2018年5月22日

防音ガラスへの交換・修理の費用相場とポイント

防音ガラスへの交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ガラス交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で防音ガラスへの交換・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

防音ガラスへの交換・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 防音ガラスへの交換・修理 を行う場合の概算費用です。

遮音機能
2.2〜3.5万円
破片拡散防止
2.8〜3.8万円
衝撃物貫通防止
3.4〜4万円
紫外線遮断
4〜5.5万円

防音ガラスへの交換、修理のポイント

防音ガラスへの交換、修理

防音ガラスは大きくに2種類に分けられます。
ひとつは2枚のガラスとガラスの間に防音用の膜を挟み込んだ合わせガラスです。ガラスのみでは遮蔽しきれない、周波数息の音波を遮蔽するため、この防音膜は音波振動を熱エネルギーに変換して減衰するという仕組みを実現しています。この副次的な効果として、衝撃時の耐性が高まり、ガラスの破片の飛散を防ぎます。

もうひとつは、先に挙げた合わせガラスに、もう一枚ガラスを追加した合わせガラスとこのガラスの空隙を真空とすることで、防音、断熱、結露への対策を実現したガラスです。このため、省エネにも適したガラスです。

 

防音ガラスへの交換・修理で費用をおさえるポイント

防音ガラスの交換や修理は、防音ガラスの取付け方法や取付けるガラスの枚数、ガラスの寸法により必要になる費用が異なります。そして各メーカーによってもガラスの性能が異なり、ガラス自体の価格も異なってきます。ガラスの交換や修理にかかる基本的な費用は、ガラス代と工事費ですが、取付けや修理に足場を組んだり特殊な機器を使用する場合は別途費用が必要になる他、出張費などが加算される場合もあります。また新しいガラスを交換した後、古いガラスを処分する為の引取処分費も発生することがあります。

防音ガラスの取付け方法ですが、サッシを隙間のない防音用サッシに交換するという方法がありますが、ガラス交換のみの場合と比較すると外壁を切断する必要性があることから、費用と手間がかかってしまいます。その他には、二重窓を設置するという方法がありますが、二重窓を取り付ける際には既定の窓枠の奥行が必要になります。奥行きが足りない場合には別途工具等が必要になるため、その分費用がかかってしまいます。

しかし二重窓を取付ける方法は、サッシ交換よりも工事期間が短縮できるので手間も費用もおさえることができます。業者によって防音ガラスの取付けや修理にかかる費用は異なります。複数の業者から見積もりを取って、比較検討をしてみると良いでしょう。

防音ガラスへの交換・修理とは?

防音ガラスに交換するタイミングは、外部からの騒音(車などの騒音)を遮りたい場合や室内の生活音(楽器の音やペットの鳴き声など)を室外へ漏らしたくないという場合でしょう。

防音ガラスの取付け方法には、「防音ガラスと共に防音用サッシに交換する」方法や、「二重窓を設置」する二種類の方法があります。それぞれ施工方法や施工条件なども異なるので、複数の業者に相談して決めると良いでしょう。

防音ガラスへの交換・修理の種類とメリット

防音ガラスは2枚以上のガラスで、ガラスの間に特殊中間膜を挟み込んだ合わせガラスです。防音ガラスを取付けることにより、車などの外からの騒音を遮り、室内の音などが外に漏れることを防いでくれます。

防音対策には主に二つの方法があります。一つは「防音ガラス」とサッシに隙間がなく、防音効果や断熱効果が期待できる「防音用サッシ」を一緒に取付けるという方法があります。そしてもう一つの方法には、「二重窓」を取付ける*という方法があります。防音用サッシは防音ガラスと一緒に取付けると高い防音効果を発揮しますが、取付ける場合は既存のサッシを切断して取付ける必要があるので工事期間も長くなってします。

しかし一方の二重窓の取付けであれば、既存のサッシはそのままで室内側に二重窓を設置するだけの作業になるので、1窓につき1時間程度の工事で済みます。二重窓を取付ける際はサッシの種類やデザイン、色などをインテリアに合わせて選ぶことができ、様々な機能を併せ持つガラスを取付けることもできます。例えば防音対策はもちろん、結露対策や西日対策などに効果のあるガラスを取付けると、更に快適に過ごすことができるようになります。

このように防音ガラスの取付けでは、防音ガラスだけでなく防音用サッシや二重窓を取付けることで、より防音効果をアップさせることができます。防音効果を高めるには、防音ガラスと共にサッシの隙間を防ぐことがポイントになると言えるでしょう。

防音ガラスへの交換・修理を選ぶポイントと注意点

防音ガラスの取付け方法の一つに防音用サッシと組み合わせる方法があります。戸建て住宅の場合は自由にサッシを取付けたりすることが可能ですが、マンションの場合は注意が必要になります。

賃貸マンションの場合は、サッシは共用部分になるため取付けなどのリフォームができないことが多いです。もしリフォームを希望する場合には、管理会社にきちんと確認を取ってみるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

防音ガラスへの交換、修理のお役立ちコラム

Q.確実に防音対策をするにはどんな方法がありますか?

防音ガラスと共に、サッシの隙間を防ぐのがポイントになります。

例えば、サッシを隙間の少ない防音用サッシに交換するという方法です。サッシ交換はガラス交換と比較しても、外壁を切断する必要性があることから、費用と手間がかかるといわれています。その他、二重窓を設置するという方法もあります。二重窓であればサッシ交換よりも工事時間が短縮になりますし、手間賃も軽減できます。もちろん防音効果も高いといわれています。いずれにしても、複数の専門業者に相談して決められるのをお勧めします。