2018年5月18日

店舗リノベーションの費用相場と業種別のポイントを事例を見ながら解説!

店舗リノベーションの費用相場についてご紹介しています。店舗の業種によって、必要となる設備や内装は変わります。ここではリノベーションに必要な設備や内装の費用目安を掲載していますので、ご参考になさってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

店舗リノベーションの費用相場と業種別のポイントを事例を見ながら解説!の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 店舗リノベーションの費用相場と業種別のポイントを事例を見ながら解説! を行う場合の概算費用です。

飲食店(大型冷凍冷蔵庫)
10〜30万円
飲食店(業務用シンク)
10〜20万円
飲食店(業務用厨房一式リノベーション)
600〜1000万円
客席(個室居酒屋)
1250万円以上
美容院(洗髪台)
30〜80万円
美容院(スタイリング(ヘアカット)チェア)
7〜15万円
美容院(鏡・ドレッサー)
5〜10万円

リフォームとリノベーションの違いとは

店舗のリノベーション費用について触れる前に、まずは改修や修繕工事として使われるリフォームやリノベーションという言葉の違いについてご紹介します。

目的やニュアンスに違いはあるものの、施工内容としては同じような内容となるため、現在では同等のものとして使われる場合が多くなっています。 細かな違いは以下の通りです。

リフォーム

リフォームとは、建物や設備を使用していく上で経年劣化によって古くなり、老朽化した部分をもとの状態に戻すことです。 外壁塗装が剥がれてきたため、新しく塗装を施したり、屋根材の剥がれを修繕することがリフォームと言えます。 「悪くなったものを元の状態に戻す」という捉え方で覚えておくと良いでしょう。

店舗リフォームについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

リノベーション

リノベーションとは建物に新たな機能を付け足し、利便性や価値を向上させることや、デザイン性などを向上させることです。 室内を広くするために、間仕切りを撤去して二つの部屋を一つにしたり、和室の畳をフローリングにし、洋室とすることがリノベーションと言えます。 「現存の状態に新たな利便性やデザインを加える」という捉え方で覚えましょう。

このようにリノベーションは、環境を現状よりも良いものにするために行われます。お店によってリノベーションの目的や動機は変わりますが、 リノベーションによる効果については、店舗リノベーションの種類と目的で詳しく解説しているのでをご参考下さい。

居ぬき物件・スケルトン物件とは

店舗の形態や持っている理想によって、適切な物件が変わりますのではじめの物件選びはとても重要です。 また、店舗のリフォーム・リノベーション費用は、その物件が居ぬき物件かスケルトン物件なのかでも変わります。まずは居ぬき物件とスケルトン物件の特徴を見ていきましょう。

居ぬき物件

居ぬき物件とは、前テナントが営業していたままの内装・設備が残っている状態の物件です。
そのため内装費や設備費などの費用を抑えて、店舗を構えることが可能です。ほとんど工事を入れない場合は、すぐに営業を始めることができます。
居抜き物件では、間仕切りを取り払うなどの新たな工事はリノベーションの部類となりますが、残っている古くなった設備や内装を修繕する等の工事はリフォームの部類となります。

例えば個室居酒屋を開業したい場合で想定してみましょう。 室内には多くの間仕切りを設ける必要があります。居ぬき物件を選ぶのであれば、もともと個室居酒屋だった物件など条件が一致している物件を探さなくてはなりませんが、細かに希望の条件を満たす物件はなかなか見つからないでしょう。

条件と違う居ぬき物件を選んでしまうと、既存の内装設備を全て撤去・解体したうえで新たに間仕切りを設けることになるため、新たに「撤去・解体」という工程が必要となることで、その分費用がかかります。

店舗居抜き工事についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

スケルトン物件

スケルトン物件とは、間仕切りや壁紙クロスなどが何もない状態の物件です。
スケルトン物件のメリットは、間仕切りなどが何もない状態なので、思いのままに間仕切りを設けたり自由なレイアウトを実現できるという点です。全て一からつくることができるため、こだわりある内装デザインやレイアウトを思い描いている場合は、スケルトン物件を選ぶと良いでしょう。スケルトン物件での工事はリノベーションの部類になります。

例えばオフィスの場合、会議室や応接室など用途の違う部屋をいくつも設ける必要があります。スケルトン物件では、広い空間の一室にパーテーションや間仕切り壁を増設し、広さなどの設計も自由に決めることができるのです。
思い描いたレイアウトを実現できる一方で、使用する材料が多く、工程も増えるので費用はかさんでしまいやすくなります。

居抜きとスケルトンの費用を比較

リフォームとリノベーション工事は、上記でご紹介した居ぬき物件、スケルトン物件のどちらを選ぶかで費用が変わってきます。ここからは物件による費用の差を見ていきましょう。

