2018年5月22日

ガス工事の費用相場とポイント

ガス工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ガス工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でガス工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ガス工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ガス工事 を行う場合の概算費用です。

配管工事
10〜15万円
ガスコンロ修理
0.8〜2万円
Lネジコック交換 
0.6〜1.5万円
出張費
0.2〜1万円

ガス工事のポイント

ガス工事

各家庭に供給されるガスには、プロパンガスと都市ガスの2種類があります。ガス設備の工事を依頼する前にまず知っておきたいのが、どちらのガスを使用しているのかということです。一般的に広く普及しているのはプロパンガスですが、人口が密集した都市部などでは、値段が安価な都市ガスが広まりつつあります。店舗などでも改装を機にプロパンガスから都市ガスへの移行を検討される方も増えており、現在プロパンガスを利用されている場合は、都市ガスへの切り替えを視野に入れてもよいでしょう。

もちろん切り替える場合は、ガスボンベの撤去など大掛かりな工事も必要となります。工事にかかる初期費用と、都市ガスに移行した場合のランニングコストを考慮して切替を検討すると良いでしょう。工事費については業者さんにより異なることも多いので、工事を依頼する際は、複数社に相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

ガス工事で費用をおさえるポイント

ガス工事の費用は使用する部材や施工方法、ガス工事の内容および現状の設備状況によって違いが出てきます。また使用するガスによっても導入工事や費用などが異なります。ガスには「プロパンガス」と「都市ガス」がありますが、それぞれを新規で導入する場合では費用に大きな差があります。店舗(飲食店)などの場合には既に配管工事が行われている物件を探しておくと、配管工事や引き込み工事を行う必要がないので、その分費用をおさえることができるでしょう。

新規でプロパンガスを利用する場合には配管工事が必要ですが、この配管工事はガス会社が無償で行ってくれます。これは「配管設備無償貸与契約書」を交わして配管工事が無料である代わりに、月々のガス代に工事料金として1立方メートル当たり20~50円程度上乗せされるというものです。

一方の都市ガスは引き込み工事が必要になり、引き込み家屋から本管までの距離が長いほど費用が高くなってしまいます。なるべく距離を短くできるように工事を行ってもらうことが必要です。業者にガス工事を依頼する際には、業者によって工事費用などに違いがあります。複数の業者に見積もりを取って、比較検討をしてみると良いでしょう。

ガス工事とは?

ガス工事には増設や移設工事、プロパンガスから都市ガスへ切り替える工事などがあります。新築や増改築した場合は、新規にガス管を引き込む工事やガス管のルート変更、ガス管の延長・分岐などを行います。

また開閉が固くなってしまったガス栓や劣化したガス栓はガス漏れが発生する危険があるので早めの交換が必要になります。そしてガス工事は有資格者が行う決まりがあるので、必ず専門業者に依頼をするようにしましょう。

ガス工事の種類とメリット

ガス工事は、新築や増改築をしたときや既設のガス栓を増やしたい場合、ガス栓を新しいものに取り替えたい場合に行います。そして増改築した場合には、既設のガス管を延長もしくは分岐させたり、場合によってはガス管のルート変更などを行う必要があります。またプロパンガスから都市ガスへ切り替えるという場合は、ガスボンベなどの撤去を行い、新規にガス管の引き込み工事などを行うため大掛かりな工事になります。

ガスには「プロパンガス」と「都市ガス」があり、それぞれガス工事の内容やメリットなどは異なります。プロパンガスの工事では配管工事を行いますがほとんどの場合、工事費用はガス会社が負担してくれるようです。しかし、その工事費は月々のガス代に上乗せされてきます。この上乗せされる料金は業者によって異なってくるので、なるべく基本料金の安いガス会社を選べばメリットは大きくなります。

そしてプロパンガスは都市ガスに比べると災害時の復旧が早いというメリットもあります。都市ガスの工事ではガス管が通っていない場合は、ガス管の引き込み工事が必要になるので初期費用が高くなってしまいます。しかし基本料金はプロパンガスに比べると安く、安定しているというメリットがあります。

またプロパンガスのようにガスボンベを置く必要がないので建物の外回りもすっきりとします。その他には、ガス切れするということもないのでボンベ交換のタイミングなども気にする必要がありません。

ガス工事を選ぶポイントと注意点

ガスにはプロパンガスと都市ガスの2種類があります。ガス設備の工事を依頼する際には、自分が使用しているガスがどちらのガスであるかということを知っておく必要があります。

それぞれのガス種では必要な工事が異なりますが、業者によって費用などにも違いがあるので複数の業者に相談してみると良いでしょう。そしてガス工事は有資格者が行うという決まりがあるので、素人が行うことはできません。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

ガス工事のお役立ちコラム

Q.ガス工事が必要なのはどんな時?

ガス工事が必要となるのは主にプロパンガスから都市ガスへと切り替える時、古くなったガス栓を取り換える時、新たにガス栓を増築する時です。

湿気の影響を受けやすい台所や浴室のガス栓は、経年により劣化してガス漏れが発生しがちです。ガス栓の開閉が固く回しにくい、全体的に古くなりサビがでている、ガス栓の周囲がガス臭くなったことがある、といった場合はガス栓の取り換えが必要です。 また「ガス栓がない部屋にガスファンヒーターを置きたい」という場合は、ガス栓の増設が必要となります。この場合、現在あるガス管から分岐して増設する工事を行います。

ガス栓の取り換えも増築も比較的簡単な工事で済みます。ガス栓が古くなったり、新たなガス栓が必要となったりしたら、気軽に専門の業者さんに相談しましょう。