2018年11月5日

【今ご自宅の状態は?】外壁リフォームの費用相場と必要な工事を解説

家の外壁はヒビ割れや塗装はがれが出てくるので、定期的に塗り替えやリフォームが必要です。ただ、どの業者に依頼するのが一番なのかわかりにくいですよね。この記事では、家の症状ごとに必要な工事と費用相場、優良業者を見つけるコツを解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

外壁リフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 外壁リフォーム を行う場合の概算費用です。

外壁の塗り替え
60〜140万円
サイディングボードの張替え
85〜110万円
モルタルからサイディングに張替え
20〜30万円
クラック(ひび割れ)の修繕
3〜10万円
外壁の高圧洗浄
10〜15万円

なぜ外壁リフォームが重要なのか

「家の壁にヒビが入っている」
「家の壁の塗装が剥がれてしまっている」

家にこのような症状が目立っている箇所はありませんか。

家は1年間365日、外気や雨風など外からの刺激から守っているため、塗装が剥がれてしまうことは避けられません。
塗装が剥がれて耐久性がなくなってくると、防水効果の低下やひび割れ、内部の劣化に繋がります。

外壁のリフォームは家の劣化具合によって、なにをやるべきかが変わってきます。

ご自宅ではどんな工事を行うのがいいか、費用はいくらかかるのか、この記事をぜひ参考にしてください。

外壁リフォームの3つの工事方法と費用相場

外壁リフォームと一口に言っても、価格帯は物件の状態や費用によってかなり広くなってしまいます。
例えば、ヒビ割れ修理など細かいものは5万円前後で済みますが、外壁材(サイディング)の張り替えなど大規模なものだと150万円〜300万円の費用がかかります。

外壁リフォーム工事には、大きく分けると、補修工事、塗装工事、新装工事の3種類の工事方法があります。
ご自宅の劣化具合や最後にリフォームをした時期によって、どの工事を行うのか選びましょう。

外壁の補修工事

補修工事は主に、ヒビ割れや壁のゴム製部分(シーリング)部分などを直す修繕作業が主になります。
劣化の状態や補修箇所にもよりますが、費用は50万円以下で済みます。
あくまで応急措置なので、3〜5年に1度行いましょう。

外壁の塗装工事

塗装工事は、剥がれてしまったり劣化してしまった外壁を塗料で塗り直す工事です。
工事をする外壁の総面積はもちろん、塗料の種類で耐用年数や価格も変わってきます。
一般的に、80万円〜150万円が相場です。
10年に1度の目安で、塗り替えをするようにしましょう。

外壁の新装工事

新装工事は、外壁材(サイディング)を既存の上から張るカバー工事と、外壁材(サイディング)を張り替えてしまう張り替え工事の2種類があります。
予算は150万円〜300万円ほどかかるのが一般的です。
外壁がかなり劣化してくる、20〜30年に1度が目安になります。
カバー工事の方が、既存の外壁を取り除く必要がなく、安くリフォームすることができます。詳しくは後半で解説しています。

外壁リフォームの費用相場

ひび割れ

10,000円~

コーキング処理

打ち替え

700~1,200円/㎡

打ち増し

500~900円/㎡

外壁塗装

80万円〜150万円

サイディング(1軒)

カバー工法

150万~200万円

張替え工法

200万~300万円

高圧洗浄

100~300円/㎡

では、今紹介した3種類の工事の内容について、詳しく見ていきましょう。

外壁の補修工事とは

補修工事は、家が抱えている問題によって工事内容は変わってきます。
家のヒビ割れや亀裂を補修する程度の工事なら20万円以下で済むことが多いです。
家全体の目地のシーリング(サイディングのパネル間などのクッション材)の交換する場合(足場工事費を含む)は、およそ20万~80万円かかります。

ヒビ割れ工事

ヒビ割れ工事費用

価格

1万〜20万円

耐用年数

約5年

ひび割れ(クラック)の幅や深さなどによって修理工法は様々で、工法や修理範囲によって費用は異なります。

ヒビ割れの箇所が複数あったり、高い場所にある場合は、足場を組む必要があるため、別途足場代10〜20万円(600円〜800円/㎡)がかかります。

工事を行うべきヒビ割れの目安は、幅1mm以上です。
幅が0.3mm以下のひび割れ(ヘアークラック)の場合は、しばらく様子見で大丈夫でしょう。

幅が1mm以上になると、内部に水分が浸透し、建物の骨組みの劣化に繋がるので、すぐに補修するようにしましょう。
また、原因が経年劣化だけではなく、建物の構造にある可能性もあるので、下地や構造の調査を検討することをおすすめします。