居ぬき物件のリフォーム・リノベーション費用

内装や設備が整っており、そのまま使用できる居ぬき物件では大掛かりなリノベーションは必要ありません。天井・壁・床の内装の劣化もなく、デザインもそのまま使用して開業をするのであれば、初期費用を300万円程度抑えることが可能になります。

もしも既存の設備や内装を解体・撤去して、新しく設備の導入や内装を施すなら、リノベーションになります。しかし自由な間取りやデザインを施すのであれば、解体・撤去が必要ないスケルトン物件を選んだ方がお得になります。 居ぬき物件において解体・撤去作業は、非常にコストパフォーマンスが悪い工程と言えるのです。

既存の壁紙や床材に傷みがあり、修繕するはリフォームです。壁紙や床材の一部分なら、費用は2~3万円程度から行える場合もあります。床一面すべてを張り替えるような場合は30万円程度かかってきます。
居ぬき物件で考える場合は、残された内装や設備に問題がなく、大きなリフォームやリノベーションを必要としない状態の物件を探すようにしましょう。

スケルトン物件のリフォーム・リノベーション費用

スケルトン物件は、自由なデザインと自在なレイアウトや間取りを実現することができる分、こだわりある理想に近づけようとするほど費用もかさんでいきます。
スケルトン物件は間仕切り壁が何もないので、大きな一室として使用するのであれば大掛かりなリノベーションは必要ありません。

しかしスケルトン物件は個室を自由に作り出せることが魅力なので、用途別の部屋をいくつか設けたい場合に選びましょう。個室を設ける方法にはパーテーションで仕切る方法と、直接壁を増設する方法があります。
パーテーションの場合は10㎡程度20万円、壁の増設はドアも含めて30万円程度からリノベーションできます。パーテーションの方が壁を増設するよりも施工が容易なので費用を抑えられます。

また、スケルトン物件ではリノベーション以外では設備の導入に費用がかかります。
飲食店であれば厨房設備、美容院・ヘアサロンであればシャンプー台が必要になります。
総合すると多額な費用が必要となるので、スケルトン物件を選ぶ場合は計画的な予算管理をしていきましょう。

スケルトン物件の内装工事においてどのようなメリット、注意点があるのかについてこちらの記事では書かれています。 スケルトン物件の内装工事を行う際はご覧になってください。

業種別で見るリノベーションの費用相場

店舗リノベーションするにはどの程度の費用が発生するのでしょうか。 業種によってリノベーションの内容は大きく変わってきます。ここでは飲食店とオフィスという2種類について見ていきます。

飲食店のリノベーションの例

  • 分煙工事(00cm×800cm):¥900,000 ~
  • 換気扇取付け(工事費込1台):¥30,000 ~
  • 給排水口工事(スケルトンの場合);¥500,000 ~

飲食店の内装工事でまず考える部分は、客席に喫煙ルームを設けるかどうかです。 厚生労働省は「受動喫煙防止」の取り組みを行っており、すべての飲食店で分煙化が義務づけられる方向に向かっています。

喫煙ルームの有無は集客率にも影響します。非喫煙者の中には、食事中にタバコの煙があるのは不快に感じる方も多いです。 また、全席喫煙可能にするか、全席禁煙にするかによってターゲットとなる客層は大きく変わるでしょう。

喫煙ルームを設置し分煙化を図ることは、喫煙、非喫煙双方のお客様のニーズを満たすため客層のターゲット幅が広がります。 部屋を仕切ることになるので費用がかかりますが、厚生労働省が提示する条件をクリアすると助成金が支給されます。詳しくは厚生労働省の「受動喫煙防止対策助成金」をご参照ください。

また飲食店では営業時間中、厨房がフル稼働するため換気扇は重要ですし、排水問題が起きれば営業にならなくなります。 あらかじめ飲食店としてふさわしい排水管構造であるかを確認し、必要な場合は工事を入れます。 例えばカフェであれば、コーヒーの粒や粉が流される場合がありますし、中華料理店やラーメン店などでは油分の多い排水が流れる可能性があります。排水トラップが適切なものでなければ詰まりの原因となるので、適した排水トラップに工事をしなければなりません。

オフィスのリノベーションの例

  • 喫煙ブース(換気機能付)の設置(300cm×400cm):¥550,000 ~
  • 壁の増設:¥200,000 ~
  • スチールパーテンション取付け(900cm×900cm):¥400,000 ~

オフィスは会議室、応接室、給湯室など、様々な用途の空間が必要です。 それぞれの空間の間仕切りには、パーテーションの取付け工事を行います。

パーテーションの種類には、天井まで固定するスチールパーテーションと、床で固定するローパーテーションがあります。 スチールパーテーションは天井までしっかり固定され個室としての機能が高いです。その分、工事は専門業者の手が必要なので費用がかかります。一方、ローパーテーションであれば、DIYでの取付けも可能で費用を抑えることができます。

