2018年10月4日

飲食店の内装工事・設備工事の業種別の費用相場とノウハウを徹底解説

これから飲食店を開業する人にとって、内装工事や設備工事にかかる費用は一番気になるところではないでしょうか。 飲食店といっても業種は様々で、物件選びや厨房設備によって費用は変わります。ここでは、飲食店のカフェや洋食レストラン、カウンターバー、居酒屋・バル、焼肉店に至るまで、 それぞれの内装工事の内容と費用、必要な設備まで詳しく説明します。飲食店の開業や改装をお考えの方はぜひ参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

飲食店の業種別内装工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 飲食店の業種別内装工事 を行う場合の概算費用です。

デザイン設計
35〜70万円
設計管理
25〜50万円
厨房工事
30〜300万円
内装工事
50〜150万円

飲食店の店舗内装費用の相場は?

新たに飲食店を開業しようと思っている方にとって、店舗の内装工事費用の相場は非常に気になると思います。

カフェ、和食店、洋食レストラン、中華料理店、焼き鳥屋、焼肉屋、バー、居酒屋バルなど様々な業種があります。

あなたが開業したいと考えているのは、どの業種ですか?

結論から言うと、内装工事の基本的な内容は、どの業種であってもほとんど変わりません。

大まかな費用相場は以下の表の通りです。

飲食店内装工事の業種別費用相場

カフェ

坪単価15〜25万

洋食レストラン、中華料理店、焼鳥屋、居酒屋バル

坪単価25〜40万

和食店

坪単価35〜50万

焼肉店

坪単価50万〜

坪単価とは、工務店に見積もり依頼をした際の目安で、1坪あたりの工事にかかる費用のことです。
例えば、15坪の物件で坪単価20万の工事をする際、総額は300万円になります。
坪単価は、坪数が多いほど安くなる傾向があります。

カフェは、コーヒーのみを提供する場合は、コンロなどの厨房設備が抑えられるため、価格が安くなる傾向にあります。
和食店は、価格帯の高いメニューを提供するケースが多く、内装も本格木材を使用した高級感のあるデザインになるため、内装費は高い傾向です。
焼肉店が比較的に高額になる理由は、ダクト工事や無煙ロースターといった排気工事、空調工事に費用がかさむためです。

カフェの内装工事のポイントと費用相場
バーの内装工事のポイントと費用相場
焼肉店の内装工事のポイントと費用相場

もちろん、オーダーメイドの建材を発注したり、デザイン性にこだわると費用はその分高くなります。
しかし、一点、費用を大きく変えるポイントがあります。

それは、居抜き物件か、スケルトン物件かの違いです。
次で詳しく解説します。

居抜き物件とスケルトン物件の違い

スケルトン物件とは、前の借主が退居時に設備や内装をすべて撤去し、壁、天井、床を剥がした状態の物件のことです。
居抜き物件とは、内装や備品などが残った状態で借りることのできる物件のことです。

居抜き物件は、設備を譲り受ける際に費用が発生しますが、空調工事や水道工事などの費用を抑えることが出来、スケルトン物件の半額程度の値段で仕上げることができます

ただし、居抜き物件でも大幅な内装工事を行ってしまったり、退去時にスケルトンに戻す必要のある物件の場合は、かえって工事費用がかかってしまいます。

いい居抜き物件を見つけるコツは、なるべく同じ業種の飲食店が入っていた物件を見つけることです。
以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

居抜き物件とスケルトン物件のメリット・デメリット

飲食店の内装工事の施工事例を紹介

では、次にこのサイトを通じて実際にお見積もりいただいた施工事例をいくつか紹介します。
カフェ、ラーメン屋、バー、居酒屋、天ぷら和食店と様々な業種がありますが、最も費用が変わる要因は、既存の物件の設備がどれくらい活用できるかです。

