2018年5月22日

窓ガラスリフォームの費用相場とポイント

窓ガラスを交換するだけで、窓に関するトラブルが簡単に解決することがあります。見た目がほとんど変わらないため、とても地味なリフォームですが、効果を体感しやすいリフォームでもあります。ここではそんな窓ガラスのリフォームについて、リフォーム価格の相場や、ガラス交換の費用をおさえるためのポイントについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

窓ガラスリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 窓ガラスリフォーム を行う場合の概算費用です。

透明フロートガラス
0.6〜1.6万円
防犯ガラス
2〜5万円
ペアガラス
1〜4万円
真空ガラス
4〜7万円

ガラス交換の費用の考え方

まずはガラス交換を行う時の費用がどれくらいなのか、どのようにして費用を計算するのかについて説明します。
一般的なガラス交換費用の計算方法は下記のようになります。

ガラス代金+工事費+交通費

この他に足場を組むような場合は、特殊工事費などが発生することもあることを、見積りを出す前に知っておきましょう。 撤去するガラスがあるような場合は、それらの回収処分費用がかかることもあります。

例えばガラス交換の見積もりを依頼すると次のような明細を出してもらえます。

ガラス代金:4,000円
工事費:15,000円
ガラス処分費:無料
特殊工事費:なし
交通費:4,000円
消費税:8%
合計:24,840円(税込)

ガラス代金は、どこの施工業者でもそれほど金額は変わりません。
むしろガラスの種類による違いが大きくなります。
安価なガラスに交換する場合は、ガラス代金よりも、ガラスを窓に取り付けるための工事費のほうが高くなることもあります。

また交通費は、遠方の施工業者に依頼したときに発生します。 高速道路代や、駐車場代を請求されることがあります。

ガラス交換で実際かかった金額

それでは実際に窓ガラスを交換したときに発生した、交換費用について紹介します。
(※目安の費用です。お住いの住宅の状況や施工業者によって費用は変わります。)

破損した通常ガラスの交換

費用:20,000円

特殊加工のない一般的なガラスにヒビが入り、そのガラスを交換。
ガラス代金も安く、作業時間も30分と短い時間で完了する作業だったため、ガラス交換費用は低価格となっています。

全部屋の窓ガラスをエコガラスに交換

費用:740,000円

結露がひどかったマンションのガラスをすべてエコガラスに交換。
エコガラスを使うことで寒い日の室内温度が2℃高まり、冬場のエアコン代が抑えられました。
エコガラスは1枚5万~10万円くらいの価格になるため、通常のガラス交換よりも高い金額での工事になっています。

浴室の窓を断熱性ガラスに交換

費用:30,000円

浴室のガラスを断熱性能の高いペアガラスに交換。
断熱性能がアップしたことで、冬場でも浴室の温度が下がりすぎず、暖かい空間を維持できるようになっています。

ガラス種類別相場

ガラス交換の費用はガラスの種類によって大きく変わります。
ここではガラスの種類ごとの価格相場についてご紹介します。
(※目安の費用です。お住いの住宅の状況や施工業者によって費用は変わります。)

透明フロートガラス

一般的なガラスで、3~5mmのものがよく使われます。価格も安く比較的簡単に手に入るガラスです。

サイズ:900mm×900mm
価格:6,000~16,000円

防犯ガラス

2枚のガラスの間に中間膜が挟み込まれた、非常に割れにくいガラスです。 なおかつ、ドライバーのこじり破り対策としても有効なので、空き巣対策に最適なガラスです。

サイズ:900mm×900mm
価格:20,000~50,000円

ペアガラス

複層ガラスとも呼ばれるガラスで、2枚のガラスの間に中間層を持たせることで、高い断熱性や防音性、そして結露の防止を期待できます。

サイズ:900mm×900mm
価格:10,000~40,000円

真空ガラス

2枚のガラスの間を真空状態にしているガラスです。
とても断熱性が高く、ペアガラスよりも薄く作ることができるため、既存のサッシに取り付けることもできます。

サイズ:900mm×900mm
価格:40,000~70,000円

窓ガラスリフォーム費用をおさえるためには?

高機能で価格が高いガラスに交換すると、どうしてもリフォーム価格が上がってしまいます。
ここではガラス交換費用を少しでも抑える方法についてご紹介します。

複数の施工業者に見積り依頼をする

割れた窓ガラスを通常のフロートガラスに交換するだけであれば近所の施工業者に依頼すればいいのですが、防犯ガラスやペアガラスへの交換の場合は、複数の業者に相見積もりを出すことをおすすめします。 複数の見積りから選択することで、適正な価格で施工してもらえる可能性が高くなるからです。

1円でも施工費用を下げたい場合は、必ず複数の施工業者に見積もり依頼をして、安値を提示してくれた業者に作業をしてもらいましょう

リフォームの目的を明確にする

窓ガラスリフォームの費用はガラスの種類によって決まります。
真空ガラスのような高級ガラスを利用すれば、室内空間が改善されるのは間違いありませんが、リフォームの目的によっては過剰な性能になってしまいます。

窓ガラスを交換する目的を明確にして、その目的に最適なガラスを選ぶようにしましょう。

まとめ

窓ガラス交換のリフォーム費用は、「ガラス代金+工事費+交通費」で決まります。
このため、高性能なガラスを選ぶとガラスの価格が高くなるため、どうしてもリフォーム費用も上がってしまいます。
ガラスの性能と予算のバランスを考えてガラスを選ぶようにしましょう。

また、窓ガラス交換リフォームを行うときには、できるだけ複数の施工業者に見積もり依頼を行いましょう。
施工業者によって費用がまったく違うこともあります。
複数の見積りから選ぶことで、適正な価格で施工をしてもらえる可能性が高くなるからです。

提示された見積もりの中から、最適な価格を提案してくれた施工業者に交換作業を依頼しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります