2019年2月4日

エネファームの価格はいくら? メリットとデメリットも詳しく解説

エネファームは、販売された当初はかなり高額でしたが、近年は初期に出回っている商品はだいぶ安価になってきました。上手に利用すれば光熱費を削減できますし、停電時に電気を使用することもできます。この記事では、エネファームの価格だけでなく、メリットとデメリットも解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

エネファーム導入の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした エネファーム導入 を行う場合の概算費用です。

パナソニック(補助金適用前)
200〜230万円
東芝(補助金適用前)
200〜230万円
アイシン精機(補助金適用前)
220〜250万円

エネファームの価格はいくら?

エネファーム

エネファームは、水素を用いた発電方法により省エネしながら電気代の削減できるため、人気を集めています。
まずは、各メーカーが販売しているエネファームの価格と商品の特徴をご紹介します。

Panasonic(パナソニック)

エネファーム

出典:京葉ガス

商品価格

停電時発電継続機能あり

1,738,800円

(税込)

※工事費は含まれていません

  • 品番:FC-70GR13K(停電時発電継続機能付)
  • 発電出力:200~700W
  • 排熱出力:235~1,005W
  • ガス消費量(定格発電時):1.99kW
  • 寸法:高さ1,750 ㎜×幅400㎜×奥行400㎜
  • 質量(乾燥時/運転時):65㎏/70kg
  • 定期点検周期:約10年
  • 騒音値:38dB(A)(定格発電時)

東芝燃料電池システム

エネファーム

出典:西部ガス

商品価格

停電時発電継続機能なし

1,760,400円

(税込)

停電時発電継続機能あり

1,965,600円

(税込)

※上記の価格はリモコンセット+配線カバーがセットの価格になっていますが、工事費は含まれていません。

  • 品番:TM1-AG-NB(停電時発電継続機能なし)
  • 発電出力:250~700W
  • 排熱出力:250~1,000W
  • ガス消費量(定格発電時):1.8kW
  • 寸法:高さ1,000㎜×幅780㎜×奥行300㎜
  • 質量(乾燥時):86kg
  • 定期点検周期:5年
  • 騒音値:37dB(A)定格運転時

アイシン精機

エネファーム

出典:大阪ガス

商品価格

自立運転機能付きなし

1,863,600円

(税込)

自立運転機能付きあり

2,025,000円

(税込)

※リモコンセットを含みますが、配管カバーは含まれていません

  • 品番:192-AS07型(自立運転機能付き)
  • 発電出力:50~700W
  • 排熱出力:135~470W
  • 貯湯温度:約70℃
  • 貯湯タンク容量:28L
  • 電気方式:単相3線式100/200V(50/60Hz)
  • ガスの種類:都市ガス13A/LPガス
  • 最大ガス消費量:1.35kW(LHV) 1.49kW(HHV)
  • 寸法:高さ1220mm×幅780mm×奥行330mm
  • 質量:106kg(自立運転機能付き)・100kg(標準)
  • 運転音(定格運転時):37dB(A)ラジエータ停止時/39dB(A)
  • 形式:固体酸化物形

ご紹介したエネファームは24時間発電ができるタイプですので、給湯時のみ発電するタイプの商品ですと、100万円を切るものもあります。ご予算と家庭の使用状況に合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

エネファームを設置する際に費用をおさえるポイント

エネファーム

エネファームを導入すると、初期費用でも100万円以上かかることがありますが、費用が高くなる要因として、商品価格と工事費用が挙げられます。
ここでは、費用が高くなる要因を詳しく解説すると共に、費用を安くおさえるためのポイントについてもご紹介します。

エネファームの初期費用はなぜ高額になるのか

エネファームにかかる費用は、ご自身が希望するエネファームによってかなり違います。各メーカーで商品自体の価格にも違いがありますし、停電が発生した場合でも発電ができる、「停電時発電継続機能」が付いた商品は、価格が高くなる傾向にあるようです。

