2019年1月4日

リフォームする際の流れとは 業者選びから仮住まいまで解説

リフォームの流れは、リフォームしたい箇所の洗い出しから始めます。信頼できる業者選び、見積書の比較・検討、仮住まいの準備や挨拶周り、完成後の検査など、考えるべきポイントが沢山あり大変ですよね。この記事では、リフォームの流れに沿って、リフォームの成功の注意点やコツをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

「リフォームを考えているけれど、何から取り掛かればいいか分からない」
「業者選びや予算決め方、見積書の見方など、知らないことがたくさんあって不安」

はじめてのリフォームの方は特に、分からないことだらけですよね。
建築業界はまだまだ不透明な部分が多く、見積書の中身や元請・下請の契約など、普段の生活ではなかなか馴染みのない部分が多いのは当然です。

リフォーム流れ

この記事では、上記の図に沿ってリフォーム業者の選び方から完成まで、失敗しないためのコツをひとつひとつ解説していきます。
見積書の正しい見方や必要な申請なども説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①まずはリフォーム内容を決める

内容によって様々ですが、ユニットバスの取り替えから間取り変更リフォームまで、リフォームには数十万から数百万円の費用がかかります。
そのため、リフォームは一度にまとめてやってしまった方が、費用を抑えることができてオススメです。

なるべく費用を抑えるために、リフォームをする際は、事前の計画立てをしっかりと行いましょう。

ご自宅で今不便を感じている部分はどこなのか。新たに欲しい機能があるならば何なのかを洗い出しておきましょう。
それによって、依頼する業者の種類も、トータルでかかるコストも変わってきます。

まずは、リフォーム内容を決めるために、情報収集から始めましょう。

リフォームに関する情報の集め方

リフォームの事例は、書籍やカタログ、WEBサイトなどで確認することができます。

書籍

書籍の場合、必要な工事内容や費用の概算だけでなく、仕上がりのデザインで参考になる事例が多く掲載されています。
また、依頼者のインタビューなどが掲載されていることもあり、失敗談や工夫したポイントなども取り入れることができます。
増築や間取り変更など、大規模なリフォームになる場合は、ネットだけでは得られない情報も多いですので、多少お金を払ってでも購入してみてはいかがでしょう。

カタログ

カタログは、無料で手に入る場合がほとんどです。 LIXILやPanasonicなどのメーカーが発行するカタログは、オンライン上で手軽に閲覧できます。キッチンやユニットバス、トイレなど、設備を設置するタイプのリフォームであれば、費用の比較検討には十分でしょう。
また、各リフォーム業者が、自社のプランを提案するために発行しているカタログも参考になります。

まずは、必要な設備をメーカーのカタログで比較したのち、リフォーム業者のプランを確認してみると、正しい知識や相場観を持った上で検討できます。

WEBサイト

WEBサイトのメリットは、掲載するスペースに限りがないため、専門誌やカタログで見られない多くの事例が見られる点です。 ただし、上位表示される業者の提案する内容が必ずしも良いとは限りませんし、根拠のない費用相場や、誤った情報も多くあるのが現実です

キーワードで検索して満足した情報が得られなかった際は、「他にこんなキーワードで検索されています」というサジェストを辿るのがおすすめです。
また、画像検索知恵袋も併せて活用して、なるべく精度の高い情報を得るようにしましょう。

各場所ごとのリフォームの注意点は?

キッチン

キッチンリフォームの費用相場は100万〜200万円が中心となっています。
キッチン自体の製品価格と、20%程度の工事費が費用の主な内訳です。
検討すべき点は、IHかガスか、コンロの口数はいくつ必要か、食器乾燥機の取り付けをするかなどです。 また、キッチンの高さは最もよく使う人の背丈に合わせたものを選びましょう。

風呂

お風呂リフォームの費用相場は80万〜120万円が中心となっています。
壁や床の材質によって水はけや掃除の手間が変わってくるので、デザインとの兼ね合いが重要です。
お年寄りがいる場合は、安全のための手すりや、ヒートショック対策として暖房換気乾燥機を設置するケースも多いです。

洗面所

洗面所リフォームの費用相場は20万円〜40万円です。
水はねが多い箇所なので、壁紙や床材はカビや湿気に強い素材を使うのが基本です。
またデザイン性だけでなく、ボウルの高さや収納などの使い勝手もしっかり検討したいところです。

トイレ

トイレリフォームの費用相場は30万〜40万円が中心です。
一緒にトイレの内装を変更する場合は、100万円程度を見込んでおくと良いでしょう。
検討することとしては、トイレタンクの有無です。タンクがなければ広く使えますが、手洗い器が必要となります。
また、臭いがこもらないように、換気設備を取り付け、壁紙の防臭機能が付いたものにするもの良いでしょう。