シーリング工事

シーリング工事費用

コーキング処理

30万〜50万円

耐用年数

約5年

シーリング工事(コーキング工事)とは、外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目をシーリング材で埋める工事のことです。 また、その材料などをコーキング材と呼びます。

シーリング工事(コーキング工事)の目的は、主に雨漏りを防ぐための防水性を高めることです。

シーリングは、紫外線等の影響を受けて、5年程度でひび割れ・肉やせ・はく離などの劣化が生じます。 経年劣化が起こると、防水性や伸縮性が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因になるので、定期的にシーリングの状態を確認することが大切です。

外壁の塗装工事とは 

外壁の劣化がさほど酷くないのなら、塗装工事を行いましょう。
張り替えに比べて工期も経費も抑えられます。
使用する塗料の種類によって価格や費用は変わり、価格の高い塗料の方が、耐用年数は長く期待できます。

また、塗装工事の際は足場を組んで工事を行うため、屋根塗装もまとめてやると、費用も抑えられる上に見た目も統一できて綺麗な仕上がりになるのでオススメです。

外壁塗装工事

価格

80万〜150万

耐用年数

10年〜20年

外壁塗装工事の費用相場と施工事例を紹介 

塗装工事費用は【外壁面積㎡】 × 【塗装単価円/㎡】で算出できます。

あくまで目安ではありますが、30坪の戸建ての場合、外壁のみであれば80~93万円、外壁・屋根両方の塗装であれば、98~130万円が相場です。

以下は、外壁面積150㎡(30坪相当)、シリコン系塗料を使用した際の見積もりの平均価格です。

外壁・屋根塗装の見積もり

足場代

16万円

外壁塗装

46万~66万円

屋根塗装

23万~33万円

その他諸経費

15万円

合計

99万~130万円

外壁塗装のもっと詳しい情報を知りたい方は、こちらの記事を参考にしていただけます↓
外壁塗装の坪数ごとの費用相場は?塗装工事をする時に必要な知識が丸わかり!

当サイトを通じてお見積もりいただいた事例も併せてご紹介しますので、費用と仕上がりの参考にしてみてください。

平塚市 外壁塗り替え 高耐候性

外壁塗装前
外壁塗装完了
BEFORE
外壁塗装前
AFTER
外壁塗装完了
工務店名
グッドリフォーム湘南
施工月
2015年7月
施工地域
神奈川県平塚市
住宅種別
戸建住宅
お客様のご要望
外壁を塗り替えしたい。
今後のメンテナンスを楽にしたい。
ここがポイント!
  • 今後を考えた施工

  • 負担軽減の塗装

  • ライフスタイルに合わせた施工

業者のコメント
高耐候性の塗料を使用する事で、塗り替えのサイクル、お客様のご負担を軽減する事ができます。
窓廻り、サイディングの繋ぎ目のコーキングの打ち直しからベランダ床の防水塗装と通常の外壁塗り替えだけではなく、メンナンスを考えた外装リフォームをご提案させていただきました。
工事費用
75万円

外壁塗装

施工前の住宅外観
塗装後の住宅外観
BEFORE
施工前の住宅外観
AFTER
塗装後の住宅外観
工務店名
株式会社大星建装
施工月
2017年1月
施工地域
東京都国立市
住宅種別
戸建住宅
お客様のご要望
派手にしたい
ここがポイント!
  • 光触媒によるセルフクリーニング

  • 当社は他社より価格が安い(光触媒)

  • 自社手による施工なので保証期間が長い

業者のコメント
外壁の色彩を変えました
工事内容詳細

足場工事
コーキング工事
塗装工事
屋根工事
光触媒塗装工事
以上200㎡未満
受注金額 (15年保証書発行) ¥1.000.000.- 税込

工事費用
100万円

次世代型塗装で、温暖化の地球でも家の中は、昭和時代の気温で快適生活

施工前の住宅外観
外装塗装後の住宅外観
BEFORE
施工前の住宅外観
AFTER
外装塗装後の住宅外観
工務店名
株式会社ユニバーサルハウス
施工月
2013年6月
施工地域
鹿児島県南さつま市
住宅種別
戸建住宅
お客様のご要望
ただの塗装だけでなく機能性を追求したい。
ここがポイント!
  • ロケットの最先端にも使われる材料で、熱に強く反射する。 温暖化の今の時代の塗料