また、設置場所の状況によって必要となる工事が異なるため、工事費用が高くなることもあります。例えば、新築でエネファームを導入する場合と、既に導入していて交換する場合では、必要な工事が違うため費用にも差が出てきます。

新築に導入する場合は、各ハウスメーカーが提案している導入プランなどを参考にしてみると良いでしょう。
ちなみに、エネファームを導入する際にかかる工事費は、30万~80万円前後といわれています。

エネファームにかかる費用を安くする方法

エネファームを導入するにあたって、国と各自治体の補助金制度を利用できます。国の補助金が3万~15万円、自治体の補助金額は5万~50万円ほど差があります。国と自治体で併用する場合は差し引かれることがありますので、あらかじめ確認してください。

さらに、ガスの使用量は増えてしまいますが、各ガス会社にはエネファーム専用の料金プランが用意されていますので、利用するとガス料金の費用をおさえることができます。

各ガス会社では、購入から10年間はエネファーム本体と付属機器について、故障などの不具合を無償で修理してくれる、というサービスもあります。上手に利用すれば費用をおさえることができますので、積極的に活用していくとよいでしょう。

エネファームとは何か?

エネファーム

出典:京葉ガス

ご存知ない方のため説明しますと、エネファームは「貯湯ユニット」と「燃料電池ユニット」から構成されていて、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムが正式名称で、エネファームは愛称です。

ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と水素が化学反応を起こすことで発電を行います。そして、発電の排熱を利用してお湯をつくり出すという仕組みになっています。

このシステムにより、光熱費の削減をすることができますし、省エネにもつながります。戸建て住宅はもちろんですが、2014年には集合住宅にも取付けが可能なエネファームが誕生しました。

エコジョーズとエコキュートとの違い

エネファームと非常に間違われやすい機器で、エコジョーズ、エコキュートが挙げられます。名前は似ていますが、機能を知ると全く違う機器であることが分かります。ここでは、2つの機器との違いについて説明してます。

  • エコジョーズ

エコジョーズとは、省エネ効果の高いガス給湯器のことです。従来のガス給湯器は、水を一次熱交換器で加熱した際、外部に約200℃程の余分な熱を捨てていることから、20%程の熱を無駄にしていました。

エコジョーズではその捨てる熱を再利用するために、熱交換器がもう一つ付いていますので、外に排出される熱を約5%まで抑えられます。エネルギーの無駄が少ないことから、省エネ効果が高いといわれている機器です。

  • エコキュート

エコキュートは、電力会社や給湯器各メーカーの電気給湯器の愛称で、 正式名称は「自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯器」です。太陽光や風力と同じ、再生可能なエネルギーである大気中の熱を利用し、ヒートポンプ技術でお湯を沸かすことができるため、省エネかつ電気代も削減できるといわれています。

エコジョーズはガスを燃料としたガス給湯器で、エコキュートは電気でお湯を沸かす電気給湯器、エネファームはガスを利用して発電する燃料電池、と覚えておくよいでしょう。

エネファームを導入した方が感じたデメリット

エネファーム

  • 初期費用が高い
  • 設置するために場所を取る
  • 騒音が気になる
  • エネファーム単体では売電できない

エネファームは100万円以上の費用がかかることがあります。補助金を利用することで多少緩和できますが、お湯を沸かして溜めておくための貯湯タンクが別に必要ですし、漏水などの不具合が起こった時は修理代が必要になります。

また、エネファームは設置する際、商品によっては広い設置スペースを確保する必要があります。そして、稼働している際の音が気になるという方が多いのですが、最新の商品は運転時でも40db程度(日常で静かに感じるのは45dB以下)ですので、あまり問題ではないといえます。

その他にも、エネファームの出力は1kW程度とあまり大きくないため、多くの発電ではできませんが、消費電力よりも発電量が多ければ電力が発生します。 ただし、エネファーム単体では、売電(電力会社に電気を売る)ができないので注意してください。売電するためには電力系統の工事を別途行い、売電メーターを取り付ける必要があります。