またオフィスの場合は、分煙というより喫煙所の設置が必要になります。 飲食店のようにゆっくりと座って喫煙するようなスペースは必要ないので、広さは従業員数に応じて判断し、少ないようであれば2・3人が使えるような小型でも十分でしょう。 喫煙ルームはブース型で販売しているメーカーがあります。ブース型であれば設置も手間がかからないので費用も安くなりお勧めです。

通常の間仕切り壁は木造などを組み合わせていくので、材料費や作業台が多く掛かってきます。しかし会議室や応接室は、なるべく外部の音が聞こえない方が適切です。 パーテーションには防音のものがありますが、単品では費用がかさんでいきます。

パーティションの材質、効果等について詳しくこちらの記事には述べてあります。 効能を知り、過ごしやすいオフィス作りにパーティションを役立てましょう。

また、思い切ってリノベーションを行うことで従業員間の風通しが良くなったり、生産性アップに繋がる可能性もあります。

オフィスをリノベーションするとどのようなメリットがあるかを述べ、費用にも触れてあるこちらの記事もオフィス構築の参考にご覧ください。

10坪のオフィスリノベーション工事の費用事例

各種工事の費用目安

軽鉄工事

約20万円

電気・空調工事

約30万円

サッシ・ガラス工事

約39万

その他諸経費

約13万

総額

約102万

今回のリノベーションは空調機を新規設置し、エントランスにガラスのサッシを導入したときの事例になります。 トータルで約100万円で坪単価が約10万円になり、ポイントリノベーションの相場の範囲内と言えます。

業態別店舗リノベーションの施工事例

店舗は業態によって必要な設備が異なるため、開業に必要な費用も大きく異なります。また同じ業態でも、スケルトン物件と居抜き物件どちらを使用するのかといった違いや、店舗の規模によって費用が異なります。
ここからは実際に行われた施工の写真と費用を紹介していきます。店舗内装工事にかける予算を決める際の参考にしてください。

静岡県焼津市のアパレル店から沖縄料理店への工事について

施工情報

施工店

リフォームハウスイワサキ

施工月

2016年2月

施工総額

約150万円

静岡県焼津市の改装後の沖縄料理店-ファサード

出典:リフォームハウスイワサキ

【施工業者のコメント】
入口はオープンにして入りやすく、南国に来たような雰囲気にしました。
引用元: アパレル店からこだわりの沖縄料理店へ店舗リフォーム×内装外装工事×静岡県焼津市

広々とした入り口を設けることで開放感のある店舗に仕上がりました。入り口やファサードはお店の雰囲気を左右する重要なポイントです。 お客様の目にも一番に入ってくるので、お店のコンセプトやこだわりを表現しましょう。

静岡県焼津市の改装後の沖縄料理店-カウンター席
静岡県焼津市の改装後の沖縄料理店-テーブル席

出典:リフォームハウスイワサキ

【工事内容詳細】
TOTO壁掛手洗器
リンナイ5号湯沸器
サンゲツクロス
桧のカウンター
引用元: アパレル店からこだわりの沖縄料理店へ店舗リフォーム×内装外装工事×静岡県焼津市

内装には明るい色の木材を採用し、自然が豊かな南国の雰囲気を表現しています。木のぬくもりを感じ、ゆっくりとした時間を過ごせる店内に仕上がっています。 今回の施工事例は、アパレル店からこだわりの沖縄料理店へ店舗リフォーム×内装外装工事×静岡県焼津市で詳しくご紹介しています。

東京都渋谷区の居抜き物件を活用したクラブの内装工事

施工情報

施工店

株式会社WorldFrontier

施工月

2016年3月

税込費用

約387万円

【Before】
東京都渋谷区の改装前の居抜き物件

出典:株式会社WorldFrontier

【After】
東京都渋谷区の改装後の店内

出典:株式会社WorldFrontier

【施工業者のコメント】
夜のお店なので既存のソファーと照明を生かした居心地のいい内装づくりを目指しました。
引用元: 既存のソファーと照明を生かした飲食店にリフォーム×内装工事×東京都渋谷区

大規模な店舗内装工事を行う際には、デザイン設計や設備工事など様々な工程が必要なため予算を越えてしまうこともあります。
しかし既存の設備や備品を利用することで、費用を抑えて工事を行うことができます。こちらの店舗では既存のソファと照明設備を活かし、それに合わせた内装デザインに仕上げました。 メインとなる内装の色を黒に変更し、シックな雰囲気を表現しています。

【工事内容詳細】
トイレ取り付け
造作工事
フロアタイル張り工事
クロス貼り工事
塗装工事
解体工事
電気工事
空調設備工事
防音ガラス工事
引用元: 既存のソファーと照明を生かした飲食店にリフォーム×内装工事×東京都渋谷区

