2021年11月10日

井戸工事の費用相場はいくら? ボーリング工事の費用をお教えします

井戸工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で井戸工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る
リフォマなら最適なリフォーム会社が見つかります
  • 審査に通った安心のリフォーム会社を紹介
  • お困りごとに適したプロが多数在籍

井戸工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 井戸工事 を行う場合の概算費用です。

ボーリング井戸工事(20m)
30〜50万円
ボーリング井戸工事(50m)
60〜100万円
水中ポンプ設備工事
30〜45万円

まずは相談から

業者を予約

井戸工事での工事のポイント

井戸工事

昔は良く井戸のある住宅を見たものですが、最近はほとんど見ることがなくなりました。しかし井戸が有ると水道水の節水ができて、省エネにもつながる利点があります。井戸を設けるための井戸工事は、どの様な方法があるのでしょうか。

井戸工事の工法はだいぶ様変わりしてきました。井戸や温泉等を掘削する専門の会社があり、水脈のありそうな所を調査して、パイプの先端にドリルのついた機械で地中に入れてゆくボーリング作業を行います。

このボーリング作業で水脈にたどり着くと、硬質塩ビのパイプを水脈まで入れ込んでしまいます。パイプの上端にバルブやポンプを取付けて完了です。最初は泥水が出てきますが、流しっ放しにしておくとだんだんキレイな水になってきます。飲料水に使用する場合は、保健所で水質検査をしてもらい問題の無い事を確認してからにしてください。

 

井戸工事で費用をおさえる方法とは?

井戸工事の費用は、使用する材料や施工方法、井戸工事の内容、掘削に使用する機械、および現状の設備状況などによって違いが出てきます。

井戸堀の種類には「ロータリー掘削」「打込み井戸掘」等がありますが、

打込み井戸堀はパイプを地面に打込むだけの作業で比較的簡単な作業になるため、工期もかからず費用をおさえることができます

そして掘削作業を進めていく際に、岩盤という強固な岩が出てくると岩盤掘削という作業を行うことになるので、別途費用が必要になります。その他には井戸にポンプや砂こし器、蛇口を取付ける場合には商品代や取付けにかかる工事費用が必要になります。ポンプについては電動ポンプよりも手動ポンプを選んで取付ける方が費用も安く済むようです。また除臭・除菌装置を設置する場合にも別途費用が必要になります。

井戸工事では井戸の使用目的などによって取付ける部品やパーツを選ぶようにすると費用をおさえることができます。業者に工事を依頼する際はできるだけ複数の業者に相談し、見積を取って比較検討をしてみると良いでしょう。業者によっては工事をして水が出なければ、費用を支払わなくてもよいという保証を提供しているところもあるので、そういった業者を選んでみると良いでしょう。

井戸工事のリフォーム方法

井戸工事は住宅の敷地内などの地面を掘り、地面下の水脈から水をくみ上げてその水を使用できるようにすることです。使用目的に応じて井戸の口径や深さを決め掘削工事を行いますが、井戸掘りの種類には「ロータリー掘削」「打込み井戸堀」等の工法があります。掘削場所の地層等や状況により適切な工法を選択することになります。

工事は井戸工事などの掘削を専門にしている業者に行なってもらいましょう。

井戸工事の種類とメリット

井戸工事は新規で井戸を掘る場合や、既設の井戸の揚水量を増やしたい場合に改修工事として行うケースなどがあります。最近ではあまり見かけることがなくなってしまった井戸ですが、災害などの備えとして井戸の需要が高まってきているようです。井戸があることの一番のメリットはやはり、水道を使用しなくても済むので水道料金の節約ができるということではないでしょうか。

基本的には井戸は屋外にあるものですが、屋内に水を引き込むことも可能なので水質検査をクリアすれば飲用水としても活用することができます。そして災害などで水道が使用できないという場合にも井戸があると助かります。また屋外では、洗車やガーデニング、家庭菜園などにも活用することができるのでとても便利です。井戸掘りには「ロータリー掘削」や「打込み井戸掘」等がありますが、工事内容やメリットなども異なります。

そして掘削する地盤や掘削をする場所に適した方法を選ぶ必要があるでしょう。ロータリー掘削は回転させながら掘削をしていく方法で、地面を深く掘る場合幅広い地層に適しています。また打ちこみ井戸堀は、井戸を掘る広さがあまり無い場所での掘削に適している方法で工事内容も簡単なため、工期が短く他の方法に比べると費用をおさえることができるというメリットがあります。

井戸工事を選ぶポイントと注意点

井戸工事を行う際には場所によっては水脈が弱く、十分な水量が確保できない場合があるので事前に水量や水質検査をする必要があります。この調査結果によっては、井戸工事を行うことができない場合もあります。

そして井戸工事は技術と知識が必要になるので、しっかりとした安全対策のもとで工事を行う業者に依頼をすると安心です。また工事の実績が豊富な業者を選ぶと、なお良いでしょう。

近年はあまり行われない工事ではあるので、なかなか信頼できる業者を見つけるのは大変なことと思います。当サイト「リフォマ」では、そんなあなたに経験豊富な掘削業者をご紹介します!当サイトには多くの業者が登録されているため、その中で井戸の掘削にかかる見積もりを複数の業者で比較することができます。井戸の工事をお願いしてみたい、見積もりだけでもしてもらいたいという方はお気軽に下記のフォームでご相談ください!

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

井戸工事のお役立ちコラム

Q.井戸工事のメリットって?

住宅の敷地内などに井戸工事を行う方も存在しています。既存の井戸が使えなくなった状態の方から、新規に井戸工事を施工することを行う方も存在していますが、この場合ではいくつかのメリットを得ることができます。

井戸の水を使用する場合では、一般的に利用されている水道料金を必要としないために、家計的に余裕が生まれることになります。また、基本的には屋外に設置されているものになりますが、屋内に水を引き込むことも十分に可能とされていて、屋外部分では、例えば洗車を行う場面やガーデニング、家庭菜園などを行う場面でも非常に活躍することができます。

水質検査を必要としているものですが、クリアすることによって、飲み水としても活用することができ使用範囲が広がります。