自宅をオシャレなカフェへリフォーム×内装工事×新潟県村上市

内装工事前 窓
内装工事前 和室
内装工事前 和室クローゼット
内装工事前 和室収納棚
内装工事前 和室の畳
カフェにリフォーム
カフェにリフォーム 客席
カフェにリフォーム 客席別角度画像
カフェにリフォーム カウンター
カフェにリフォーム キッチン
BEFORE
内装工事前 窓
内装工事前 和室
内装工事前 和室クローゼット
内装工事前 和室収納棚
内装工事前 和室の畳
AFTER
カフェにリフォーム
カフェにリフォーム 客席
カフェにリフォーム 客席別角度画像
カフェにリフォーム カウンター
カフェにリフォーム キッチン
工務店名
日本住環境コーディネート
施工月
2013年8月
施工地域
新潟県村上市
住宅種別
店舗・オフィス
お客様のご要望
自宅でカフェを開きたい。
ここがポイント!
  • 場所の有効活用

  • 収納たっぷり

  • 安心安全な工事

業者のコメント
限られたスペースで極力居住スペースを狭くせず以前より居住側には収納力を持たせました
工事費用
200万円

お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪

お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(0枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(1枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(2枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(0枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(1枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(2枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(3枚目)
BEFORE
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(0枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(1枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工前写真(2枚目)
AFTER
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(0枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(1枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(2枚目)
お洒落な、ラーメン屋さんの作り方♪の施工後写真(3枚目)
工務店名
ポルコハウス合同会社
施工月
2011年5月
施工地域
神奈川県横須賀市
住宅種別
店舗・オフィス
お客様のご要望
ゆったりお食事をして頂きたいとの、オーナー様の意見を反映
ここがポイント!
  • オシャレな仕上がり

  • くつろげる空間

  • まごころ込めた作業

業者のコメント
相模原市内、らーめん屋は★の数ほどあれど、
お洒落なお店はなかなか見当たりません。

そんな相模原の古淵エリアに、

「女性が入り易い、らーめん屋を作りたい」

という施主様^^

3Dイメージを駆使し、さまざまなパースをお作りし、
さっそく着工。

完成後は相模原トップクラスの綺麗ならーめん屋、
麺屋「蓮花」さんが誕生しましたよ♪

リフォーム終了後、施主様自慢の魚介と豚骨の
ダブルスープ、あっさり豚骨ラーメンを、
美味しく頂きました゜ヽ(*´ω`)ノ゜
工事内容詳細

外壁材/アマゾンジャラ
店内床/サンゲツ Sフロア
店内壁/サンゲツ リザーブ
厨房壁/アイカ 不燃セラール
カウンター材/アイカ メラミンカウンター

工事費用
400万円

集客力UPの店舗リフォーム×内装工事×静岡県沼津市

事務所跡リニューアル カウンター席
事務所跡リニューアル 作業台
事務所跡リニューアル 全体図
事務所跡リニューアル テーブル・チェア
AFTER
事務所跡リニューアル カウンター席
事務所跡リニューアル 作業台
事務所跡リニューアル 全体図
事務所跡リニューアル テーブル・チェア
工務店名
有限会社アールエス
施工月
2013年8月
施工地域
静岡県沼津市
住宅種別
店舗・オフィス
お客様のご要望
店舗の内装工事をお願いしたい。
ここがポイント!
  • 木目調で落ち着いた雰囲気!

  • 終了後も安心の対応

  • 行きたくなるような店舗造り

業者のコメント
お店の備品やオーナー様のセンスにより閑散とした店内の内装が見違えるほどかっこよくなりました。
工事内容詳細

Eye Lash Salon Vivi 静岡店 新設工事

工事費用
200万円

信頼と実績の飲食店リフォーム×内装工事×大阪府大阪市

魚日和 店舗改装工事
魚日和 店舗改装工事 店内
魚日和 店舗改装工事 テーブル席
魚日和 店舗改装工事 鏡
魚日和 店舗改装工事 トイレ
AFTER
魚日和 店舗改装工事
魚日和 店舗改装工事 店内
魚日和 店舗改装工事 テーブル席
魚日和 店舗改装工事 鏡
魚日和 店舗改装工事 トイレ
工務店名
株式会社ハンズハウス
施工月
2015年4月
施工地域
大阪府大阪市
住宅種別
店舗・オフィス
お客様のご要望
店舗を内装工事してほしい。
ここがポイント!
  • プロならではの丁寧な施工