リビング

リビングリフォームの費用相場は100万〜150万円が中心です。
リビングはなるべく広く使えるように、間仕切りや収納は最小限に留めましょう。
家具の配置によってコンセントの位置も変わるので、使い勝手を想定したレイアウトにしましょう。

外壁

外壁リフォームの費用相場は100万〜200万円が中心です。
塗装工事の場合は10年に1回、張り替え工事の場合は20〜30年に一度を目安にしておきましょう。
塗装の場合、使用する塗料の種類によって、耐用年数が変わってきます。
張り替え工事の場合、タイルやモルタル、サイディングなど、外壁材にも様々な選択肢がありますので、検討してみましょう。

屋根

屋根リフォームの費用相場は80万〜150万円が中心です。
工法は、葺き替え、重ね葺き(スレート)、塗り替え(塗装)など様々です。
塗装工事の場合は、外壁塗装と一緒にやると、足場設置費用が抑えられます。

②依頼する業者を探す

リフォーム内容が決まれば、次にすることは業者探しです。
リフォーム業者選びで失敗して、納得がいく仕上がりではなかった、トラブルになったなどはよく聞く話です。

「一度依頼したら断れないのでは?」と思う方もいるかと思いますが、現地調査、見積もりの提出までは無料でやっている業者がほとんどですので、気軽に見積もり依頼をしてみましょう。
ここでは、業者ごとの特徴や効率的な探し方をご紹介します。

リフォーム業者にも種類がある?

リフォーム業者と一言で言っても、壁紙を張り替えるだけのリフォームと、新たに部屋を増築するようなリフォームでは、対応できる業者は全く異なります。
コツは、希望するリフォーム内容に応じて、最適な業者を選ぶことです。
例えば、マンションリフォームの際は、様々な制約があるので、マンションの施工実績が豊富な業者を選びましょう。
室内の改装でデザインを重視したい場合は、地域の工務店ではなく、プランナーやデザイナーがいる業者を選ぶのが良いでしょう。

住宅メーカー

  • どんな構造の住宅にも対応できる
  • モデルハウス、ショールームが充実
  • 費用が高額になりやすい

住宅メーカーは、設計担当者や施工担当者といった役割が細かく分かれているため、費用が高く、複雑になりがちな工程になるほど効果を発揮します。
増築リフォームや二世帯改築リフォームなどに適していると言えるでしょう。
モデルルームやショールームが充実しているのも強みです。

建設会社

  • オールマイティに対応可能
  • 費用が高額になりやすい

建設会社は、難しい工事にも長けている上、住宅メーカーより管理費が高くならないことが多く、使い勝手のいい会社と言えます。
複雑な工事案件の割合は、建設会社の方がはるかに多く、対応可能な人材が豊富と言えます。
住宅メーカーと同様、増築リフォームや二世帯改築リフォームなどに適していると言えるでしょう。

工務店

工務店のメインは、木造一戸建て住宅の新築やリフォーム工事で、工事件数に占める割合は最も多くなっています。
家内工業的な会社で、十数人の大工さんで成り立っている場合が多いです。そのため、高度な設計やデザイン性が求められる工事には不向きです。

  • 数が多くすぐ駆けつけてくれる
  • 工費が安く抑えられる
  • 設計や建築理論が必要な工事は不得意

工務店が得意としているのは、内装リフォームや外壁リフォーム、エコキュートやユニットバスなど設備機器の交換といった、住宅の部分的なリフォームです。
こうした工事は、まずは工務店に依頼する方が、価格も安く、工期も早めに行ってくれる場合が多いです。
逆に、間取り変更など建築基準法を考慮に入れないといけない場合や、二世帯住宅化などの高度な設計が必要な工事は、対応できる工務店が限られてしまいます。

専門工事業者

専門工事業者とは、内装工事業者なら内装工事のみ、電気工事業者なら電気工事のみと言ったように、単独の工種を請け負っている業者です。

  • 仲介料が一切発生しない
  • 単一の工事しか依頼できない

建設業界は、元請と下請で業者がはっきり分かれており、住宅メーカーや工務店は元請、専門業者は下請に当たります。
元請業者はお客さんからの要望を聞き、最適な工事を提案し、下請業者に発注します。
しかし、この間には、両者の契約にかかる仲介コストや、情報伝達の手間が発生します。
そのため、工事が一種類しかない場合は、直接専門業者に依頼した方が、コストや時間を抑えることができます

リフォームは知り合いの会社に依頼するべき?

