2018年8月22日

窓ガラス交換・修理の費用相場とポイント

窓ガラス交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ガラス交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で窓ガラス交換・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

窓ガラス交換・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 窓ガラス交換・修理 を行う場合の概算費用です。

透明ガラス
0.5〜1.8万円
くもりガラス
1.4〜3万円
ペアガラス
1.8〜3.5万円
強化ガラス
2.5〜5万円

窓ガラス交換、修理のポイント

窓ガラス交換、修理

窓ガラスには色々な種類があり、単層透明ガラス、ペアガラス、合わせガラス、防犯ガラス、網入りガラス、曇りガラスなどがあります。 窓ガラスを交換、修理する場合、単層ガラスからペアガラスなどにしたいと思った時、サッシの幅が足りなくて施工できないということもありますので、注意するようにしましょう。ペアガラスへの交換だけでなく、防犯ガラス、合わせガラスでも、同様の注意が必要です。

防犯ガラスについては、色々なランクがあり割れるまでの時間によって異なってきますので、どの程度の防犯性を求めるのか確認することが大切です。もちろん、割れるまでの時間が長いものの方が値段も高くなります。また、網入りガラスは割れないと思われている方が多いようですが、網入りガラスはガラスが割れた時に飛散するのを防ぐためのもので、たとえば割れても子供たちが怪我をしないように幼稚園や学校の窓に使用されていることが多いです。言うまでもなく、防犯のために網入りガラスに交換しても防犯性は高まりません。

ガラスを交換する際には、それぞれの特徴をきちんと理解した上で選ぶことが大切です。専門の業者に希望を伝え、アドバイスをもらいながら選ぶことをお勧めします。

  

ガラス交換・修理で費用をおさえるポイント

窓ガラスの交換や修理にかかる費用は、使用するガラス材や施工方法、現状の設備状況などによって違いが出てきます。そしてガラスの厚さや寸法によってもガラス自体の価格も異なってくる他、取付けや修理をするガラスの枚数によっても必要になる費用が異なります。またガラスの交換や修理にかかる基本的な費用はガラス代と工事費ですが、取付けや修理に足場を組んだり特殊な機器を使用する場合は別途費用が必要になる他、出張費などが加算される場合もあります。

その他には新しいガラスを交換した後、古いガラスを処分する為の引取処分費も発生することがあります。ガラスの交換や修理では保険が適用されるケースもあるので、適用される場合は費用をおさえることができます。例えば、空き巣に窓ガラスをこじ開けられてしまったというケースや台風や竜巻により飛来物が窓に当たって窓ガラスが割れてしまったというケースでは**ほとんど保険が適用されるようになっています。

ガラスのトラブルでは緊急を要する場合もあるため、見積もりの比較検討をする時間があまりないかもしれませんが、ガラスの交換や修理費用、出張費用などは業者によって様々です。なるべく実績のある業者に依頼をすることも費用をおさえることにつながるので、そういった業者を選ぶことも重要になってきます。

窓ガラス交換・修理とは?

窓ガラスを交換するタイミングは、現在のガラスから防犯や防音などの機能を持つガラスに変えたい場合や窓ガラスが割れた場合、ひびが入ってしまった場合などでしょう。

また修理はガラスの破損が少ない場合に行いますが、その他には古くなったゴムパッキンの交換などを行います。ガラスのトラブルでは、状況が悪化しないうちになるべく早く業者に依頼をして、修理か交換かの判断をしてもらう必要があります。

窓ガラス交換・修理の種類とメリット

窓ガラスには単層ガラス・ペアガラス(複層ガラス)・合わせガラス・防犯ガラス・網入りガラス・曇りガラスといった様々な種類があります。そして複数の機能を併せ持つものもあり、取付ける場所や希望する機能などを考慮して選ぶと良いでしょう。

例えば防犯対策として取付けたい場合には防犯ガラスが適していますが、防犯ガラスにはランクがあり割れるまでの時間なども異なります。やはり割れるまでに時間の長いものは、商品の値段も高くなってきます。どの程度の防犯性を求めるかによって取付ける防犯ガラスを選択することになります。また一年をとおして快適に過ごしたいという場合には、ペアガラス(複層ガラス)がおすすめです。

ペアガラスは冬は室内の熱を逃がさず、夏は太陽の熱や赤外線を遮断し断熱性に優れているので、冬は暖かく夏は涼しい環境で過ごせるというメリットがあります。 その他にも防音効果などをあわせもつペアガラスもあるので必要に応じて取り付けると良いでしょう。

その他の曇りガラスは、外からの視線を遮りたい浴室などの取付けに適しています。曇りガラスにも様々なデザインがあるので好みのものを選ぶことができます。そして窓ガラスの修理にはゴムパッキンの交換などがありますが、小さな傷やひびわれ程度であれば修理が可能で業者による適切な処置で修復することができます。窓ガラスに関するトラブルは、交換か修理かを専門の知識を持つ業者に見極めてもらって適切な処置を行うことが大切です。

窓ガラス交換・修理を選ぶポイントと注意点

窓ガラスの交換や修理では、単層ガラスからペアガラスなどにする場合には、サッシの幅が足りず施工できないということもあるので注意が必要になります。そして、防犯ガラスや合わせガラスでも同様の注意が必要になります。

また窓ガラスが割れた場合は、放置せずに早めの処置をすることが重要です。放置しておくとガラスが脱落する可能性もあり危険ですし、防犯の面においても不利になってしまいます。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

窓ガラス交換、修理のお役立ちコラム

Q.窓ガラスの交換(修理)の重要性について

そのようなガラスはそのまま放置せずにしっかりと交換修理をすることが重要です。

窓ガラスを交換修理する重要性というのはまず第一に、ヒビ割れてしまったものはそれだけ耐久力が落ちているため、いつ完全に割れてしまうかわからないだけに、早めの処置をすることが必要なのです。

次に物置や車庫のような生活区域でない場所であっても、割れた窓をそのままにしておくと防犯の面で非常に不利になるため、早めに手を打つことが大切です。