  • 終了後も安心の対応

  • 満足の仕上がり。

業者のコメント
お客様との話し合いに沿って、丁寧に施工を進めました。
工事費用
100万円

依頼者こだわりの店舗デザイン設計×飲食店×大阪府枚方市

飲食店店舗内装工事前
飲食店店舗内装工事後
飲食店店舗内装工事後 店舗外側
飲食店店舗内装工事後 トイレ
飲食店店舗内装工事後 キッチン
飲食店店舗内装工事後 カウンター席
BEFORE
飲食店店舗内装工事前
AFTER
飲食店店舗内装工事後
飲食店店舗内装工事後 店舗外側
飲食店店舗内装工事後 トイレ
飲食店店舗内装工事後 キッチン
飲食店店舗内装工事後 カウンター席
工務店名
株式会社ダイケンリフォームサービス
施工月
2009年4月
施工地域
大阪府枚方市
住宅種別
店舗・オフィス
業者のコメント
茶釜てんぷら たていし様店舗。
スケルトンから設計施工をさせていただきました。
工事費用
900万円

いかがでしょうか。
ラーメン屋、和食店の費用が高い理由は、スケルトン物件からの着工し、1からこだわりの店舗内装を設計したためです。
費用をなるべく抑えるには、自身の予算の範囲内で、なるべく必要設備が整っており、自分の実現したいレイアウトと近い物件を選ぶことが重要です。

では次に、実際の見積書を確認しながら、工事の中身を見ていきましょう。

店舗内装工事の見積書から、相場を探ろう

ここでは、実際の見積書を見ながら、どんな工事が必要なのか、どのくらい費用がかかるかを見ていきましょう。
もちろん状態や必要設備によって価格は変わりますが、工務店や施工業者と工事の相談をする上で、見積書の中身を知っておくことは非常に重要です。
ぜひ参考にしてください。

居酒屋バルの実際の見積書を解説

ここでは、一般的な例として、居酒屋バルの見積書を解説します。
カフェ、洋食レストラン、居酒屋バルなどの業種は、坪単価15万〜40万が相場になっています。
では、実際にどんな工事内容になっているのでしょうか。まずは見積書を見てみましょう。

各工事の費用目安

仮設工事

約10万

解体工事

約20万

左官・防水工事

約36万

軽鉄・ボード工事

約14万

木工造作工事

約52万

建具工事

約15万

ガラス工事

約13万

電気工事

約40万

給排水工事

約30万

空調設備工事

約3万

換気設備工事

約28万

塗装工事

約18万

内装工事

約50万

家具工事

約24万

サイン(看板)工事

約10万

その他諸経費

約26万

総額

約389万

引用:居酒屋・バルの改装工事でやるべきことは? 費用相場も詳しく解説します

この事例の最大の特徴は、居抜き物件で空調設備を再利用し、わずか3万円に抑えられている点です。
結果として、坪単価が約24万円と抑えることができました。

このように居抜き物件の設備やレイアウトをうまく利用できれば、開業時にかかる初期費用を抑えることができます。

居抜き物件の場合は前店舗の内装がそのまま残っており、それを上手く活用することで、費用を抑えながら開店することができます。 しかし前店舗のまま使用してしまうとイメージが変わらずインパクトもありませんので、部分的に自店舗らしさを演出できるよう工夫することがポイントです。
引用元:居酒屋・バルの改装工事でやるべきことは? 費用相場も詳しく解説します

