2018年5月18日

太陽熱温水器撤去の費用相場とポイント

太陽熱温水器撤去の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で太陽熱温水器撤去しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

太陽熱温水器撤去の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 太陽熱温水器撤去 を行う場合の概算費用です。

太陽熱温水器撤去
3〜8万円
修理費用
1〜3万円
タンク洗浄費用
1〜2万円

太陽熱温水器撤去のポイント

太陽熱温水器撤去

太陽熱温水器はあると便利で、特に夏場は燃料費の大幅な節減になります。しかし故障したり使わなくなったら、屋根のために良くないので撤去しましょう。それでは、太陽熱温水器撤去をお願いする時は、どの様な事に注意すべきでしょうか。まず太陽熱温水器への給水管や温水の帰り管の撤去です。バルブで止めて撤去しますが、良く配管を調べて他の配管に支障の無い様に撤去します。

次に太陽熱温水器の水を抜かなくてはなりません。この場合は急激に抜かずに、少しずつゆっくりと抜く事です。急激に抜いて軽くなると、屋根に反動が出て割れや歪の出る事があります。そして太陽熱温水器撤去ですが、解体して降ろしても、クレーンで降ろしても良いですが、屋根にぶつけたりしないように注意して降ろしましょう。降ろした後の屋根の状態も調べて、割れやへこみがないか確認しましょう。

 

太陽熱温水器撤去で費用をおさえるポイント

太陽熱温水器の撤去費用は、撤去する太陽熱温水器の種類やサイズによって異なる他、現状の設置状況や撤去後の処理の内容によっても違いが出てきます。太陽熱温水器は通常、屋根の上に設置されていますが、1階の屋根と2階の屋根に設置されている場合とでは若干ですが、撤去にかかる費用にも異なってきます。

1階や2階の屋根に設置されている場合は、可能であれば屋根の上で太陽温水器自体を解体して降ろすことができますが、2階以上の屋根に設置されている場合では、クレーンなどの重機を使用して撤去を行うので運搬費などの諸経費が必要となり、その分費用も高くなってしまいます。その他には太陽熱温水器を撤去した後の処分費などが必要になります。太陽熱温水器の撤去は業者に依頼することになりますが、業者によって撤去費用や撤去後の処分費などはそれぞれ異なります。

また出張費なども業者によって様々なのでよく確認をしておくと良いでしょう。依頼をする際には、複数の業者から見積を取って比較検討をして、見積書の内容についても適正であるかどうかの確認をしてみると良いでしょう。そして作業内容が明確にしてある業者を選ぶことが、撤去にかかる費用をおさえることにつながります。

太陽熱温水器撤去とは?

太陽熱温水器は、太陽光を利用した発電や温水器機能を持つ設備ですが、故障や使用しなくなった場合は撤去する必要があります。太陽熱温水器はソーラーシステムと貯水タンクが一体化となったものや、それらが別々になったものがありますが、撤去の際にはいずれのタイプでも配管や給水管の撤去などから順に行っていきます。

屋根の上のソーラーパネルはそのままにしておくと屋根への負担もかかるので、早めに撤去しましょう。

太陽熱温水器撤去の種類とメリット

太陽光温水器は、比較的古い時代に流行した太陽光を利用した発電や温水器機能を持つ設備ですが、経年劣化が進み故障しているものや使用しなくなったというご家庭も増えているのが現状のようです。故障などにより使用しなくなった太陽光温水器を屋根の上にそのまま設置しておくのは大変危険なので早めに撤去しておく必要があります。というのも太陽熱温水器自体の重量は100~300kgと大変重く、中には満水時になると500kg近くにまでなるものもあるからです。

常に屋根には重量がかかっている状態になると、地震が起きた際には屋根の重さにより家が倒壊してしまう恐れが出てきて大変危険です。その他には、台風や竜巻などの影響を受ける場合もあります。撤去作業の内容としては、ソーラーパネルや貯水タンクの撤去を行いますが、配管や給水管の撤去も必要になってきます。太陽熱温水器の種類にはソーラーパネルと貯水タンクが一体型のものやこれらが別々になっているものがあるのでそれぞれのタイプでは若干作業内容が異なってきます。

また屋根の上で解体する場合や、クレーンなどの重機を使用して撤去する場合があり、太陽熱温水器の設置場所や状況などにより適切な方法が選択されます。このように太陽熱温水器を使用せずにそのまま設置しているというご家庭は、災害などから建物を守るとともに私たちの身を守るためにも早めに撤去されることをおすすめします。また、エコキュートなどに切り替えるという場合にも撤去をする良いタイミングになるでしょう。

太陽熱温水器撤去を選ぶポイントと注意点

太陽熱温水器の撤去ではまず、給水管や温水の帰り管の撤去を行いますが、他の配管に支障の無いように撤去する必要があります。そして温水器の水を抜く際には急激に抜いてしまうと、屋根に反動が出て割れや歪みが出てくることがあるので少しずつゆっくりと抜きます。

また太陽熱温水器は、屋根上で解体したりクレーンを使用して撤去しますが、その際は屋根が破損しないように注意する必要があります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

太陽熱温水器撤去のお役立ちコラム

Q.太陽熱温水器撤去のタイミングって?

太陽光温水器と言うものが存在していて、比較的古い時代に流行していたものとして知られています。

名称通り、太陽光によって温水を作る出す効果を持っているものになりますが、多くのケースで経年劣化が進んでいることになるために、場合によっては太陽熱温水器撤去を利用することが必要になるケースが見られます。

そのタイミングとしては、完全に機能をしていない状態のものがあります。この場合では、屋根にかなりの重量が掛かっているために、地震対策としても早期に撤去することが必要になります。また、機能をしている状態であっても、太陽光と同時に電気を使用しているタイプも存在しています。

現在では省エネ機能が備わった機器類なども用意されているために不要に感じた際には早期に撤去することが得策です。