2018年5月18日

足場設置の費用相場とポイント

足場設置の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で足場設置しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

足場設置の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 足場設置 を行う場合の概算費用です。

延床面積(〜140平米)
8〜15万円
延床面積(140〜150平米)
10〜17万円
延床面積(150〜160平米)
12〜19万円
延床面積(160〜170平米)
14〜20万円

足場設置のポイント

足場設置

外壁の塗装や防水をする場合は、外部に足場設置しなくてはなりません。この足場は安全を第一に施工する必要があります。その足場設置のポイントを考えて見ましょう。まず一番下の基礎の部分になる足元ですが、水平でなくてはなりません。レベルなどで水平を測定しながら、道板を敷いたり高さ調整をしながら水平に設置します。足場の外部側には安全のための手摺を設けたり、足元には足場から物が落ちないように、巾木を設置するようにしましょう。手摺は足場設置工事のときは先付けして、安全を確保して施工するようにしましょう。

足場が高くなったり面積が広くなったら、建物から繋ぎを取りましょう。コンクリート造の場合は躯体からアンカーを打って繋ぎ、完成時に補修して完了させます。

 

足場設置で費用をおさえるポイント

足場の設置費用は、足場設置の内容や設置面積、足場の高さなどによって違いが出てくる他、足場を設置する期間によっても費用が異なってきます。また足場専門業者に直接依頼する場合と外壁塗装業者などが自社で行う場合、またその業者が外注に出して足場を組み立てる場合とでは必要になる費用がそれぞれ異なります。

足場の種類には「単管足場」や「クサビ足場」、「枠組み(ビティ)足場」などがありますが、クサビ足場は組み立てや解体が簡単な作業で組み立てに必要な部材も少ないため、費用をおさえることができます。その他の費用をおさえるポイントとしては、足場を組む必要があるいくつかの作業をまとめて一緒に行うということです。例えば外壁塗装と一緒に屋根の塗装や補修を行うと、足場設置にかかる費用が無駄にならずに済みます。

そして足場設置では「足場架面積」×「平米単価」で足場にかかる費用を自分でも算出することができます。足場架面積とは足場をかける面積のことで「(住宅の外周+8m)×高さ」で求めることができるようになっています。この平米単価は業者によって様々なので、複数の業者から見積もりを取って比較検討をしてみると良いでしょう。できるだけ安い平米単価を提示してくれる業者に依頼をすることで、費用をおさえることができます。

足場設置とは?

一般住宅やビルなどの外壁や屋根の塗装・修理などを行う際には、作業者が安全に作業するために建物の外部に必ず足場を設置することになります。足場には「単管足場」や「クサビ足場」といった種類があり、作業環境などによって適切な足場が組まれます。

そして足場の設置は、足場組立の技術や資格を持つ業者に行ってもらいましょう。 最近ではクサビ足場を専門とする業者も増えてきているようです。

足場設置の種類とメリット

一般住宅では外壁塗装や補修、防水工事、また屋根の補修を行う場合には建物の外部に足場を設置することになります。この足場は作業員が安全に作業するために必ず設置することが必要です。足場を設置することにより、脚立やはしごなどでは届きにくい所にも手が届き作業を行うことができます。また作業者は安定した場所に立って作業を行えるので、作業効率が上がり丁寧な仕事をすることができます。

そして外壁塗装などを行う場合には、足場にネットを掛けることにより塗料が近隣住宅へ飛んでしまうことを防止しすることができます。足場の種類には「単管足場」や「クサビ足場」、「枠組み(ビティ)足場」といったものがありますが、足場によってメリットなどは異なります。単管足場は鉄パイプを組み合わせてボルトで固定をしてつくる足場で、狭い土地でも設置が可能であるというメリットがあります。

またクサビ足場はクサビが付いたパイプをハンマーで固定してつくる足場で、強度や耐久性に優れ作業時間の短縮もできるというメリットがあります。そして枠組み(ビティ)足場は、型枠にパイプをはめ込んでつくる足場で、足場工事の中で最も一般的なものになります。強度があるということがメリットになります。このように住宅の外壁補修などにおいては、足場の設置は安全面や作業効率の面、近隣住宅への配慮を行うという点からも言えるように、とても重要な作業の一つになります。

足場設置を選ぶポイントと注意点

足場設置作業では、工事関係者の中に「足場の組み立て等作業主任者」の資格を持つ責任者が必要になります。この責任者が足場の組み立てや解体作業、安全面においての指示等を行います。そして足場を組み立てる際、近隣の住宅との距離が近すぎる場合には、隣家の敷地に入って作業を行うこともあります。

ご近所とのトラブルを避けるためにも、隣家や周辺の住宅には事前に挨拶をしておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

足場設置のお役立ちコラム

Q.足場設置の重要性って?

外壁や屋根などの修理を行う場合や、リフォームを行う場合に、足場を設置することで、工事業者が安全な状態で仕事をすることが出来るようになります。

また、脚立やはしごなどでは届きにくい所にも手が届き、作業を行うことが出来るため、漏れのない工事を行うことが出来ますし、安定した場所に立って工事をすることで、丁寧な仕事をすることが出来るようになります。

丁寧で漏れのない仕事をしてもらうためにも、足場設置はとても重要なものなので、費用を出してしっかりと行ってもらうことが大切です。