内装工事の他に、電気工事給排水工事換気設備工事など設備工事が含まれています。
それぞれの工事内容と値段について、次で詳しく解説します。

各種設備工事にかかる費用相場

電気工事

電気工事費用は、分電盤や配線工事など80~120万円程度が目安になります。 もし電気容量が足りない場合は、別途で幹線引き込み工事が必要です。
幹線引き込み工事とは、電気容量を増やすために、太い幹線に変え使用可能な電力を増やす工事です。
カフェやバーなどは少ない電気容量で済みますが、居酒屋や焼肉店などで使用する大型冷蔵庫は大量の電力が必要のため、電力会社と話し合いの上で、幹線引きこみ工事が必要になる場合があります。

水道工事

水道工事費用は、スケルトン物件の場合60~120万円程度が目安です。これは水道管や排水設備を厨房に引き入れる際に必要な費用です。

水道工事で注意する点は2つ。グリストラップの設置厨房の床の種類です。
以下で詳しく解説します。

グリストラップとは

業務用の厨房には、油脂や生ごみを直接下水に流さないように、グリストラップの設置が義務づけられているため、その費用が必要になります。 飲食店の厨房には「グリストラップ」の設置が基本的には必要になります。

厨房をウェットキッチンにする場合には、グリストラップを設置しなくてはいけません。>グリストラップとは、厨房の側溝からの排水をそのまま排水口に流すのではなく、油や野>菜くずなどを回収するための機器です。油水分離阻集器とも呼ばれています。 自治体によっては、グリストラップの設置が義務付けられていることもありますので、まずは出店する地域のルールを確認しましょう。とはいえ、義務付けられていなくても実際>には下水の基準が厳しく設定されていますので、ほとんどの飲食店では自発的に設置する>ことになります。

引用元: 飲食店の厨房はドライキッチンが最適? デメリットもしっかり解説

「グリストラップ」の設置方法は「床に埋め込むタイプ」と「シンク下に置くタイプ」の2種類があります。「床に埋め込むタイプ」は水道工事が必要になりますが、飲食店の業種によって「グリストラップ」のサイズが変わってくるため、水道工事の費用は各業種によってさまざまになります。
一方、「シンク下に置くタイプ」は水道工事を必要としないので費用を抑えることができますが、飲食店の店舗面積や油の使用量によっては「シンク下に置くタイプ」が利用できない場合があります。

「グリストラップ」の設置は、飲食店を開業する際に必要な費用になる可能性が高いですので、必ず施工業者に確認をしましょう。

ウェットキッチンとドライキッチンとは

また、火と油を頻繁に使う洋食レストランや中華料理屋、焼肉店などの飲食店は、床に水を大量に流せるウェットキッチンにすることで汚れを水で簡単に流すことができます。ただし、工事費用がその分上がる可能性があります。一方、カフェなど本格的な厨房設備が必要ない店舗の場合、費用が掛からないドライキッチンでも問題なく使用することができます。

飲食店の厨房はドライキッチンが最適? デメリットもしっかり解説

ガス工事

物件選びの際は、なるべく飲食店用にガスが引かれている店舗を選びましょう。
その場合、ガス工事は配管工事費用として30~40万円程度 が目安になります。

一方で、テナントビルの場合、通常は一本の供給管から各テナントにガスが割り当てられています。
もし割り当て容量で足りないと、本管からの引き込み管を交換する工事が必要になり、工事費用が高額になる可能性があります。

飲食店のガス工事について

空調工事

業務用エアコンは室外機の設置場所によって工事費用は異なりますが、15~20坪程度の飲食店で、80~120万円程度です。
ただし、店舗そのものが広くエアコンと室外機が離れている場合や、特殊な空調設備が必要な焼肉店や鉄板焼き店などは空調設備が高額になる可能性が高いです。

飲食店の主な厨房設備費用の相場とは

飲食店で最もお金がかかるのは、厨房設備費用です。
内装工事の約40%は厨房設備が占めると言われています。

どの飲食店にも共通して必要な設備は、大型冷蔵庫、シンク、作業台、コンロなどが考えられます。
飲食店を開業する際に必要な設備の大まかな価格相場は以下の表の通りです。