エネファームを導入するメリット

エネファーム

エネファームには、省エネや光熱費の削減など様々なメリットがありますので、エネファームを導入することで期待できることについて詳しく解説していきます。

  • 光熱費の削減ができる
  • 省エネ効果がある
  • 停電時に電気を使用できる
  • ガス会社の特別プランが利用できる

エネファームは自家発電をするため送電ロスがなく、発電する際の排熱を有効利用してお湯を作るため、エネルギー利用率が非常に高く、光熱費を削減することができます。商品によっては発電量が画面で確認できるため、節電意識が高まるのではといわれています。

さらに、エネファームの発電時には二酸化炭素などの排出がなく、省エネにも貢献できますし、ガスを使用して安全にクリーンに電気を作るので、エコな発電システムであることも大きなメリットといえます。

エネファームの便利な機能には、停電時でも使用することができる、停電時発電継続機能というものがあります。これを利用すれば、災害時など地域で停電が発生したときでも、電気が使用可能です。

ガス会社によっては、エネファームを導入した方のための特別なプランがありますので、利用することでガス代を安くすることもできるでしょう。

エネファームを利用すると、どれくらい光熱費がお得になるのか

エネファーム

光熱費が安くなるといっても、どれだけ安くなるのか分からないと実感がわかないですよね。ですので、エネファームを利用したときの光熱費を具体的にご紹介します。

  • 例)4人家族でエネファームを利用した場合

エネファーム使用前(1年間)
ガス代 113,580円(月平均9,465円)、電気代 138,890円(月平均11,574円)

エネファーム使用後(1年間)
ガス代 126,650円(月平均10,554円)、電気代 48,330円(月平均4,027円)

ガス代は高くなってしまいますが、電気代が大幅に削減されるため、約8円万円近くお得になり、年間の電気量は約60%削減になるといわれています。

出典:西部ガス

全ての方に適用される金額ではないと思いますが、上手に使うことによって光熱費を削減することが可能です。

エネファームは太陽光発電の併用がおすすめ

太陽光発電

エネファームと一緒に太陽光発電も導入することで、W(ダブル)発電が実現できるため、自宅での発電量がさらにアップします。

夜間や雨の日はエネファームを利用し、日中の晴れている日は太陽光発電を利用できるため、自宅で使用する電気は自家発電でまかなうことも可能です。
二酸化炭素の排出を抑えられるため、地球環境にも優しいですので、予算に余裕がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電については、以下の記事で詳しく説明しています。
太陽光発電設置の費用相場とポイント
【2019年度】蓄電池は補助金を利用することでお得に導入できる

まとめ

まとめ

エネファームは初期費用が高い商品ではありますが、導入することで光熱費を削減できますし、省エネの効果も期待できます。補助金を利用することで初期費用を抑えられますし、太陽光発電を一緒に設置すると、発電量をさらに高めることができます。

また、エネファームはこれまでは戸建て住宅に取付けるものしかありませんでしたが、マンションなどの集合住宅への取付けもできるようになりました。耐震性や耐風性も高まってきているので、高層階での取付けも可能になっています。

今までマンションだからとエネファームを諦めていた方も、一戸建てで光熱費の削減に興味がある方も、ぜひ導入を検討してみましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

エネファームのお役立ちコラム

Q.エネファームは集合住宅でも設置可能?

これまでは戸建て住宅をメインに設置されてきましたが、2014年4月から集合住宅でも利用できるエネファームが誕生しました。戸建て住宅用のものよりも機器本体の気密性を高めることなどにより、マンションの開放廊下側のパイプシャフト内への設置が可能となりました。

エネファームは都市ガスを使って安全・クリーンに電気を作り、発電時に生まれた熱を有効に使ってお湯を作りだしてくれるエコシステムです。ガスの使用量は増えますが、エネファームを導入しているご家庭向けのお得なガス料金メニューがありますので、ガス代の増加額はぐっと抑えることができますし、電気代も当然大幅に抑えることができます。
また、エネファーム導入に*国の補助金制度が適用されますので、お得なこの機会に導入されることをお勧めします。