2018年5月22日

空調工事の費用相場とポイント

この記事では、空調工事の金額・費用相場・価格の目安をご紹介しています。 豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマでは空調工事のリフォーム・修繕に対応できる、お近くの工務店を簡単に探して見積もりを依頼できます。 空調工事をお考えの方はぜひご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

空調工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 空調工事 を行う場合の概算費用です。

業務用エアコンの取付工事(天井カセット型)
12〜30万円
業務用エアコンの取付工事(天井吊り形)
11〜25万円
業務用エアコンの取付工事(床置)
10〜20万円
家庭用エアコンの取付工事
1〜5万円

店舗には業務用エアコンがおすすめ

家庭用のエアコンは基本的に部屋の広さを元に機種選択をしますが、店舗やオフィスに家庭用エアコンを何台も導入するのは、非常に効率が悪いものです。
ブレーカーが頻繁に落ちることもありますし、電気代も高額になってしまいます。

店舗やオフィスでは、安価で簡単に手に入るからといって家庭用エアコンを使用するのではなく、業務用のエアコンを選ぶことをお勧めします。

家庭用エアコンは6畳用や10畳用といった単位で販売されていますが、業務用エアコンの能力は馬力で表示されています。

どの馬力が相応しいかは、単に店舗の広さだけではなく、そこでどのような業務を行うかによって異なってきます。

当然飲食店や美容院のように熱を使用する店舗では強い馬力のものが必要になりますし、そうではない小売店やオフィスであれば、そこまでのものは必要ありません。

また設置する際には、お客様に直接風を当てない、室内の入り口付近と奥で温度ムラをつくらない、飲食店であれば料理に直接風を当てない、といったことを考慮して場所を決める必要があります。

どの馬力のエアコンが最適なのか、どこに設置するのがもっとも効率的なのか、専門業者によく相談して決めると良いでしょう。

空調工事にかかる費用相場は?

一般的な家庭の用エアコン工事の費用は1万円~5万円です。
業務用エアコン工事の費用は、10万円~25万円が相場と言えるでしょう。

それでは、空調工事のよくある施工事例と費用の概算を見ていきましょう。

※下記の費用は様々な施工費用、機器類の撤去処分費用なども含んだ空調工事の概算費用であり、実際の空調工事の状況や必要諸経費等で変わっていきます。

価格相場

※家庭用エアコン
<一般家庭用> 1万円~5万円

※業務用エアコン
<天井>
・天井カセット形
12万円~30万円

・天井吊り形
11万円~25万円

・天井ビルトイン形
15万円~30万円

<壁掛け>
10万円~20万円

<床置き>
10万円~20万円

空調工事の工事内容

エアコンには一般家庭で普及している「家庭用エアコン」と「業務用エアコン」があります。
非常に大きな住宅やオフィスビルであれば、業務用エアコンが普及しています。

室内機を天井に埋め込む「天井カセット形」や天井に吊る「天井吊り形」、床に置いて使用する「床置き形」など様々なものがあります。

それぞれ、タイプによって取り付け方法や工事内容が異なります。
そして空調工事とは、新築や既存建築物のエアコンの新規設置や増設、移設、撤去工事などがあります。

主な工事内容としては、電気工事やリモコン配線工事、冷媒配管工事などを行います。

空調工事の工事の流れを解説

空調工事の工程は、家庭用エアコンか業務用エアコンかで若干の違いはありますが、大まかな作業工程の流れは同じです。
その作業工程は以下の通りです。


https://pixabay.com/ja/photos/?image_type=&cat=&min_width=&min_height=&q=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3&order=popular

・マスキング(養生)
・配管用の穴あけ
・室内機の設置
・室外機の設置
・真空引き

・マスキング(養生)
エアコンの取り付けは室内だけでなく、室外機を取り付ける外でも行われます。
壁や床を傷つけ汚してしまう恐れがありるため、シートやマスキンングテープを用いて室内の壁や床、室外の外壁や庭を保護していきます。

・配管用の穴あけ
エアコンはフィルターを通して空気の循環をしています。
暖かい空気や冷たい空気を循環させるので、どうしても結露が溜まっていきますが、それを排出するための配管が必要になります。

配管を通すための穴を壁にあける際は、壁の中に耐久性に関わる柱が存在していることがあり慎重に行わなくてはなりません。

損傷させてはいけない部分をセンサーで確認し、問題がない場所に穴をあけていきます。
次にスリープと呼ばれるプラスチック性の穴を挿入して、最後に配管を通します。

・室内機の設置
室内機を取り付けるためには、アース付きのコンセントが必要です。
取り付けたい位置にアース付きのコンセントがない場合は、コンセントの増設工事が別途必要になります。

・室外機の設置
室外機の設置場所は、平らであることが条件です。
平らな場所がない場合は、ブロックなどを用いて平らな環境を作ります。

その後、室外機を設置したら室内機と配管を繋ぎます。

・真空引き
真空引きは配管の中を真空状態にする工程です。
配管内に空気やゴミが入っていると、エアコンの運転の際にゴミが詰まって誤作動や故障につながる可能性があります。

なお、取換えの場合も作業工程はほぼ変わりません。既存の場所ではなく、エアコンの位置を変更する場合は、再度配管用の穴あけやコンセントの増設が必要になる場合があります。

