2018年5月23日

戸建てリフォームの費用相場とポイント

戸建てリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で戸建てリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

戸建てリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 戸建てリフォーム を行う場合の概算費用です。

間取り変更
100〜600万円
屋根の葺替え
100〜200万円
リノベーション
500〜1000万円
耐震工事
30〜200万円

戸建てリフォームのポイント

戸建てリフォーム

戸建てのリフォームはマンション等と比べ、比較的自由度が高いですが、建築基準法や自治体の条例、消防法などによる規制に引っかかる事もあるので確認が必要です。屋内のキッチンやお風呂などの単位のリフォームでは制限がないことがほとんどですが、間取り変更をする場合は、建てられた工法によって、リフォーム出来る範囲が異なります。

間取り変更する際にもっとも自由度が高いのは、木造軸組(在来工法)で立てられた戸建て住宅です。木造軸組(在来工法)とは、木材の柱と梁で建物を支える構造の建て方で、柱自体は移動できませんが、間仕切りとなる壁は取り壊すことができます。壁で建物を支える構造になっているプレハブ工法や、2×4工法(ツーバイフォー、枠組壁工法)はその構造上、壁を取り壊す事ができないので、間取りを変更するのが難しくなります。

増改築を行い、階数を増やしたり、地下室を作る場合には、都市計画で決められた、建ぺい率と容積率の範囲内に収めないと違法改築となってしまいます。建ぺい率とは、敷地の土地面積に占める建物の面積の割合のことで、容積率とは、建物の延べ床面積の敷地面積に対する割合のことです。また、敷地と接する道路の幅によっても制限を受ける場合があるので注意が必要です。

戸建てリフォームはまとまった費用がかかる上、出来る事と出来ない事の線引には専門の知識が必要です。理想に最も近いリフォームを実現させるためにも、複数の施工業者さんに相談し、見積りや施工内容を比較検討する事をお勧めします。

戸建てリフォームで費用を抑えるポイント

戸建てリフォームは様々な種類のリフォームがあり、建物の建てられ方によって出来ることやできないことが違います。戸建てリフォームの費用を抑えるポイントは、最初に予算を決めてそこから予算をオーバーさせないように業者に提案してもらうことです。予算を決めずに業者のおすすめを聞いているとあっという間に費用が膨れ上がってしまいます。費用には限度があるということを伝えて、その中で出来ることを提案してもらうようにしましょう。

どうしても譲れないリフォーム内容に関しても伝えておきましょう。どのようなライフスタイルを望んでいるのかをきちんと伝えることで、業者もできるだけ満足度の高い提案をしてくれますので、戸建てリフォームでやりたいことの順位付けをして業者に相談してください。素材をグレードダウンしたり、シンプルなもの安価な素材を安っぽくならないように使って上手にリフォームをしてくれます。

そういう意味で戸建てリフォームの費用を抑えるために重要なのは業者選びです。業者選びが費用を抑えるためのすべてと言っても過言ではありません。できるだけ複数の業者、4,5社に相談して、最適な提案をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。ただし、値段だけで業者を選ばないようにしてください。安かろう悪かろうにしないことが重要です。

戸建てリフォームとは

戸建てリフォームでは室内の間取り変更を行うなど、ライフスタイルを大きく変えることができるリフォームになります。平屋を2階建てに変えたり、庭に増築したりするなど大掛かりなリフォームなどにも対応しています。
リフォームの種類によっては、水回りの変更や電気工事も必要になり、場合によっては役所への届け出も必要になるため、経験と実績の高い業者に依頼する必要があります。

戸建てリフォームの種類とメリット

戸建てリフォームは全面リフォームと部分リフォームに分類でき、そこからさらに詳細に分類することができます。ここでは人気の高い戸建てリフォームについて、その種類やメリットについて紹介します。

間取り変更
リビング・ダイニング・キッチンをひとつにする、LDKリフォームなど、室内空間を作り直すリフォームになります。生活の動線を見直すことで、生活に無駄がなくなり快適な暮らしをすることが可能になります。

外装リフォーム
外観を新築同様にするリフォームに人気があります。外壁にパネルを重ね張りするリフォームが主流で、見た目が大きく変わるだけでなく、防音性や断熱性も高めることもできます。外壁だけでなく屋根なども新しいものに変えることで、家全体の寿命を伸ばすこともできます。

耐震リフォーム
耐震リフォームは強度不足を起こしている家に対して、補強を行うことで地震の揺れで家が崩れないようにするためオンリフォームです。近年は大きな地震が続いているため、築年数が高い戸建てで行われることが多いリフォームになります。

バリアフリーリフォーム
高齢者がストレスなく暮らすことができるためのリフォームです。廊下や浴室などに手すりを取り付けたり、部屋と廊下の間の小さな段差をなくしたりすることで室内での危険を取り除くことを目的としています。介護などのために車椅子対応の間取りにするなどの対応しています。

戸建てリフォームを選ぶポイントと注意点

戸建てリフォームの種類によっては、リフォーム中の仮住まいが必要になるケースがあります。その費用も決して安いものではありませんので、戸建てリフォームをするときの予算を組むときに、必ず仮住まいで暮らす資金も考えておくようにしましょう。業者に相談して、仮住まいの期間を短くするための工程を組んでもらうようにすることも忘れないようにしてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

戸建てリフォームのお役立ちコラム

Q.住みながら戸建てリフォームって可能?

一戸建てすべてをリフォームする場合であっても、リフォームしている部屋以外で過ごしながら、工事の進行に合わせて部屋を移っていきますので、多少の不便はあるかと思いますが可能です。

キッチン、浴室、洗面所、トイレなどは、もちろん工事中は入ることも使うことも出来ませんが、システムバスやシステムキッチンなどの場合は、大抵の場合、一日で施工が終了するため、その日の夜には使用できるようになっていることが多いです。 ただし、キッチンや浴室などの水回りの場所を移動させる場合は、給排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事も必要となり、一日のうちには終わらない可能性があるため注意するようにしましょう。

従って、生活する上での不便を極力回避できるスケジュールと計画を事前に業者さんに相談、打ち合わせすることをお勧めいたします。