2022年8月31日

網戸の張り替え・修理したときの費用とDIYの注意点

網戸は設置してから10年以上が経過すると穴が開きやすくなったり、破れやすくなります。リフォマでは豊富な施工事例から割り出した価格相場を提示するだけでなく、網戸の張り替え、修理に対応できる工務店を簡単に探しだし、見積もりを依頼することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

網戸の張り替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 網戸の張り替え・修理 を行う場合の概算費用です。

網戸の修理
10,000円〜30,000円
網戸の張替え
10,000円〜60,000円

網戸の張り替え・修理とは?

網戸の張替え・修理とは?

部屋の中に風を通しながら虫などの侵入を防ぐ網戸はとても役に立つ建具ですよね。

皆さんのお宅の窓にも、きっとついているいることと思います。

そんな網戸ですが、日光に直接あたる窓につけられているものは、特に劣化しやすく、すぐに破れてしまったり、戸車の調子が悪くすぐ外れてしまったりと、何かと不具合が多いことが難点です。

小さな穴や破れは、ホームセンターで購入できる補修シートなどを使用して補修することも可能です。

ですが、部分修理ができない大きい破れの場合は、網戸の張り替えが必要になります。この記事では、網戸の張り替え・修理をDIYで行う場合、プロにお願いした場合の違いについて、作業手順や費用に注目して解説していきます。

網戸の張り替え・修理の種類とDIYのポイント

網戸にトラブルがあった場合、

  1. 網戸を部分的に補修する
  2. 網戸を張り替える
  3. 網戸をサッシごと交換する

の3つを行うことでトラブルを解消できます。

部分的な補修

網戸に直径3㎝程度の穴が開いてしまった場合に行えます。

網戸の張り替え・修理の種類とDIYのポイント

ホームセンターなどで網戸の部分補修シートを貼ることで穴を塞ぐことができます。

網戸の張り替え

網戸に大きな穴が開いた場合、網にたわみやゆるみが出てきた時に行うことができる作業です。

網戸の張り替え・修理の種類とDIYのポイント

基本的には網戸の張り替えはDIY可能です。DIY経験があり道具が揃っているのであればご自身でもDIYは問題ありません。

この場合に必要な道具は、

  • ゴムパッキン
  • カッターナイフ
  • はさみ
  • 網押さえローラー
  • ドライバー
  • 新聞紙
  • 雑巾などの手をふけるもの

です。

DIYで行う手順としては、

1.網戸を取り外して、新聞紙の上に置く

2.網を押さえているゴムをドライバーなどで外す

3.古い網を取り出す

4.新しい網をサッシに合わせて大まかにカットして、サッシの上に置く

5.新しいゴムを網の上からサッシの枠に押し込む

6.ゴムを網押しローラーで枠に押し込んでいく

7.押し込んだゴムが枠を一周したらゴムの端を切る

8.はみ出た新しい網をカットする

9.網戸を元の位置に戻す。

となります。

サッシごと交換する

サッシごとの交換は、サッシの滑りが悪くなったタイミングと網戸に不具合があったタイミングに行うことをおすすめします。

網戸の張り替え・修理の種類とDIYのポイント

レールや枠のサイズに合ったサッシを探すところから行う必要があるので、DIYに慣れていない方には難しいかもしれません。サッシごと交換したいという方は、プロの業者にお願いするのが第一選択になります。

しかし、慣れない人の場合は、作業がうまくいかずに網戸にシワやたるみができてしまうと、最終的に余計な材料費がかかってしまうこともあります。ほかにも、

  • DIYに慣れていないと時間がかかる
  • 誰かにサポートしてもらう必要がある
  • 美しく仕上げるのが難しい
  • 専用工具を購入しなくてはいけない
  • 最適な部品の選定が難しい

慣れない人が一人でやろうとすると大変な作業です。

ただし、あまりDIYの経験がないのであれば、網戸の修理、交換は最初から網戸の張り替えや修理のプロに依頼したほうが賢明でしょう。

もちろんホームセンターで網戸の部品はほとんど購入ができますので、ご自身で直すことは可能です!

網戸の張り替え・修理で費用をおさえるポイント

網戸の張り替えは、網戸の大きさや張り替える網戸の種類などによって必要な費用も異なります。また、修理の費用も網戸の状態によって修理内容が異なるので、費用にも違いが出てきます。

他にも、網戸が取り付けてある環境によっても修理の頻度が違ってきます。 例えば、日当たりの良い南側の網戸は日光による劣化の進行が早く、開閉頻度の多い網戸であれば戸車の消耗も早くなってしまいます。

網戸の張り替えはご自身で行うことも可能ですが、作業に慣れていないと網がシワになったり、たるんでしまったりと余計な材料費がかかってしまうこともあります。DIYに慣れていない場合は、業者に依頼する方が費用も無駄にならならずに済みます。

業者によっては、張り替える網戸の枚数が1~2枚と少ない場合は出張料金が発生する場合もありますので、出張料金や料金システムについてもしっかりと確認をしておきましょう。適切な料金の提示をしてくれる業者を選ぶことも費用をおさえるポイントになります。

網戸の修理をプロにお願いすると ?

上でもご紹介した通り、DIYで網戸の張り替えをしようとすると、交換したい網戸に合った道具を新たに用意したり、たわみやゆるみが出ないように正確な作業をするのに、かなりの時間を要します。

一方で、網戸の張り替えをプロの業者に依頼すると、素人では時間と手間がかかる作業も依頼すると、1枚当たりおよそ10分程度の短時間できれいに仕上げくれるという点です。

業者の中には一軒家の網戸やマンションの網戸、アパートの網戸など臨機応変に対応してくれることがほとんどなので、安心して任せることができます。

さらに、網戸の修理とは別にサッシの付け替えも行ってくれる場合もあるので、不具合が起きている他の部分も一度に解消することができます。網戸の修理は網戸の開閉がスムーズにいかなくなった場合や、網戸がグラついてすぐに外れてしまう場合は、戸車の交換等を行うのが一般的です。

しかし、部品の交換がいいのか、網戸自体の取り替えがいいのか、素人ではなかなか判断できません。 このような点からも、修理についても業者に依頼する方が調整なども行ってくれるのでメリットが大きいと言えます。

網戸の張り替えや修理の業者選びには、当社の一括見積もりシステムを利用するのをお勧めします。複数の専門業者に見積もり依頼できますので、比較検討がしやすいからです。業者を選ぶときは価格だけでなく、どのようなサービスを行ってくれるかも契約する前に確認しておきましょう。

網戸の張り替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 網戸の張り替え・修理 を行う場合の概算費用です。

網戸の修理
10,000円〜30,000円
網戸の張替え
10,000円〜60,000円

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

網戸張り替え、修理のお役立ちコラム

Q.網戸の張り替えを業者さんに依頼すると、張り替え費用の他に出張料金ってかかりますか?また、時間はどれくらいかかりますか?

もちろん、業者さんによっても変わってきますが、網戸の張り替えにかかる時間は、1枚当たりおよそ5~10分程度で済むといわれています。

また、出張料金についても業者によって変わってきます。張り替える網戸の枚数が1~2枚と少ないと出張料金が発生することが多く、枚数が多ければ多いほど安くつくという傾向にあるようです。出張可能エリアかどうかは、依頼される前に確認しておきましょう。