2018年5月22日

リノベーションの費用相場とポイント

リノベーションの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、リノベーションのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でリノベーションしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

リノベーションの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした リノベーション を行う場合の概算費用です。

間取り変更
600万円未満
スケルトンリフォーム
500〜1500万円
水回り場所変更
200〜600万円
マンションリフォーム
300〜1000万円

リノベーションのポイント

リノベーション

リノベーションとは、建物の骨格だけを残し住宅設備や構造には影響のない壁などを撤去して一つの空間を作り出し、そこに新しい間取りを作り上げて行くリフォーム手法で、スケルトンリフォームなどとも呼ばれています。中古マンションを購入して好みの間取りに作り変えたり、ライフスタイルの変化に合わせた家づくりをしたい時などに用いられる手法です。

通常のリフォームでは難しい、水回りの移動や、和室だった場所をフローリングの洋室などに作りかえることも可能です。マンションでは管理組合によって様々な規制を設けていることが多いので、マンションでリノベーションを行う際には、管理組合へ事前に相談しておくほうが良いでしょう。

リノベーションの費用データ

一般的なリノベーションの費用は、200万円~1500万円が相場と言えるでしょう。

リノベーションのよくある施工事例と、費用の概算を見ていきましょう。※下記の費用は様々な施工費用、機器類の撤去処分費用なども含んだリノベーションの概算費用であり、実際の状況や必要諸経費等で変わっていきます。

実際にかかった費用の割合

実際にかかった費用の割合

施工場所と価格相場

間取り変更
〜600万円
スケルトンリフォーム
500〜1500万円
水回り場所変更
200〜600万円
マンションリフォーム
300〜1000万円

 

リノベーションとは

リノベーションとリフォームの違いはご存知ですか?
リフォームは古くなったものを元に戻し、リノベーションは古くなったものを別の形に作り直すことを目的とします。

使い勝手を良くしたり、ライフスタイルの変化に合わせて部屋の間取りを変えたりと、生活の向上を目指して行われるのがリノベーションになります。
空間デザインから行いますので、リノベーションはリフォームよりも大掛かりで費用が高くなる傾向にあります。

リノベーションの種類とメリット

リノベーションはリノベーションの規模や方向性によって細かく分類することができます。
ここではリノベーションの種類とその特徴やメリットについてご紹介します。

増改築リノベーション

キッチンやリビングをひとつにまとめるLDKリノベーションのように、間取りを大きく変えたり、部屋の増築、二世帯住宅化などを行うリノベーションです。
一般的にリノベーションと呼ばれるもののほとんどがこの増改築リノベーションになります。
ライフスタイルの変化に合ったより良い暮らしを手に入れることを目的としています。

耐震補強リノベーション

大きな震災が続いていることもあり、耐震補強をメインとしたリノベーションをする家が増えています。
使い勝手の向上とは違い、より安心できる建物にすることを目的とします。
屋根の軽量化や柱の補強を行うことで、家をより安全な空間にすることができます。

プチリノベーション

大幅な改築は予算がかかるため、部分的にリノベーションを行うプチリノベーションも最近人気のリノベーションのひとつです。
玄関だけ、キッチンだけ、と部分的にリノベーションすることで、これまでよりも少しだけ生活の質を上げることを目的としています。
費用も安く、工期も短くすることができるため、限られた予算で暮らしを向上させたい人におすすめのリノベーションになります。

リノベーションで費用を抑えるポイント

リノベーションはどのような部屋に変えたいかによって、費用が大きく変わってきます。
一から間取りを組み替える場合、1000万円以上かかることも珍しくありません。

リノベーションの費用を抑えるのであれば、現状の構造を活かしたリノベーションを行うことがポイントとなります。
希望の予算で行う場合は既存の構造を把握した上で、どの部分をどの様にリノベーションしていきたいのか、その方向性を明確にすることが重要です。

何のためのリノベーションで、どのような部屋に仕上げたいのか。
リノベーションを行うにあたって譲れないものはあるのか。
これらを明確にした上で、上限予算を決めて業者に相談するようにしましょう。

上限予算を決めていないと、業者はあれもこれもと提案してきます。
「◯百万円までしか出せず、何のために行うリノベーションなのか」を明確に伝えておくことで、不必要なリノベーションを検討せずに済みます。
必ず予算を伝えておきましょう。

