2018年5月18日

外構・エクステリアリフォームの費用相場とポイント

外構・エクステリアリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ウッドデッキのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で外構・エクステリアリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

外構・エクステリアリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 外構・エクステリアリフォーム を行う場合の概算費用です。

門扉交換
10〜30万円
フェンスの設置
40〜80万円
カーポートの設置
10〜30万円
ウッドデッキの設置
40〜150万円

外構・エクステリアリフォームのポイント

外構・エクステリアリフォーム

注意点1:外構、エクステリアをリフォームする方法は、そのユーザーがどのような形にしたかで決まります。例えば、駐車場の増設であったり、土の庭からコンクリートまたはブロックにしたり、反対に庭に芝や木を植えたりなどです。工務店や造園業者に依頼することになりますが、最近は外構、エクステリアリフォームを専門に請け負っている業者もあり、選択肢も増えています。

注意点2:新築の建物でもそうですが、これから作るものはイメージするしかありません。近年は、コンピュータによって、より現実に近い完成予想図を見ることもできますが、やはり実際の質感などは実物を見ておく必要があります。また植物を植える場合にはただ植えるだけではなく、手入れも重要になってきます。

 

外構・エクステリアリフォームで費用をおさえるポイント

外構・エクステリアリフォームの費用は、使用する材料や施工方法など、希望するリフォームの内容によって費用にも違いが出てくる他、現状の設備状況などによっても費用が異なります。例えばフェンスの設置では、素材や設置するフェンスの長さなどによって必要になる費用が異なってきます。リフォームの工事内容は様々なものがありますが、エクステリアなどにあまりこだわりすぎると、費用もかかってしまうので必要最低限のものだけを取り入れるようにすると費用をおさえることができるでしょう。

また花壇づくりや玄関アプローチにブロックを敷き詰める作業、植栽などは比較的簡単なので自分でも作業をすることができます。リフォーム工事では、専門的な技術が必要になる門柱などの設置は業者に依頼をして、簡単な作業は自分で行うことで費用をおさえることができます。

その他に費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。 また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うと更に費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。そして業者に依頼をする際は、複数の業者から見積もりを取って比較検討をしてみると良いでしょう。

外構・エクステリアリフォームとは?

外構・エクステリアリフォームとは、家の敷地となる部分に手を加えて設備や庭を整えることで、フェンスの設置、玄関アプローチの整備、植栽などがあります。リフォームのタイミングには、駐車場スペースを広げたいという場合や、近所に家が建ち目隠しが必要になったというケースがあるでしょう。

また庭の雰囲気を変えたい場合や、経年劣化によりフェンスが傷んできたという場合にもリフォームを行うと良いでしょう。

外構・エクステリアリフォームの種類とメリット

外構・エクステリアリフォームは、家族構成や周りの環境の変化があった場合や、建物と調和したデザインのエクステリアを取り入れたい場合などのタイミングで行うケースが多いでしょう。また門柱などのエクステリアに劣化症状が現れてきた場合にもリフォームを行います。エクステリアは門柱やフェンス、カーポートなどのことを指しますが、門柱一つとっても素材やデザインなど様々なものがあるので、使い勝手が良く建物の雰囲気と合うものを選ぶこともポイントになります。

その他にはアプローチなどのアクセントとなる敷石の種類も様々な素材やデザインのものがあります。敷き詰め方などによっても雰囲気を変えることができます。エクステリアについては、自分の好みに合ったものや建物や外構と調和するものを選ぶと良いでしょう。そしてこれらは年月の経過とともにあちこちが傷んできます。あまり傷みがひどいとやはり人目にも付きやすいので、早めに新しいものに取り替えるようにしましょう。

最近のものは、材質の良いものや新しいデザインも多く、取り入れることで外回りの印象もガラリと変えることができます。また敷地をトータルでデザインすることもでき和風・洋風にアレンジができる他、ガーデニングなどを趣味としている場合などはリフォームを行うことでより充実した環境を整えることができます。

外構・エクステリアリフォームを選ぶポイントと注意点

外構・エクステリアリフォームでは、業者選びも重要なポイントになってきます。こちらの意図するリフォームを行ってもらうためにもしっかりと打ち合わせを行うことが必要です。

そしてリフォームを行う時期は、なるべく暑い夏や冬は避けると良いでしょう。また造園などの植栽工事がある場合は、植える樹木によって移植の時期が決まっているのでその樹木に合わせて工事を行いましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

外構・エクステリアリフォームのお役立ちコラム

Q.外構エクステリアリフォームに適してた時期って?

外回りのエクステリアや外構も十年以上も経過すると、あちこちが傷んできます。またエクステリア製品も、新製品のデザインや材質の良い物が出てきています。

エクステリアリフォームを考えてみてはどうでしょうか。そしてその時期としては何時がよいのでしょうか。外回りの仕事ですので、暑い夏や寒い冬は避けるようにしましょう。気候の良い春や秋が良いのですが、造園などの植栽工事のある場合は、植える樹木によって移植の時期が決まっている場合があるので、その樹木に合わせて工事をしましょう。

特にその様な事が無い場合は4~5月が良いです。梅雨前に終わらせておくと、水はけや側溝などの雨水の流れなどがチェツクできます。植樹にも水が与えられ根付きが良いでしょう。秋は地域によっては台風の恐れがあるので避けたほうがよいでしょう。