2018年5月22日

サッシ交換の費用相場とポイント

サッシの交換がどのように行われるかご存知ですか?サッシの状態によって、様々な方法があり、費用も変動します。サッシがどのように交換され、業者に依頼する場合どれくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

サッシ交換の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした サッシ交換 を行う場合の概算費用です。

サッシのみの交換
3〜5万円
サッシのみの交換(壁工事有りの場合)
30〜50万円
窓(180cm✕170cm)+サッシの交換(カバー工法)
10〜20万円
窓(180cm✕170cm)+サッシの交換(はつり工法)
30〜50万円

サッシの交換工法


サッシの開閉をスムーズに行うことが難しくなったら、サッシのどこかに不具合が起きています。
部品の交換のみで済むこともあれば、サッシを全て交換しなくてはならない程劣化していることもあります。
サッシの交換工法は、主に2つあります。

壁カット工法

上げ下げ窓から引違い窓など、窓タイプを変更したい時におすすめです。
室内の窓枠はそのまま活かしてサッシを全て交換する工法です。

サッシの周縁部を切断して既存のサッシ枠を撤去し、新しいサッシと交換します。
既存のサッシと同等の開口部を確保できるのが魅力です。

カバー工法

既存のサッシ枠に新しいサッシ枠をかぶせることでサッシを交換します。
外壁や窓枠の工事が不要なため短期間で交換可能で、費用もお手頃なのが魅力です。
ただし、開口部が既存のサッシより小さくなるというデメリットもあります。

サッシの交換費用の目安

サッシの素材や窓ガラスのサイズで費用は変動します。 サッシ枠自体の価格の幅や設置するサッシの大きさによる価格の違いをご紹介します。

  • サッシ枠の交換 5~30万円
  • 風呂場サッシの交換 3~15万円
  • ベランダ窓サッシの交換 25~35万円

サッシの部品交換

サッシを全て交換するとなると価格は高額になります。
もしサッシの部品にのみ不具合が見られるのであれば、部品を交換すれば済む場合が多く、費用を抑えることも可能です。
サッシの部品交換にかかる費用をご紹介します。

ビート

市販のビートは1,000円前後から購入可能です。
その手頃さから自分で交換できれば費用を抑えられるのではと考えてしまいますが、適切に取り付けできていないとサッシにすき間ができてしまいます。
サッシに隙間が空けば外気を取り込み、風の音がうるさかったり寒さや暑さが遮れなくなるため、生活環境にも影響を及ぼします。

交換になれていない方は業者に依頼しましょう。
部品代と工事費合わせて1~2万円程で交換可能です。

戸車

市販の戸車は2,000円~購入可能です。
しかし種類が様々で廃盤になるのが早いため、取り付けるサッシに合うものを見つけるのはかなり大変です。
すみやかな交換のためには、業者に依頼することをおすすめします。
工事費も含め1万円~交換可能です。

サッシの窓ガラスを交換する

室内の熱は窓ガラスから最も外へ逃げると言われているため、窓ガラスの断熱性を高めることが大切です。
サッシと共に窓ガラスも機能の高いものにすることで、より効果を高めることができます。

既存のサッシ枠を利用し窓ガラスのみを交換すれば、費用を抑えることが可能です。
ここではいくつか機能性の高い窓ガラスについてご紹介します。

遮熱対策ガラスに交換する

断熱性複層ガラスは、通常の一枚ガラスと比較すると夏場の遮熱性は約2倍、冬場の断熱性は約3倍と言われています。
冷暖房の効きを良くしてくれるため、節電にもなります。
また、結露や紫外線もカットしてくれる多機能性も魅力です。

交換には5~20万円程かかるため一見高額に見えますが、お手入れのラクさや光熱費を考慮に入れると、長い目で見れば決して高い金額ではありません。

防犯対策ガラスに交換する

防犯対策ガラスとは、2枚ガラスの間に強度の高い透明の膜を挟んだガラスのことです。
ガラスに衝撃が与えられても割れにくいため、ドライバーやハンマーなどで割ろうとしても突き破るのは難しくなります。
6~30万円程で取り付け可能で、万一ガラスを割られて空き巣などの被害に遭た場合、見舞金が支給される保障があることもあります。

業者にどのような補償があるか確認しておくと、より安心して交換できます。

まとめ

サッシの交換がどのように行われるのかと費用の目安をご紹介しました。
サッシの交換には部品の交換をはじめ、サッシを全て交換するなど様々な方法が考えられます。
また、サッシ枠や窓ガラスのグレード、大きさでも費用に違いが出てきます。

費用を抑えながら利便性の高いサッシに交換するためには、既存のサッシのどこを直すべきなのかを明確にすることが大切です。
予算とのバランスを考えながら、より快適な空間を作るためのサッシを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

サッシ取付、交換、修理のお役立ちコラム

Q.サッシの修理・交換(取付)のタイミングって?

サッシの修理もしくは交換のタイミングは色々とあります。サッシは断熱性や気密性が落ちてくる15年から20年程度で、交換するタイミングが訪れてきます。

20年も経過すれば、断熱性や気密性が格段に優れたものを取付することが出来ますし、部屋の中の快適度はかなり向上します。また、リフォームやリノベーションの時などに、サッシを交換するということもあります。

部屋の間取り変更する場合など、窓の位置を変えることもあるため、その時に一緒に工事をすれば、安い値段で取付してもらうことが出来るためです。その他、修理のタイミングとしては、クレセントが壊れてしまった時や、地震の後、サッシが歪んでしまった場合などは、修理を依頼した方がよいでしょう。