また、リノベーションでは業者選びはとても重要です。
リノベーションの腕も費用も業者によってさまざまです。

過去のリノベーション実績をウェブサイトなどで確認をしたうえで、予算を決め、3・4社に見積り依頼をするようにしましょう。
その中で最適な提案をしてくれた業者を選んで、リノベーションを進めることが重要です。

予算内でリノベーションするために

リノベーションを業者に頼む際、実際に取り入れるか否かは別ですが、業者の意見を参考にすることは大切なことでもあります。
理想に合った家にするための適切な施工例を知ったり、予想もしていなかった素敵な提案に出会える良い機会になることもあります。

そして業者にこだわりを伝えることも重要です。
業者とのコミュニケーション不足から思い通りのリノベーションにならないことも珍しくありません。

また、大規模なリノベーションを予算以内で抑えたい場合は、譲れない点からどちらでもいい点までを洗い出し、それぞれにランクをつけましょう。
優先順位がつくだけで、費用に目安が立ってきます。
また、一度に大規模なリノベーションを行う必要がない場合は、必要な箇所だけ優先して行う**こともできます。

コスト調節のポイント

後でもリフォームできる所を見つける

いざリフォームを考えると、あれもこれも新しくしたいと思ってしまいますが、一度に理想を叶えようとすると費用はどんどん膨れ上がります。
コスト調節が必要な場合は、住んだ後からのリフォームでも対応できる部分を別の機会に回すことも検討しましょう。

収納の大きさなど、リフォーム後にこそ気づける部分もあります。
もう少し検討しても良さそうな所を見極めて、リフォームの優先箇所を限定していくことが大切です。

水回りの費用を確保してから予算調節を行う

台所や浴室などの水回りは、大掛かりな工事となります。
生活する上で必要不可欠な部分でもあり、住んだ後からリフォームするのは大変ですので、水回りのリフォーム費用は最初に確保しておきましょう。

また、水回りにこだわり過ぎると、他の場所のリフォームに思う様に予算を当てられなくなったり、水回りだけで予算オーバーしてしまう可能性もあります。
優先箇所ではあっても最低限この設備があればいいといった最低ラインは意識しておきましょう。

リノベーションを選ぶポイントと注意点

リノベーションで注意したいのが、建物の強度です。
リノベーションは柱を切断するなどの大きな変更を行うため、建物の強度を落としてしまい、最悪の場合、耐震性を大きく低下させてしまうこともあります。

特に古い物件のリノベーションは老朽化も進んでいますので、安易なリノベーションは震災被害を招きかねません。
その点でもリノベーションを行う際は、強度計算を行える優良な業者を選ぶ様に注意しましょう。

まとめ

リノベーションとは何なのか、リノベーションの種類、種類ごとにかかる費用についてご紹介しました。
リノベーションとは古くなったものを新しく作り替えること。

家の骨格だけを残し、内部設備や間取りを変えるといった大規模なものから、部屋の一部のみを作り替える小規模なものまであります。
そのため、どの程度までリノベーションをするかによって費用も大きく変わってくることを覚えておきましょう。

大規模なものであればもちろんですが、小規模なものであっても費用が安いとは言えません。
生活していく上で優先される箇所や妥協できない部分を洗い出し、どこを優先させるかを判断しておくことが、予算内で収め、コストダウンをさせるポイントになります。

リノベーションで満足のいく仕上がりにする上で、業者とのコミュニケーションもとても大切です。
どれくらいの予算でどのような家にしたいのかをしっかり話し合い、共有しましょう。
ポイントを抑え、快適な住まいづくりを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

リノベーションのお役立ちコラム

Q.リノベーションできない物件はある?

結論から言うと、リノベーションできない物件というものはありません。

制約が多いマンションなどでも、住宅の構造体のみを残して設備や内装を全て撤去するスケルトンリフォームを行えば、リノベーションすることが可能です。

リノベーションは大きく住宅を変えてしまうものであり、新しい価値をつけるものでもあります。そのため、耐震性のない一戸建 ての場合は、スケルトンにして柱や梁などを補強して強度を高めますし、マンションなどの場合もスケルトンにすることで、配管や排水などを気にすることなく、間取りを変更することが出来るのです。

但し、大規模なリノベーションが出来ない物件はあります。ツーバイフォーのように壁で家を支えているような物件の場合は、間取り変更などはほぼ不可能です。しかし、ツーバイフォーの場合でも、耐力壁以外は撤去することが出来るので、小さな工事は行うことが出来ます。