厨房設備費用の一覧

2槽シンク(1000×600㎜)

¥900,000

1槽シンク(500×500㎜程度)

¥200,000

手洗い器(L-5)

¥300,000

食器洗浄機(大型業務用)

¥800,000

冷凍冷蔵庫(300ℓ)

¥400,000

コールドテーブル(120ℓ)

¥250,000

製氷機(40㎏前後)

¥400,000

瞬間湯沸器(5号)

¥150,000

作業台(甲板はステンレス)

¥50,000

焼き台(全自動)

¥150,000

ガスコンロ(2口)

¥100,000

電子レンジ・オーブン(家庭用)

¥50,000

引用:居酒屋・バルの改装工事でやるべきことは? 費用相場も詳しく解説します

カフェであればエスプレッソマシン、居酒屋バルであればワインクーラー、焼肉店には排煙用のダクトなど特殊な設備が必要になります。
それぞれの費用相場を見てみましょう。

カフェに必要な厨房設備

エスプレッソマシン(全自動)

¥ 2,000,000

電子レンジ・オーブン(家庭用)

¥50,000

パン等のショーケース(ケーキの場合冷蔵)

¥ 200,000

居酒屋バルに必要な厨房設備

ビアーディスペンサー 20ℓ/日(レンタル月額)

¥450,000

ワインクーラー(100本容量)

¥300,000

「ビールディスペンサー」は故障時に利用できなくなるとお店の営業に大きな影響を与えますので、定期的なメンテナンスのついたレンタル物がおすすめです。

ビアーディスペンサーはビールを注ぐために必要な機器で、居酒屋・バルには必ずと言っていいほど必要なものとなります。 レンタル契約をすると、ビール樽も定期的に配達してくれる業者があり、1日に消費するビールの容量に応じて月額が変わります。レンタルは毎月の出費につながりますが、ビールディスペンサーの定期的なメンテナンスをしてもらえると共に、故障時などのトラブルにも業者のスタッフが迅速な対応をしてくれるというサービスがある場合もあります。 ビールディスペンサーの不具合からビールが提供できないという状況は、居酒屋・バルにとって営業になりませんので、メンテナンスや故障時の対応に不安がある場合は積極的にレンタルを検討すると良いでしょう。

引用元: 居酒屋・バルの改装工事でやるべきことは? 費用相場も詳しく解説します

焼肉店に必要な厨房設備

ダクト工事

1台100,000円〜

無煙ロースター

1台200,000円〜

店舗の排煙設備設置

2000,000円〜

飲食店の厨房設備設置のポイント


出典株式会社ヴェスパー

流しは食品衛生法などにより2槽以上ないといけません。
保健所が提示している目安は幅45cm×奥行き36cm×深さ18cm以上のものです。
ただし、自動食洗機があれば、1槽でもよいことになっています。

出典toolbox

コンロはお店の規模やメニュー数によって大きさと数を決めます。
排気口の高さや方向には十分注意しましょう。

出典厨房センター

コールドテーブルは背の低い冷蔵庫のことで、上部は作業台としても使えます。
高さとしては身長の半分が目安ですが、まずは自分で使い勝手を確かめましょう。

厨房設備の費用を抑えるポイント

最も費用のかかる厨房設備を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。 厨房の設備費を削減するポイントは「中古の設備を使う」「リースで厨房設備を揃える」の2点があります。

中古の設備を使う

中古の厨房設備は、新規で厨房設備を導入することに比べて購入費用を抑えることができます。ただし、安い中古品であっても購入後すぐに故障してしまうかもしれませんので、購入前に必ず保証期間を確認しましょう。

中古品から選ぶのも1つのアイデアではあるのですが、冷蔵庫や冷凍庫は新品がセールで安く売られていたり、型落ちしたタイプであれば中古品よりもお手頃な値段で手に入る可能性もあります。