  • 塗って、空気清浄効果があるので、毎日家の周りは、空気がキレイ!! ポプラの木30本にも匹敵する浄化作用

  • CMやTVなどでも数々、放映!! 国も認めた塗料

業者のコメント
お客様との話し合いで、只塗るよりも、機能性を追求したいとのご要望に応じて、セラミック塗料、ガイナをお勧めしました。
工事内容詳細

屋根・・コロニアル(ガイナ 2回塗り)
外壁・・サイディング(ガイナ 2回塗り)

工事費用
120万円

外壁塗装

塗料の種類を解説

外壁塗料は大きく分けてアクリル樹脂系、ウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、フッ素樹脂系の4種類があります。

戸建住宅で最も一般的に使われているのは、シリコン樹脂系です。
紫外線に強い上、防水性、防汚性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

フッ素樹脂系塗料は、シリコンより価格は高くなりますが、さらに長い耐用年数を期待できます。

ほかにも、太陽光で分解した汚れを雨で洗い流す光触媒や、暑さ寒さを伝わりにくくする断熱塗料など、機能性に優れた特殊塗料が豊富に流通しています。

塗料の種類と特徴

種類

1㎡あたりの価格

耐用年数

アクリル

1400〜1600円

5〜7年

ウレタン

1700〜2200円

8〜10年

シリコン

2300〜3000円

15〜20年

フッ素

3800〜4800円

20〜25年

おすすめの塗料についてはこちらで詳しく解説しています↓
塗料職人がおすすめする外壁塗料の人気ランキングを発表!

外壁塗装工事をするメリットとは

塗装工事をするメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 耐久性の向上
    塗料には汚れを弾いたり、紫外線を遮断する効果があるので、外壁や屋根を風雨や直射日光による劣化から守ってくれます。

  • 断熱効果
    冬は暖かく、また夏は冷房効果を高める働きがあります。 遮熱効果のあるものと併用することで効果が高まります。

  • セルフクリーニング効果
    光触媒塗料や、微細なセラミック樹脂を配合した塗料などでは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに自動的に洗い流すセルフクリーニング効果を持つものがあります。

外壁の新装工事(カバー工事と張り替え工事)とは

新装工事には、前述べたように、外壁材(サイディング)を既存の上から張るカバー工事と、外壁材(サイディング)を張り替えてしまう張り替え工事の2種類があります。

ひび割れ修理や塗り替え等では間に合わないほど劣化が進行している場合に、カバー工事張り替え工事で外壁を修理します。
一般的には、外壁の下地にまで劣化が進行している場合には、張り替え工事をすることになります。

サイディングボードとは、板状の外壁材のことです。シンプルなものからレンガ調などのものまで種類は豊富なため、家の外観をガラリと変えることも可能です。
とても軽くデザインも豊富な上、断熱性や遮音性など機能的にも優れており、近年では多くの住宅に使用されています。

カバー工事の費用相場と特徴

カバー工事

費用(延床面積120㎡の場合)

150万〜200万円

工期

2週間程度

耐用年数

30年以上

カバー工事のメリットは、張り替え工事と違い、既存の外壁材を解体撤去する必要がないため、工事の費用と施工期間を抑えられることです。 解体および撤去にかかる費用は約10万円が相場です。カバー工事では、この費用がかかりません。

また、施工期間についても、張替えでは約1カ月必要ですが、カバー工法では半分の約2週間でリフォームを行うことができるため、人件費等の面でもコストを抑えることができます。

施工期間の中身は、足場と養生シートの設置に約2日、下地の調整に約3日、サイディングの施工に約1週間、検査に約1日、足場の撤去と現場清掃に約1日がかかり、合計14日が目安として見ておきましょう。

張り替え工事の費用相場と特徴

張り替え工事

費用(延床面積120㎡の場合)

