2018年5月22日

店舗の設備工事やメンテナンスの費用相場とポイント

店舗の環境を整えたり改装を行うときには、あらゆる設備の導入やメンテナンスが必要になります。空調工事や電気工事など、必要となる設備工事や費用の目安をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

店舗の設備工事やメンテナンスの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 店舗の設備工事やメンテナンス を行う場合の概算費用です。

脱臭ファン
30〜45万円
給水ポンプ
70〜100万円
空気ダクト
20〜35万円
電設機器
50〜80万円

店舗の設備工事やメンテナンスについて

店舗を営業するためには空調や電気など、様々な設備が必要です。
設備はただ導入すれば良いものではなく、店舗の規模や状況に合わせてどのような設備をどこに設置すべきかを明確にした上で導入しなくては、店舗の快適性は向上しません。
店舗に必要な設備の工事内容と費用について見ていきましょう。

店舗リフォームの注意点についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。
店舗リフォームの注意点とは

店舗の設備工事・メンテナンス内容と費用について

空調設備

空調設備とはエアコンのことを指します。店舗の場合業務用エアコンが設置されることが多いですが、店舗の規模によっては家庭用でも対応可能なことがありまます。
エアコン工事は、エアコン本体の設置だけでなく、室外機の設置や配管工事が必要です。

エアコン本体は、水漏れ防止と設置後のメンテナンスのために、天井や壁からスペースを設けて設置しなくてはなりません。
室外機は設置場所の温度で運転効率が異なるため、設置環境を考慮する必要があります。
これらと店舗内のエアコン効率を高めるのに適した場所を考えて、業者はエアコンの設置場所を決めます。

ここまでは業者の定める標準の費用で工事が可能ですが、追加費用のかかる工事があります。たとえばエアコンと室外機の距離が遠く、エアコンと室外機をつなぐ配管パイプの延長が必要となったり、店舗が2階以上にあり、エアコンの搬入に高所作業を伴う場合などです。

店舗の空調工事についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。
空調工事の費用相場とポイント

給排気設備

厨房設備のある飲食店では、給排気設備も必要です。
給排気設備には換気扇の他に、脂を含んだ湯気や煙を排気設備に誘導するフードや、湯気や煙の脂のみをキャッチしてダクトが油まみれになるのを防ぐグリスフィルターなどが含まれます。

設備は店舗の中でお客様の目につかないものでありながら工事費用の高い工事であるため、できる限り費用を抑えたいという方は多いです。
換気設備は排気量が増える程価格が高くなるため、小さなファンを選んで費用を抑えようと考えるかもしれませんが、調理で発生する煙に対し排気量とダクト配管の太さが十分でなければ、煙は吸われません。必要な換気量を計算して、設置すべきファンが決まります。
また、ダクトの清掃が十分でないとファンが故障し、排気が十分に行われなくなります。ファンの交換費用がかかるのを防ぐために、定期的にダクトの清掃を行いましょう。

電気設備

店舗の雰囲気をつくるための照明を取り付けたり、防犯カメラ等の防犯対策工事が含まれます。照明器具やスイッチ、配線の数が増える程費用がかさみます。防犯カメラは、店舗閉店後の犯罪抑制効果が見込まれます。防犯カメラもそれを録画するための機器も性能により費用は変動します。

給排水設備

水回りに関する設備の工事となります。店舗内の水回りと聞くとトイレの他に、厨房を思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、美容院などのシャワー台も水回り工事に関わります。
水を使うことの多い業態の店舗は、給排水工事の費用が高額になります。居抜き物件の場合、トイレの位置を変更したり、配管を増やす必要があれば、費用がかさみます。

給排水設備の点検は、水の安全性を保つためには欠かせません。定期的な点検と清掃を行い、店舗の清潔性を保ちましょう。

厨房設備

厨房設備は、飲食店では必要不可欠なものです。
メニューによって必要な調理器具が異なるだけでなく、厨房内は動線を考慮したレイアウトが必要です。

調理器具は種類が増えるほど費用がかさむため、限られた器具でも多様な調理の可能なメニューを考案することが、費用を抑えることにつながります。
動きやすいレイアウトの厨房を費用を抑えながら工事してもらうためには、飲食店の施工経験のある複数の業者に見積もり依頼をすることをおすすめします。

業者によって得意な業態の店舗は異なり、施工経験のある店舗の方が、業者は店舗にあう設計プランの提案がしやすいです。また、相見積もりにすることで、競争原理を働かせて費用を抑えられるだけでなく、費用相場を把握することにもつながります。
予算内で使いやすい厨房をつくりましょう。

店舗リフォームの種類と費用についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

まとめ

店舗で必要な設備に関する工事と費用についてご紹介しました。
店舗内の設備はお客様の目に見えないものであるにもかかわらず高額であるため、費用を抑えたいと考える方は多いです。

しかし、設備は店舗の居心地を左右する大切なものです。店舗の状況に合う規模の設備を導入しないと設備の効果が発揮されず、工事は無駄になってしまいます。
ご自身の業態の店舗のことを知っている業者にどのような設備をどのように設置する必要があるのかを見てもらいながら、店舗に適切な設備の工事を行いましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

機械据付け工事のお役立ちコラム

Q.機械据付け工事をするのに必要なことって?

オフィスに関わる作業には、さまざまな種類があります。オフィスで働いている人でも処理することができる工事もありますが、たいていの場合は、専門の業者に工事を依頼することが必要になります。たとえば、機械据付け工事のような工事は、複雑な作業があるため、一般の人が行うことは困難なのです。

工事作業を業者に依頼する場合は、どのような依頼をするのかを明確に決めておくことが大切です。しっかりと計画を立てておかないと、依頼を受けた業者も作業をしづらくなってしまいます。十分に計画を立てた上で、見積りを出してもらうことが必要です。 見積りの金額を見て、機械据付け工事の費用の相場と合っているかを確認し、安心できたら依頼をします。