

結露はただ窓が水滴で濡れるだけでなく、その水分がカビの発生源となったり、サッシが痛む原因になったりします。二重サッシでは外の気温の変化に左右されにくいため、結露の発生を抑えることができます。

家の防犯性を高めてくれる

強盗犯や空き巣の侵入経路で最も多いのが窓です。平成30年のデータでは57.6%という結果が警察庁 より報告されています。

そして、入りやすく逃げやすい家を狙うというデータもあります。二重サッシは壊すのに時間がかかりますし、更に防犯フィルムを窓に貼っていると敬遠される傾向にあるため、自宅の防犯性を気にされる方は導入してみてはいかがでしょうか。

二重サッシ(二重窓)にリフォームすることで起こるデメリット

二重サッシにすると多くのメリットを得ることができますが、リフォームすることで発生するデメリットもあります。
設置してから後悔しないように、デメリットについてもきちんと理解しておきましょう。

窓の掃除に時間がかかる

窓が2つあるため、窓の掃除を行うと手間が増えます。 そうはいっても、内窓はそれほど汚れないため、掃除の負担がかなり増えるということはありません。

ただ、内窓があることで数cmですが手前に出っ張りができるため、外側の窓に手が届きにくくなることがあるようです。

窓の開け閉めを2回しないといけない

二重サッシは窓が2つある状態ですので、開け閉めを2回行うことになります。2回開け閉めするだけなので些細なことに思えますが、換気の度に2回開け閉めすることをストレスに感じる人もいます。

人によっては気にならない方もいますが、普通の窓よりも開け閉めに少々手間がかかる、ということを覚えておいてください。

二重サッシ(二重窓)の取り付け、修理を依頼するときの注意点

二重サッシ 費用

二重サッシを取り付けや修理は、依頼する前に確認しておかなくてはいけないことがあります。
ここでは、依頼する前に確認しておくべきことについて解説していきますので、余裕を持ってリフォームや修理を行いましょう。

【注意点1】
二重サッシを新規取り付ける場合、何の目的で工事をするのかが大切になります。例えば、断熱性を高めるのであれば窓ガラスの種類までこだわる必要はありません。

しかし、防音性を高めるのであれば、騒音の種類によって対応する窓ガラスの厚みが違ってくるため、ガラス自体を選ぶ必要があります。

【注意点2】
二重サッシの取り付けや修理は、窓枠の幅によっては施工が不可能なこともあるので注意してください。施工する前に可能な窓枠の幅であるのか、必ず確認しておきましょう。

【注意点3】
サッシの枠が同じ位置にくるかどうかも重要です。窓枠の寸法だけでなく、クレセント(窓に取り付ける錠金具)の位置も確認しておかないと、開閉が出来なくなる可能性がありますので注意が必要です。

窓のリフォームを行う際は施工店に依頼することになりますが、選ぶ時の見極めポイントを押さえておくことが大切です。下記の記事では選ぶポイントについて解説していますので、参考までにご覧ください。
窓サッシリフォームにおける、施工業者の選び方

まとめ

二重サッシにすることで、多少開け閉めなどで不便を感じることがあるかもしれませんが、それ以上に断熱効果や防音効果など多くのメリットがあります。

大きな窓や特殊な窓ですと費用は高くなるかもしれませんが、一般的な窓であれば10万円前後で設置できます。商品や対応する施工によっては、更に安く請け負ってくれるところもありますので、一度気軽に相談してみてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

二重窓/二重サッシ取付、修理のお役立ちコラム

Q.二重窓・二重サッシ取付のメリットとデメリットって?

メリットは、ガラスだけではなく、窓全体をすっぽり覆う工事になりますので、窓の断熱効果や結露軽減効果が期待出来ます。窓の中に窓を設置にすることによって、窓の周辺の冷えや結露は大幅に減ります。

デメリットは、窓の見栄えが異なるので見た 感じを重視されたい方だと、見栄えの問題は難しいかもしれません。 もう一つは、窓を開け閉めする場合に、今までは1回ですんでたものを2回開け閉めしなければならないわずらわしさです。

窓の断熱・結露で悩まれている方は意外に多いです。万が一1枚のガラスが割れて修理する際も、もう一枚のガラスがありますので当日修理できなくても、余裕をもって業者に連絡することができます。