2018年5月18日

庇(ひさし)の取付・修理の費用相場とポイント

庇の取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で庇の取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

庇(ひさし)の取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 庇(ひさし)の取付・修理 を行う場合の概算費用です。

庇取付
5〜30万円
庇補修
1〜3万円
庇塗装
3〜5万円

庇取付、修理のポイント

庇取付、修理

最近の住宅は窓の上に庇を設けない造りが多いようですが、できれば設けるようにしましょう。庇は出入口である玄関や窓の上部に取付けします。これは雨の吹き込む事を防いだり日差しが室内まで入り内装材を日焼けさせないためです。この庇の取付や修理の時の注意点を考えて見ましょう。玄関はかなり大きくなるので、柱や腕木などを設けて下らないように、そして修理の時に人が乗っても大丈夫なように強度を確保しましょう。

窓の上部は雨の吹き込みや日差しの入らないだけの出を確保し、開口幅のの広いものは中央部が下らないように、腕木の強度に注意しましよう。また軒先や軒裏等は外装版や防火板などの、腐食のしにくい材料を使用しましょう。

 

庇の取付・修理で費用をおさえるポイント

庇の取付けにかかる費用は、施工方法や希望する庇の種類及び現状の設備状況などによって異なります。また修理についても、現状の状態により必要な工事も異なるので費用にも違いが出てきます。庇の種類には、玄関などの入り口に取付けるものと窓の下に取付けるものがありますが、それぞれ間口のサイズが異なるため、商品の価格も異なります。

そして材質の種類によっても価格に違いがあります。材質の種類には木製やアルミ製、ガルバリウム製のものがありますが、価格は木製のものが一番高く、ガルバリウム製のものが一番安くなっているようです。費用をおさえたい場合は、間口のサイズや材質の種類を考慮しながら選ぶと良いでしょう。庇の取付けは新築で庇を取付ける場合に比べ、リフォームで後付けする場合は取付けや取り外しの費用が発生するので、やはり費用も高くなってしまいます。

その他の費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。 また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うと更に費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。修理についても複数の業者から見積もりを取って、比較検討をしてみると良いでしょう。

庇の取付・修理とは?

庇は住宅の玄関や勝手口などの入り口や窓の上部に取付けられている小型の屋根です。庇が取り付けられていることにより、雨の吹込みや直射日光を防ぐことができます。また外壁の雨だれによる汚れも防ぐ役割を果たしています。

庇の修理は経年劣化による場合に必要になることが多く、腐食やサビ、雨漏りが発生した場合には部分的な修理か交換かのどちらかを行う必要があります。

庇の取付・修理の種類とメリット

庇を出入り口や窓に取付けておくことで、雨や雪が吹込みを防ぐことができる他、窓から入ってくる直射日光や紫外線を防ぐこともできます。その他には、雨だれによる外壁の汚れの付着も防ぐことができます。

例えば窓を開けている時に、急な雨が降ってきても小雨なら室内に入り込むことを防いでくれるのでフローリングや畳がぬれてしまうこともありません。また直射日光によるフローリングや畳、家具などの日焼けも防いでくれます。そして庇の間口のサイズも様々なものがあるので、それぞれの間口に合わせて取付けが可能で、庇の出幅を大きくとるとさらに効果が期待できるようになります。

庇に使われている材質には、木製やアルミ製、ガルバリウム製などの種類がありますが、木製は日本家屋に適していて外観に風情を持たせることができます。ヒバなどの耐水性や耐久性に優れたものが多く使われています。

またアルミ製は消音性や耐久性に優れているというメリットがあり、ガルバリウム製はキズが付きにくく耐摩耗性に優れ、遮熱効果もあります。その他には寒冷地域などの積雪の多い地域での取り付けに適しています。庇の修理については、経年劣化により雨漏りなどが発生した場合は業者に依頼をして修理か交換かの判断をしてもらう必要があります。そして材質によりサビなどが発生した場合には、定期的な塗装や張り替えなどのメンテナンスが必要になります。

庇の取付・修理を選ぶポイントと注意点

庇の取付けの際には、材料や強度に注意する必要があります。玄関の庇は、柱や腕木などを設けて強度を確保しておきましょう。また窓の上部は雨の吹込みを防げるだけの出幅を確保し、開口部の幅の広いものは中央部が下がらないように腕木の強度に注意しましょう。

そして軒先や軒裏は腐食のしにくい材料を使用し、庇が劣化している場合は部品が取れて落下する恐れがあるので、早めの修理などが必要です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

庇取付、修理のお役立ちコラム

Q.庇取付・修理のメリットについて

庇は窓の上に取付けるものですが、庇と同じ様な役目が屋根の軒です。

庇を取付けておく事で、小降りの雨の時は窓に直接雨が当たる事はありません。また庇の出を大きく取ると、雨掛も少なくなるし夏場の直射日光を避けられます。

この様に風を通すために窓を開けている時に、急に雨が降ってきても小雨なら室内に降りこむ事が無いので、フローリングや畳を濡らす心配がありません。また窓を開けていても直射日光が入らないので、フローリングや畳が日焼けする心配がありません。この様な利点があるのです。

しかし木製の場合は風雨に晒されているので割れや腐食の出る場合があります。修理をする場合は今後腐食しないようなサイディング版などを使うと良いでしょう。どうしても木材で修理する場合は雨に強い桧材が良いでしょう。