こちらのお店は夜の時間帯に営業する店舗なので、防音工事も施されています。店内の雰囲気を変えるために、フロアタイルやクロスの張り替えも行いました。 こちらの事例のように、店舗内装工事は様々な内容の工事を行うことがあります。工事を依頼する際には、必要な工事の内容について業者の方としっかりと話し合いましょう。

また今回の施工事例は、東京都渋谷区の居抜き物件を活用したクラブの内装工事で詳しくご紹介しています。

長崎県佐世保市の雑貨店×美容院の内装工事

施工情報

施工店

ハウジング植松

施工月

2016年4月

税込費用

約200万円

【Before】
長崎県佐世保市の改装前の外観

出典:ハウジング植松

【After】 長崎県佐世保市の改装後の外観

出典:ハウジング植松

お客様の目に留まるように、白の背景に大きく店名が書かれています。 ただ派手に演出するのではなく、シンプルなデザインでも目立つように工夫がされています。

【Before】 長崎県佐世保市の改装前の内装

出典:ハウジング植松

【After】
長崎県佐世保市の改装後の内装

出典:ハウジング植松

【施工業者のコメント】
貸店舗の一室を美容室に改装しました。
雑貨店も兼ねた可愛いお店を造りたいとのことで、インターネットを通してのご発注でした。
シャンプー台などを除いて、可能な限り既製品を排除し、ミラー台も含めて木製の手作りとすることで、優しいアットホームな雰囲気にしたい。 さらに、クラシカル塗装仕上げでビンテージ感も演出したい! でも、テナントなので、コストは極力抑えたい・・・
なかなか厳しい条件でしたが、お客様も納得の仕上がりとなりました。
引用元: 貸店舗の一室をアットホームな美容室に改装×店舗改装工事×長崎県佐世保市

内装やキャビネットには多くの色を使わず、白やベージュ、ブラウンを基調とした柔らかい色合いに仕上がっています。

目指している店舗のコンセプトによって、内装の雰囲気やデザインは変わってきます。内装工事を行う前に、「どのような店舗にしたいのか」を明確にしましょう。

【工事内容詳細】
【リフォーム箇所】 店舗内外装、バックヤード含む。
【使用材料】 杉造作材、ビニールクロス
引用元: 貸店舗の一室をアットホームな美容室に改装×店舗改装工事×長崎県佐世保市

ビニールクロスは水や汚れに強いため、水や薬品を扱う美容院で使うのにおすすめの素材です。価格が安くデザインの種類も豊富なため、選択肢が広がります。

こちらの施工事例は、長崎県佐世保市の雑貨店×美容院の内装工事 で詳しくご紹介しています。

東京都渋谷区の和室を事務室に改装する内装工事

施工情報

施工店

光恵建装

施工月

2016年9月

税込費用

約40万円

【Before】
東京都渋谷区の改装前の和室

出典:店舗 リフォームの施工事例:東京都渋谷区の和室を事務室に改装する内装工事

【After】
東京都渋谷区の改装後の事務所

出典:店舗 リフォームの施工事例:東京都渋谷区の和室を事務室に改装する内装工事

【この工事のポイント】
クロス、フロアタイル全面張り! 随所に職人技が光ります。
新品エアコン設置!コア抜きも!
次いで作業で押し入れ解体整備も!
引用元: 古い和室を事務室へフルリフォーム×改修工事×東京都渋谷区

店舗やオフィスに限らず、和室を洋室やその他の用途の部屋にリフォームする事例は多いです。 その際には畳から他の素材の床に張り替えたり、押し入れを撤去したりと大掛かりな工事になることがあるので注意しておきましょう。

【工事内容詳細】
1.畳上げ、畳処分
2.畳部分にタルキ、べニア設置
3.壁べニア設置
4.壁クロス貼
5.床フロアタイル貼
6.コア抜き、エアコン設置
7.押し入れ整備
8.廃材処分
引用元: 古い和室を事務室へフルリフォーム×改修工事×東京都渋谷区

和室から洋室や事務所へと改装する場合には大掛かりな工事になり、廃材の処分費用がかかることが多いです。
見積もりを出してもらってから廃材処分費用がかかることを知る方も多いので、事前に頭に入れておきましょう。

こちらの施工事例は、東京都渋谷区の和室を事務室に改装する内装工事 で詳しくご紹介しています。

まとめ:店舗リノベーションで豊かな内装へ

店舗を構える際の物件選びは、どのような業種で開業を考えているのか、どのようなレイアウトにしたいのかなどから選ぶべき物件が変わってきます。

理想の店舗にするためのリノベーションですが、その方法はさまざまあり、かかる費用にも大きな差がありますので予算内でより良いリノベーションができるようよく検討しましょう。

適切な費用でリノベーションを成功させ、豊かな店舗内装を実現させてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。