2018年5月22日

内窓取付の費用相場とポイント

内窓取付の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で内窓取付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

内窓取付の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 内窓取付 を行う場合の概算費用です。

4枚建て窓(2550x1800mm)
10〜15万円
2枚建て窓(1650x2100mm)
8〜12万円
2枚建て窓(1650x1050mm)
5〜7万円
開き窓(600x100mm)
4〜6万円

内窓の取付のポイント

内窓 取付

【ポイント1】
内窓を取り付ける場所があるかどうかを確認するようにしましょう。窓枠の奥行きが少ない場合は、内窓を取付けることが難しくなってしまう場合がありますので、注意するようにします。

【ポイント2】
内窓と外窓のガラスの厚みに、注意するようにしましょう。ガラスの厚みをかえておいた方が、より効果的に防音することが出来るようになります。ガラスの厚みは騒音によって変わってきますので、防音のために取付する場合は、確認することが必要です。

【ポイント3】
内窓は最近、樹脂のものが増えてきています。しかし、窓枠の色とあわせるように気をつけて取り付けるようにしないと、違和感が出てしまいますので、注意するようにしましょう。

 

内窓取付で費用を抑えるポイント

内窓取付の費用は内窓に使うガラスの種類と、内窓の枠の素材によって決まります。少しでも費用を抑えたい場合は、安価な素材の内窓を選ぶようにすればよいのですが、内窓をつけるには何らかの理由があるはずです。ただ安さだけを追求すると、本来期待する機能を果たせなくなって、無駄な出費なってしまうこともあります。反対に業者に言われるがまま、不要な機能までつけてしまうと割高になります。

内窓取付の費用を抑えるためには、何のための内窓取付なのかを明確にしておきましょう。断熱・防音・防犯など、内窓には様々な効果を期待することができます。それらすべてを期待する場合は、費用はどうしても膨れ上がってしまいます。費用を抑えるためには、すべてではなく自分たちがほんとうに必要としている機能に特化した内窓を選ぶようにしてください。

内窓取付はDIYでも行うことができます。費用を抑えるにはそれでも可能ですが、取り付ける窓に歪みがある場合などは素人ではきちんと取付することが難しくなります。できるだけ業者に依頼することをおすすめします。費用を抑えるためにも複数の業者に依頼して、相見積状態にしてください。ただし、安さばかりを優先すると雑な工事をされることもありますので気をつけましょう。

内窓取付とは

内窓は室内の結露を防止することが出来るため、北海道などの寒冷地で使われることの多い窓です。最近ではその防音性や断熱性にも注目が集まり、寒冷地以外でも内窓を取り付ける家が増えてきました。
特に注目されているのが防犯性です。窓を割って室内に侵入することが難しくなるため、1階の窓に内窓取付を行う家庭が増えています。断熱性があるため電気代節約にもなる、エコなリフォームでもあります。

内窓取付の種類とメリット

内窓にはその機能に応じていくつかの種類に分類することができます。ここでは一般的な内窓について、その種類とメリットについて紹介します。

引き違い窓
最も一般的な内窓になります。2枚引き、3枚引き、4枚引きなどがあり、窓を偏心させた偏心引違い窓なども発売されています。種類やカラーが多く、好みの内窓を選びやすいというメリットがあります。価格も比較的安価なものが多く、特に問題がなければ引違い窓でのリフォームがおすすめです。

開き窓・開きドア
内側に開くタイプの内窓になります。開きドアは勝手口などのドアの内側につけることで、ドアの断熱性や防犯性を高めることができます。開き窓は引き違い窓が使えないような、小さな窓の内窓に最適です。開閉するために室内の内側に空間が必要になることと、種類が多くないというデメリットもありますが、大きく開口できますので、室内に風を呼び込むことができる内窓になります。

FIX窓
古い家にはあまり付いていないのですが、最近は採光のために、開かない窓であるFIX窓を設置する家が増えてきました。そのFIX窓を窓も1枚のままでは断熱性も防音性も悪くなってしまいますので、他の窓と同様に内窓をつけることになります。もともと大きな窓ではないかと思いますので、防犯性はあまり考慮する必要はありませんが、少し大きめのFIX窓に重ねるときは、防犯性も考慮するようにしてください。

内窓取付を選ぶポイントと注意点

内窓に断熱性を求める場合は、内窓の枠に樹脂を使うようにしてください。金属製の枠は冷気を通しやすいため、せっかく内窓を設置したのに、断熱性が上がらないという状態になってしまいます。
枠を樹脂にすることと、従来の窓枠に対する密着性を高めることで、室内の温度を保ちやすくすることができます。単純に内窓を設置しただけで断熱性が高まるわけではないので、窓選びは慎重に行いましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

内窓の取付のお役立ちコラム

Q.内窓取付をすると省エネになるってホント?

内窓取付をすると省エネになります。

内窓は現在ある窓の内側にもう1つサッシをつけるものであり、そのため、外気に面している窓と家の内側に面している窓の間に、大きな空気層が出来ます。もしも、どちらの窓のガラスも単層ガラスであっても、この大きな空気層があることにより、熱や冷気を通しにくくなるのです。

ですので内窓を取り付けると、冬は家の中のあたためられた空気が外へ出ていきにくくなり、外からも冷気が入ってくることが少なくなります。夏は家の中の冷えた空気が外へ出ていきにくくなり、外からも熱が入ってくることが少なくなります。そのため、暖房や冷房の光熱費がおさえられるのです。

この内窓や外窓のガラスを複層ガラスなどにすると、より省エネ効果は高くなります。