空調工事の種類とメリット


https://pixabay.com/ja/photos/?image_type=&cat=&min_width=&min_height=&q=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3&order=popular

一般的な住宅であれば家庭用エアコンが最適ですが、大きな住宅、オフィス、店舗では、取付ける場所の広さによって適切な業務用エアコンを取付ける必要があります。

例えばオフィスの場合は、エアコンの風が直接人に当たらないように工夫したり、省エネタイプのものを取付けると良いでしょう。

また飲食店の場合は適切な馬力のものを選び、停電時にも対応できるバックアップ制御のできるものを取付けておくと安心です。

エアコンの取付けタイプには、天井と一体化し、見た目もスッキリとした「天井カセット形」や、本体を天井に設置し、吹き出し口は本体から離れた場所にダクトでつなぐ「ビルトイン形」があります。

天井カセット形には、4方向タイプと2方向タイプがあります。

4方向タイプは吹き出し口が4方向にあるため、空間の真ん中に設置することで室温をムラなく一定にする事が可能です。
ある程度広さのある空間には最適です。

2方向タイプは吹き出し口が2方向あります。
設置はすっきりと収めることができるので、それほど広くない空間には最適です。

ビルトイン形はダクトをつないで様々な場所に吹き出し口を持っていけるので、パーテーションで区切られているオフィス空間に適しています。

また天井への取付が困難な場合には「床置き形」がおすすめです。
業務用エアコンの中では工事も比較的簡単で早く済むので、もっとも設置費用を抑えられます。

天井カセット形などに比べると、手入れなども簡単に行うことができます。

その他には「天井吊り形」などがあります。 天井吊り形は、天井に埋め込みのスペースがない場合でも天井に設置することができます。

ただし天井から本体がむき出しであるので、見た目にこだわる際は本体のデザインも考慮したものを選ぶと良いでしょう。

そしてオフィスの空調方式には、「個別空調方式」と「セントラル空調方式」の二種類があります。

個別空調方式はテナント単位や各部屋毎に空調をコントロールすることができる方式です。
いつでも自由に空調を稼働させることができるという点ではとても便利です。

一方のセントラル空調方式はビルの管理会社によって空調の運転が管理されていることが多く、ビル全体の空調を一斉に行う方式です。
この場合は空調温度や運転時間が決められてしまいますが、温度や湿度はいつも適切な状態を維持することができます。


https://pixabay.com/ja/photos/?image_type=&cat=&min_width=&min_height=&q=%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9&order=popular

店舗リフォームの種類についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。
店舗リフォームの種類

空調工事で費用をおさえるポイント

空調工事の費用は、使用する部材や施工方法、空調工事の内容、および現状の設備状況などによって違いが出てくる他、取付ける空調のタイプによっても費用が大きく異なってきます。

そしてオフィスや店舗の空調工事では、水道工事等と同様に居抜き物件を利用するかスケルトン物件を使用するかによって費用が大きく変わってきます。

居抜き物件の場合は空調の容量などをそのまま利用することができれば工事の必要がないため、費用をおさえることができるでしょう。

業務用エアコンの取付けタイプには「天井カセット形」や「天井吊り形」、「ビルトイン形」、「床置き形」等がありますが、ビルトイン形は天井に埋め込む作業となり、手間もかかるため他のものに比べると工事費がやや高くなります。

そして、空調の馬力が大きくなるほど、商品自体の価格も高くなる傾向にあります。

また室外機の搬入方法についても人力やロープ吊り、クレーン搬入といったものがありますが、室外機を屋上に設置するという場合はクレーンなどを使用して搬入するので費用がかかってしまいます。

空調工事を業者に依頼する際には、居抜き物件、スケルトン物件を問わず複数の業者から見積もりを取って比較検討をしてみて下さい。

そして、できるだけ費用をおさえた工事プランを提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。

店舗リフォームの費用についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。
店舗リフォームの費用相場は? 業種ごとの事例とデザインを解説!

空調工事を選ぶポイントと注意点

一般家庭では家電量販店で家庭用エアコンを購入すると、専門業者への依頼まで行ってくれます。
大きな住宅や店舗やオフィスでは、業務用エアコンを取付ける必要があるでしょう。

業務用エアコンは家庭用エアコンとは異なり、能力や取付けタイプも様々なものから選ぶことができます。
そして店舗やオフィスの面積、業種に適した空調機を取付ける必要があります。

空調機を取付ける際には専門業者に相談して適切な空調機の提案をしてもらい、実績のある業者に工事を行ってもらいましょう。

店舗リフォームの注意点についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。
店舗リフォームの注意点とは

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

空調工事のお役立ちコラム

Q.空調は一括管理できたほうがいい?

一括管理だと、人があまりいない場所と人が集中している場所の区別ができないため、電力に無駄が生じてしまいます。

オフィスなどで使用されている多くの空調設備は、1棟すべての空調を集中管理しているのが一般的でした。しかし近年は、環境に対する意識への高まりや、震災後の電力不足の影響もあり、一括管理の弊害が指摘されるようになりました。 また、人によって体感温度が異なるにもかかわらず、場所によって温度を調整することができません。そのため、近年ではひとつのフロアに複数の空調設備を導入し、ひとつずつ温度を調整できるシステムへと変更する企業や店舗が増えています。