よく聞くアドバイスとして、知り合いにリフォームに関わる仕事をしている方がいれば、その方にお願いするのが一番安心だというものがあります。
確かに、知り合いであれば信頼できますし、手抜き工事の心配も少なく、安心できるかもしれません。

ですが、知り合いに依頼するのも、数多くのデメリットがあります。
第一に、安心感が先行してしまい、技術的に問題がないのか、希望するリフォーム内容と合っているのかという確認が疎かになってしまう可能性があります。
また、他の業者と比較検討ができないため、提案された内容や価格に納得がいかなくても、頼まざるを得ない状況になるかもしれません。

知人や友人からの紹介は、あくまで数ある選択肢のひとつと捉えておきましょう

WEBで業者を探すのは大丈夫?

最近主流となっているのが、インターネットでのリフォーム業者探しです。

IT化の波は建築業界にも浸透しており、様々な業者が会社案内や施工事例を掲載しています。
そのため、自分が希望する工事の実績があるか、依頼者の評価はどのくらいかを簡単に調べることができます。 ただし、どれも自社に都合のいい情報を掲載している可能性もあるので、注意は必要です。

また、リフォーム業者紹介サイトを利用するのもひとつの手です
インターネットでの集客に弱い工務店に代わり、依頼内容に応じて複数の会社を紹介するサイトが多くあり、業者の比較検討するのに役に立ちます。
ただし、審査基準を設けて会社を選別しているところと、登録費さえ払えばどんな会社も掲載しているところとがあり、見極めは必要です。

いい業者を見極めるポイント

業者を選ぶ際は、以下の点に注意して選ぶと良いでしょう。

  • 工事の実績が十分にあるかどうか
  • 許可や資格を持った業者かどうか
  • 近くにいる業者かどうか

先ほど述べたように、業者によって工事の得意不得意がありますので、施工実績を確認するのはマストです。
また、資格取得に熱心な業者は、工事に必要な知識を十分に持ち合わせている可能性が高く、ひとつの基準になります。

主な資格には、建築士(建築士法に基づく国家資格)、建築設備士(空調、電気、給排水衛生等の技能、設計管理力を持つ)、施工管理技士(施工管理や安全確認などを行う建築士法に基づく国家資格)、増改築相談員(住宅リフォームを考える消費者に助言や計画作成を行う)などがあります。

③現地調査をしてもらう

正確な見積もりやリフォームプランを作成するために、業者が自宅を訪問して、家の状態の把握や採寸をするのが現地調査です。
ここでは、現地調査の際にやっておくべきことをご紹介します。

希望を明確にしよう

現地調査の際は、どこをどのようにリフォームしたいのか、はっきりと言葉にできるようにしておきましょう
カタログを見せて完成後のイメージを伝えたり、家の間取りに合わせて要望を伝えられると、業者も見積もりを出しやすくなりますし、後から値上げや追加工事といったトラブルを避けることができます。

また、なるべくリフォーム内容の決定権を持っている人が、現地調査に立ち会うようにしましょう。
「あとで家族と相談します」となってしまうと、その場で見積もりが決まらず、手間になってしまいます。

マンションの場合は、管理規約を確認しよう

マンションには専有部分と共用部分があり、リフォームが可能なのは専有部分だけです。 部屋の内側は基本的に専有部分になるはずですが、規約によってはドアの内側と外側で専有と共用が違うケースもあるなど、細かい規定があります。 あとで管理組合とトラブルにならないためにも、管理規約をしっかり確認した上で、工事を依頼しましょう。

正確な工事のため図面を用意する

リフォームの内容は、家の状態やレイアウト、お客さんの要望によって千差万別。
場合によっては、壁を外したり床をあけたりといった工事の中で、初めて追加工事が必要なことが発覚する可能性もあります。

そうしたリスクを減らすためにも、家の図面や資料があれば、できる限り業者に提供するようにしましょう

一戸建ての場合、建築確認申請時に提出した図面があるはず。設計図や仕様の一覧など建築時に打ち合わせした資料があれば、それも合わせて提供しましょう。
マンションの場合、購入時にもらった平面図が残っているか確認してみてください。管理組合に連絡すれば、完成時の竣工図が保管されているかもしれません。

こうした工夫で、業者が一から図面を書く手間や、間違った採寸が起こるリスクを減らすことができます。

④見積書を検討する

複数の工事会社に見積もりを依頼したら、次に見積書を比較・検討しましょう。

見積書の比較は同じ条件でする

見積書の比較は、同じ条件で行わなければ正確に良し悪しを把握することは難しくなってしまいます。

例えば、「床、壁、天井の張り替え」とだけお願いした場合、使用する床材や天井材のグレードや職人の経験年数によって、費用が変わってしまいます。
こうした曖昧さを避けるためには、使用する床材や職人の職歴を、なるべく具体的に指定してみるのをオススメします。