200万〜300万円

工期

約1ヶ月

耐用年数

30年以上

張り替え工事の最大のメリットは、住宅の外壁重量を増やすことなく外壁リフォームが行えるという点です。

カバー工事では、どうしても新しい外壁材の分だけ重量が増加してしまうため、耐震性がやや低下するというデメリットがあります。

張り替え工事なら、既存の外壁材を撤去して新しい外壁材を設置するため、この重量増加が起こらず、耐震性を維持したままリフォームを行うことができます。

また、使用する外壁材(サイディングボード)をある程度自由に選ぶことができるというのもメリットです。

外壁カバー工事の場合、重量の問題から軽量な金属サイディングボードを利用することが多いのですが、張り替え工事の場合は、窯業(セメント製)サイディングボードも使用することができます

金属サイディングボード、窯業(セメント製)サイディングボードの価格と特徴については、次で解説します。どちらがご自宅に適しているかの参考にしてください。

サイディングボードは大きく2種類ある

サイディング

金属系サイディング

約6000円/㎡

窯業系サイディング

約8000円/㎡

窯業系サイディング

窯業サイディングボードはセメントを主原料にしており、重厚な質感が特徴です。他の素材に比べて耐久性、耐火性に優れており、外壁材のシェアの70%を占める人気の素材です。デザインも金属サイディングボードに比べてバリエーションが豊かなので、自分の理想通りのデザインでの外壁リフォームが行いやすいのもメリットです。  

大田原市 サイディング外壁塗装 ダブルトーン

屋根・鼻隠し・雨樋・外壁・小庇板金・換気フード・基礎水切り板金・化粧胴差の基礎塗装 シーリング撤去打ち替え ・FRP防水工事 新規胴差取り付け 前
屋根塗装工事 前
壁塗装工事 前
排水溝 工事 前
屋根・鼻隠し・雨樋・外壁・小庇板金・換気フード・基礎水切り板金・化粧胴差の基礎塗装 シーリング撤去打ち替え ・FRP防水工事 新規胴差取り付け 後
屋根塗装工事 後
壁塗装工事 後
外壁塗装工事 後
BEFORE
屋根・鼻隠し・雨樋・外壁・小庇板金・換気フード・基礎水切り板金・化粧胴差の基礎塗装 シーリング撤去打ち替え ・FRP防水工事 新規胴差取り付け 前
屋根塗装工事 前
壁塗装工事 前
排水溝 工事 前
AFTER
屋根・鼻隠し・雨樋・外壁・小庇板金・換気フード・基礎水切り板金・化粧胴差の基礎塗装 シーリング撤去打ち替え ・FRP防水工事 新規胴差取り付け 後
屋根塗装工事 後
壁塗装工事 後
外壁塗装工事 後
工務店名
R・コーポレーション株式会社
施工月
2015年3月
施工地域
栃木県大田原市
住宅種別
戸建住宅
お客様のご要望
イメージチェンジをして外壁塗装したい
業者のコメント
新築の時のようにサイディングを一色にするのではなく、元々のサイディング外壁のように塗装したい、またイメージも変えたいとのご要望でした。イメージ通りの建物に生まれかわり満足していただけました。
工事内容詳細

屋根・鼻隠し・雨樋・外壁・小庇板金・換気フード・基礎水切り板金・化粧胴差・基礎塗装
シーリング撤去打ち替え
FRP防水工事
新規胴差取り付け

工事費用
180万円

金属系サイディング

金属系サイディングボードは窯業系(セメント製)より安価なのがメリットです。ガルバリウム鋼板やアルミでつくられており、中に断熱材が入っているため断熱性に優れた素材です。窯業系サイディングに比べて非常に軽く、家に負荷が掛かりにくいので耐震性も高いです。重量が軽いため、既存の外壁の上から張るカバー工法でリフォームするケースが一般的です。

鹿沼市 リシン外壁塗装 サイディング貼替

リシン外壁塗装 サイディング貼替 前
GL鋼板K型スパンドレル仕上げ 前
ひび割れ部シーリング 前
リシン外壁塗装 サイディング貼替前 正面
リシン外壁塗装 サイディング貼替後
ひび割れ部シーリング 後
GL鋼板K型スパンドレル仕上げ 工事後
外壁塗装工事 後
外壁塗装 サイディング貼替後
BEFORE
リシン外壁塗装 サイディング貼替 前
GL鋼板K型スパンドレル仕上げ 前
ひび割れ部シーリング 前
リシン外壁塗装 サイディング貼替前 正面
AFTER
リシン外壁塗装 サイディング貼替後
ひび割れ部シーリング 後
GL鋼板K型スパンドレル仕上げ 工事後
外壁塗装工事 後
外壁塗装 サイディング貼替後
工務店名
R・コーポレーション株式会社
施工月
2015年9月
施工地域
栃木県鹿沼市
住宅種別
店舗・オフィス
お客様のご要望
イメージを変えたいという一心です!
業者のコメント
今回使用させていただきました"ナノコンポジットw"艶消し仕様の高耐久性塗料です。北面外壁凸部をガルバリウム鋼板で囲いました。アクセント効果で美観性も更に向上しましたね!
工事内容詳細

