2018年5月18日

窓コーティングの費用相場とポイント

窓コーティングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ガラス交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で窓コーティングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

窓コーティングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 窓コーティング を行う場合の概算費用です。

ガラスコーティング(1700x1800mm)
4〜7万円

窓コーティングのポイント

窓コーティング

【注意点1】
窓ガラスのコーティングの際に、不向きもしくは施工不可の窓ガラスの種類があります。それは金属などの物質が焼きつけられているタイプや、施工の際に下地処理をするために油膜取りをするのですが、その下地作りが出来ないタイプは施工ができません。

【注意点2】
施工中に湿度管理をしっかりする必要があります。防水加工をする時に室内の湿度が70%を超えると窓ガラスに結露が発生して、コーティング膜が白くにごる「白濁」が発生してしまうからです。

【注意点3】
窓コーティング中はプラモデルのシンナーや除光液のような匂いが室内に充満しますので、小さな子どもがいる家庭などは特に注意が必要です。これはコーティング剤が基本的にアルコール性物質は含まないのですが、アルコール臭のする液体を使用するからです。

  

窓コーティングで費用をおさえるポイント

窓コーティングの費用は、コーティング方法や使用するコーティング剤の種類、現状の設備状況などによって異なってきます。また、施工を行う窓の大きさや窓の数によっても費用に違いが出てくる他、施工の際に足場を組んだりする場合には別途費用が必要になります。

コーティングの方法には、窓にコート剤を塗る方法とフィルム(業者施工用)やシートを貼る方法がありますが、この中で一番費用が安く済むのはシートを貼る方法です。このシートは自分で施工するタイプのもので、ホームセンターなどで手軽に購入することができます。コート剤を塗る方法とフィルムを貼る方法にかかる費用は、それほど差はないので求める効果などを考慮して施工方法を選ぶと良いでしょう。

少しでも費用をおさえたい場合には、コーティングをDIYで行うことも選択肢の一つとなります。この場合、必要な費用は材料費や道具代のみとなるので費用もあまりかかりません。その他の費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ希望する機能を業者に伝えて、機能的に条件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。

窓コーティングとは?

窓コーティングは結露対策や断熱対策などを目的とし、窓にコート剤を塗ったりフィルムやシートを貼ることです。二重窓を設置する事でもこのような効果は得られますが、窓コーティングであれば比較的費用をかけずに、手軽に取り入れることができます。

またコーティングを施すことで紫外線カットや冷暖房の効率アップの効果が得られるほか、万が一ガラスが割れた際にもガラスの飛散を防ぐことができます。

窓コーティングの種類とメリット

窓コーティングの種類や方法などにもよりますが、窓コーティングを行うことで紫外線をカットしたり、結露防止や遮熱・断熱効果を高めることができます。紫外線を通してしまう窓ガラスを使っていると部屋の中にいても紫外線を浴びてしまうので、肌が日焼けしてまったりカーテンや家具などが紫外線により変色したり色あせてしまうことがありますが、窓にコート剤を施したりフィルムやシートを貼ることで紫外線を99%以上カットすることができるようになります。

また、断熱や遮熱効果があるので冷暖房費の削減をすることができます。特に夏場は暑い日差しによる部屋の温度上昇を防ぐことができるので、省エネに大きく貢献してくれます。その他には、万が一ガラスが割れた場合にもガラスの飛散を防止することもできます。断熱や遮熱効果を持たせる方法としては、窓に断熱フィルムを貼る方法と断熱コーティング剤を塗布するという方法があります。断熱フィルムは自分で購入して貼ることも可能ですが、業者施工用のフィルムは家庭用のものに比べると効果も期待でき耐用年数も高いのでおすすめです。

そして断熱コーティング剤を塗布する場合ですが、フィルムに比べると耐用年数が10年以上あり、効果が長く続くということ点ではメリットが大きくなります。窓ガラスにコーティングを行うことで様々な効果が得られ、健康面や安全面においてもメリットは大きいでしょう。

窓コーティングを選ぶポイントと注意点

窓ガラスのコーティングには、不向きもしくは施工不可の窓ガラスの種類があることを知っておきましょう。それは金属などの物質が焼き付けられているのものと、施工の際の下地処理として行う油膜取りができないものです。

また施工中は湿度管理をしっかりと行いコーティングが白く濁る「白濁」を防ぐことと、シンナーや除光液のような臭いが室内に充満するので室内の換気を良くしておく必要があります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

窓コーティングのお役立ちコラム

Q.窓コーティングをするメリットって?

窓コーティングの種類や方法などにもよりますが、窓コーティングを行うことで紫外線などをカットすることができるものがあります。

紫外線を通してしまう窓ガラスを使っていると、部屋の中にいても窓の近くなどにいることで紫外線を浴びてしまう場合がありますし、紫外線を浴び続けてしまうと肌が焼けてしまったり、カーテンや家具などが紫外線などによって変色したり色あせてしまう場合があります。

そのため、窓コーティングを行って部屋の中に侵入する紫外線をカットすることで、肌の日焼けや家具などの色あせなどを防ぐことができます。また、赤外線もカットしてくれるので、暑い日差しによる部屋の温度上昇を防ぐことができ、夏場は省エネに大きく貢献してくれます。