具体的に、使用したいクロス材の品番は「A社のB-123」、職人の職歴は10年以上と指定すると、完成するリフォームの品質が統一されるため、純粋に見積もり金額の妥当性を確かめることができます。

自分の要望がちゃんと含まれているか確認する

見積書が出たら、設計図面と見比べながら、依頼内容が含まれたプランであること適切な付加工事がされていることを確認しましょう。
疑問点があれば、見積書の時点で詳しく聞いておくのが重要です。工事が始まってしまうと、追加や修正をするのが難しくなってしまいます。
見積もりが来るまでの期間は、早ければ数日ですが、図面を引き直すなどの修正が入れば、数週間かかる場合もあります。

相見積もりで値引きはしていいの?

価格を抑える常套手段として一般的なのが、相見積もりです。
複数業者に見積もりを取ることで、適正価格を探ることができ、不当に高い額を払わされるリスクが少なくなります。

ただし、競合をチラつかせて値引きさせるようなことはやってはいけません
適正な価格を元に見積もりを立てている業者は、値引くようなことはせず、「これが精一杯です」と答えるのが普通です。
費用が安くなることはすなわち、どこかで設備や素材のグレードを落としている可能性や、手抜き工事で人件費を削っている可能性があります。

価格の安さだけにとらわれず、職人の実績や工事の品質で選ぶ観点も持っておきましょう

➄業者と契約する

工事内容・工事金額・工期などに対して納得いけば、ついに契約です。
ここでは、契約の際に気をつけておくべきことをご紹介します。

納得できる業者に依頼する

見積もりを安くして受注し、手抜き工事や理由を付けて追加工事をせまる悪徳業者が中には存在しますが、金額だけで選ぶ依頼者にも責任があります。

大抵の場合、リフォーム会社に任せきりにし、相見積もりで一番安い会社に依頼するような決め方をしています。

上で書いたコツをしっかりと踏まえ、実績や提案力、さらには人柄といった、価格以外の要素から総合的に判断するようにしましょう

アフターフォローがあるか確認する

新築工事と異なり、リフォームで工事保証をしなくてはいけないという法的な義務付けはありません。
そのため、アフター保証がある業者を選ぶと、手抜き工事はされにくく、万一不備があった際にも安心です
契約書の保証内容、保障期間についてよく確認しておきましょう。
業者がなかなか対応してくれない場合などは、保証期間内に、修補請求を行った証拠が残るように内容証明郵便を利用して文書で行うのがよいでしょう。

口約束ではなく書面に残すようにする

民法上の契約行為は、口約束でも有効に成立するため、打ち合わせの場でお互いが合意している内容は、文書にしていなくても守る必要があります。 とはいえ、どんな小さな工事でも、あとでトラブルにならないよう、契約書に盛り込んでおくようにしましょう。

書類が揃っているか確認する

工事が提示された工程表の通りに行われていると、安心できますし、今後の計画も立てやすいですよね。
増改築などの大規模なリフォームだけでなく、キッチンやバスルームなどリフォーム箇所が複数に渡る場合にも、より詳しい説明を求めるようにしましょう。

あるといい書類は以下のようなものです。

  • 使用予定のメーカーの部材が記載された仕様書
  • 間取りや新しい部材の設置箇所を示す図面
  • 工事の段取りを示した工程表

こうした書類があると、リフォーム内容への理解が深まる上、業者の信頼感も高まります。

追加工事は発生するもの?

リフォーム会社に悪意がなくても、追加工事が発生してしまうケースはよくあります。
例えば、壁や床を撤去すると、給水管・排水管の劣化が原因で、家の骨組み部分が一部腐食していることが発覚するケースです。

むしろ、いい業者かどうか分かるのは、追加工事について説明するかどうかの部分です。
本当にお客様を大切に考えているリフォーム業者は、状況によっては追加工事が必要になると、あらかじめハッキリと説明します。その上で、見積書にも備考欄で記載している業者も多いのです。