リースで厨房設備を揃える

リースの場合、一般的に費用は月々の支払いになるので厨房設備を導入するコストを大きく減らすことが期待できます。また機器が不要になった場合には、リース会社に返却するだけで機器の処分費用などはかからないこともメリットの1つになります。

リースを使う場合のデメリットは毎月利用料金を支払いますので、最終的には機器の一括購入金額よりも高額になります。ただし、飲食店の経営を継続的に続けることができるようにお店の営業を行っていれば、デメリットを考慮したとしても、リースを使うことは十分有益なアイデアと言えます。

飲食店の内装工事の費用を抑えるポイント

最後に、どうやったら高額な内装工事の費用を抑えることができるかについて説明します。
ポイントはふたつ。居抜き物件を選ぶ相見積もりをするです。以下で詳しく解説します。

使える居抜き物件を見つける

内装工事の費用を大きくおさえるには、内装・設備が整っている居抜き物件を探します。居抜き物件を探す際は、前のテナントが同じ飲食店であることが理想です。
ただし、同じ飲食店だからといって、全く異なるレイアウトの居抜き物件を借りてしまうと、大幅な内装工事を行うことになり費用が高くついてしまう可能性があるので注意しましょう。 さらに、設備には耐用年数にも注意が必要です。譲り受ける前にきちんと動作確認しましょう。

居抜き物件であれば、厨房設備に加え、客席のテーブルや椅子、照明器具などもそのまま使用できますが、物件を見学するときに、天井・壁・床の内装部分の劣化具合も見る必要があります。

内装デザインに問題がなくても、内装の自体に劣化があれば工事をすることになります。結果的に撤去・解体を行うことになると、費用をおさえるために居抜き物件を選んだ意味がありませんよね。

契約前に内装工事をどの程度しなければいけない物件なのか、しっかり見極めを行うことが費用をおさえる一番のポイントといえます。
居抜き工事については下記の記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。  

相見積もりをし、減額案を提示してもらう

業者を決める際は、複数業者に見積もりを依頼しましょう。 複数の業者間で価格競争を起こすことで、目安となる費用相場が見え、価格が適正化していきます。 個別で見積もりを取るのが面倒な場合は、見積もり比較サービスを利用すると良いでしょう。適正な価格を提示してくれる業者の中でも、施工事例が多く安心して任せられる業者を選びます。

どうしても予算オーバーしてしまう場合は、内装工事会社に減額案を出してもらいます。 減額案と言っても、デザイン性は落ちても、機能を維持したまま減額できる場合があるので、業者に積極的に伝えましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームが複数社への見積りで安くなる
その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

飲食店 デザイン・設計のお役立ちコラム

Q.飲食店の設計で重要な事って?

ズバリ「経営者の目的にかなった店になるように設計する」ことです。

飲食店と一括りにしてもその種類は様々です。喫茶店や料理屋、居酒屋という違いもあれば、提供する料理も和食、中華、イタリアンなどがあります。さらには、サラリーマンなどの男性客を想定しているのか、それともOLや女子大生などの女性客を想定しているのか。こじんまりとした家庭的な雰囲気を売りにするのか、誰でも入りやすいオープンな雰囲気を売りにするのかなど、お店の個性は経営者の意志によって決定します。

大切なのは、「こんな店にしたい」という目的を明確にし、発注することです。目的が明確であれば、相談を受けた専門業者さんも具体的な案をいろいろと提案してくれるでしょう。逆に目的が漠然としていると、業者さんの提案も焦点が定まらないものになりがちです。 「ゆったりとくつろげる空間にしたい」と思っていたのに隣席との距離が近くて落ち着かなかったり「性別や年齢層に関係なく皆に来てほしい」と思っていたのに、敷居の高そうな外観のせいで入りにくくなってしまったり。

「とにかくたくさんの人に来てほしい」といった漠然としたイメージではなく、専門業者さんに「誰がどんな時間を過ごすための空間か」を明確に伝えることがポイントといえるでしょう。