南北面外壁リシン部塗装
北面外壁凸部 
GL鋼板K型スパンドレル仕上げ
ひび割れ部シーリング

工事費用
100万円

サイディングについて詳しくはこちらで解説しています↓
外壁サイディングの種類と価格は?メンテナンスやリフォームの注意点まで分かる!

外壁リフォームを火災保険で支払うためには

火災保険の基本保障としてついているのが、「風災・ヒョウ災・雪災、落雷」です。そのうち、「風災」による被害に該当すれば、あなたの入っている保険の規定に沿った保険料が支払われます。

火災保険は自然災害で起こった被害に対して保証するものですので、耐用年数がきて劣化した外壁には適応されません。つまり、外壁の修理・補修で保険金が下りるのは、台風などの強風で飛ばされてきた物が外壁にぶつかり、穴が開いたり壁の一部が剥がれたような場合などです。

事実を偽って保険金の申請をすると、詐欺罪に問われることがあります。さらに、「外壁の修理・補修は火災保険でおりるから、費用が高くなっても大丈夫ですよ」と強気に営業してくる、リフォーム会社には注意しましょう。

外壁リフォームの費用を抑えるポイント

メンテナンスは定期的にする

外壁リフォームで費用を抑えるために、メンテナンスは欠かさないようにしましょう。

外壁の点検は3〜5年おきに行いましょう。窓枠回り、外壁材のつなぎ目(コーキング)など、雨水が浸入しやすい場所が痛んでいないかを確認します。また外壁に亀裂やひび割れが生じているかも同時に確認し、こまめに補修作業をしていきましょう。

耐久性の高い材料を選ぶ

材料を選ぶ際には、なるべく耐久性の高い塗料、壁材を選ぶことでリフォーム費用を抑えることができます。

耐久性が高い分、初期費用は普通のものに比べてやはり値段は高くなります。
しかし、耐久性が高ければ高いほど、メンテナンスのスパンが長くなるので、安い塗料や壁材で何度も工事をするよりも、長い目で見ると結果的に費用が抑えられます

複数社の見積りをとって費用を比較する

複数社の見積りをとって費用を比較する相見積もりが、費用を抑えるひとつの手段となります。名前がよく知られている業者がどこでも適切な金額を出してくれるとは限りません。それぞれの家の状態によって必要な工事は異なり、業者が勧める工事内容や提示する費用も変わります。
複数の業者で見積もりを取ることでやりたいリフォームの適正な価格が分かるので、必ず相見積もりを行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

外壁リフォームのお役立ちコラム

Q.外壁塗装の塗り替えのタイミングって?

外壁塗装は、見た目だけの問題ではなく、外壁の下地を被膜で守るという重要な役割を持っています。

経年により塗装が劣化すると、剥がれたり、ヒビ割れたりして被膜が破れた状態になり、下地にまで影響を及ぼします。最悪の場合、住宅の構造部分である柱や土台なども劣化させてしまうことがあるので、使用している塗料の耐用年数に従って、きちんと塗り替えを行うことをお勧めします。

外壁の塗料として一般的によく使用されているウレタン系塗料の耐用年数は5~7年、価格が安く耐用年数が最も短いアクリル系塗料は3~5年、汚れがつきにくく耐久性も長いことから最近選ぶ方が増えてきたシリコン系塗料は7~10年、かなり高価ではあるが長期にわたって美観を保つことができるフッ素系塗料は12~20年と一般的に言われています。

ただし、ヒビ割れがある、カビ・苔が生えている、塗膜が膨れている、目地にヒビ割れがある等、目視で分かる劣化を見つけた場合は、塗料の耐用年数に関わらず、塗り替えを検討した方が良いでしょう。手で壁を触ると白くなるのも劣化の表れですので早めの対応をお勧めします。