追加工事は仕方がないもの。むしろ追加工事を足さない業者の方が、最初からその費用を上乗せしているという可能性もあります。

⑥着工準備

ここでは、着工までの間にやっておくと良いことをご紹介します。

仮住まいの契約を進めよう

大規模なリフォームを行う際は、長期間家に住むのが難しくなってしまうため、仮住まいを探す必要があります。 仮住まい探しは、リフォームプランを検討する時点で同時に始めるのが得策です。入居日の1ヶ月前~2週間前に契約をできるように仮住まい探しをしましょう。
解体作業が始まってしまう前に、家の中の備品を運び出す必要があるため、早めに取り掛かりましょう。
仮住まいを始めるのは、工事開始の1週間前を目安にしておくと良いでしょう。

候補としては、短期賃貸UR賃貸、ウィークリー・マンスリーマンションなどがあります。
期間が3ヶ月以下の場合は、賃貸契約は難しくなってしまいます。割高になってしまいますが、ウィークリー・マンスリーマンションが適当でしょう。
3ヶ月を超える場合は、UR賃貸がオススメです。敷金・礼金といった初期費用が必要なく、全国に物件数が多くあるため、お子さんの学校や会社勤務といったライフスタイルを維持しやすいのが特徴です

リフォームで必要な申請はある?

リフォームの際、増築等があれば建築確認申請が必要になります。
建築確認とは、設計図書の中身が建築基準法などの法律に合致しているかどうかを確認する行為で、シックハウス対策や防火設備などが検査項目になります。
必ず工事の着工前に行う必要があります。
増築を含むリフォーム見積書の中には、1万円前後の申請費用が記載されているはずなので、確認してみましょう。

また、リフォームの補助金や助成金を受けるためには、事前申請で適正な施工業者である証明や図面を求められるので、その旨をリフォーム会社に伝えておくようにしましょう。

近隣挨拶を済ませよう

近隣挨拶は、リフォーム会社に任せてしまわず、なるべく依頼者として同行しましょう。 騒音や振動、業者の出入り、車両の駐車などで近隣に迷惑をかける可能性があるため、事前の挨拶は印象を大きく左右します

また、マンションなら両隣に加えて、上と下の部屋にも念のため伝え、管理組合にも必ず連絡しておきましょう。

➆着工

着工したら、あとは完成を待つだけです。
ただし、リフォーム中も定期的に現場に足を運び、進行をこまめにチェックしておくのが良いです。

リフォームごとの工期期間の目安

リフォーム箇所ごとの工期目安

キッチン

入れ替え

1週間

背面キッチン等への配置変更

2週間

お風呂

ユニットバス交換

5日程度

在来工法からユニットバスへ

2週間程度

洗面台

交換

1日

洗面所の内装変更

1週間

トイレ

便器交換

1日

トイレの内装変更

1週間

リビング

壁紙張り替え

2日程度

フローリング張り替え

3日程度

床暖房設置

5日程度

外壁

塗装工事

2週間程度

張り替え工事

1ヶ月程度

屋根

塗装工事

1週間程度

リフォーム中の差し入れは必要?

リフォーム中の差し入れはもちろん義務ではありません。
ただし、工事が長期間に渡る場合は、おにぎりやお菓子など簡単なものでいいので、定期的に差し入れに行くと良いでしょう

リフォーム業者も人間です。親切にしてくれている依頼者の家を、雑に工事しようとは思いません。
また定期的にコミュニケーションを取ることで、自分の要望を伝えやすくなりますし、工事が順調に進んでいるか確認することもできます。

⑧完成・引き渡し

リフォームが完成したら、ついに引き渡しです。
リフォーム後の真新しさに喜ぶあまり、どうしても疎かになってしまうところでもありますが、完了検査などのチェックはしっかりしておきましょう。

完了検査で確認するべきこと

図面などを見ながら担当者の説明を受けて、依頼内容の通りになっているか確認しましょう。 事前の打ち合わせ通りになっていない場合は、引き渡しを受ける前に指摘します。

また、設備を新しくした場合は、必ずその場で動作チェックをしましょう。
後からの指摘は、業者の過失なのか、依頼者の過失なのかが曖昧になってしまうからです。
メーカーの保証書や説明書も、全て揃っているか確認しておきましょう

あとで不具合が見つかった時は?

新調した設備の不具合は、使用直後なら初期不良の可能性が高く、メーカー保証を受けることができます。 一方で、工事の不具合が見つかった場合、リフォーム会社の対応は様々です。

もし業者がなかなか対応してくれない場合は、保証期間内に、修補請求を行った証拠が残るように内容証明郵便を使い、文書でやり取りするのが良いでしょう。

瑕疵担保責任については、基本的に契約書で定めた期間が適用されます。
契約時に特に何も約束していない際は、修補を請求できるのは、引渡しから1年と民法で定められているので注意してください。

業者がリフォーム瑕疵に加入していると、こうしたトラブルを避けることができますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります