2018年5月22日

排気工事の費用相場とポイント

排気工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、空調工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で排気工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

排気工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 排気工事 を行う場合の概算費用です。

フードダクト工事
30〜100万円
換気扇
20〜40万円
インバータースイッチ
3〜5万円
屋上排気工事
100〜300万円

排気工事のポイント

排気工事

店舗やオフィスにおける排気工事は、設置する給排気設備のタイプによって3種類に分けられます。一つ目は壁面に開口部を設け、そこへ直接換気扇を設置する方法です。この方法は最も低いコストで行うことができますが、周囲に他の住宅やオフィスがある場合には禁止されていることもあります。また現在は24時間換気できるシステムの設置が建築基準法によって義務付けられており、この方式の排気設備がもっとも多く用いられています。

二つ目は天井内にダクトを通し、内部に換気扇を取り付けて別の場所へ排気する方法です。この方法は飲食店の厨房でよく用いられる方法で、排気する場所を自由に選ぶことができるため、周囲の建物へ影響が出ない場所を選んで排気を行うことができます。換気ルートをより明確にしたい場合に用いられます。三つ目はダクトを使って屋上まで排気を引き上げ、そこから排気を行う方法です。この方法は周囲の建物への影響が少ないため、どのような建物でも設置できるのがメリットですが、ダクトの設置工事が必要となるため、その分のコストがかかるデメリットがあります。

建物の形状によっては選択肢がない場合もありますので、どのタイプが最適なのか専門の業者さんにアドバイスをもらうといいでしょう。複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

排気工事で費用をおさえるポイント

排気工事の費用は、使用する部材や施工方法、排気工事の内容および現状の設備状況などによって違いが出てくる他、ビルの屋上など高い場所にダクトを取付けると足場を組む必要があるのでその分費用も高くなります。そしてダクトの距離が長くなったり、換気扇の容量が大きいものほど商品自体の価格も高くなる傾向にあります。

また排気工事では水道工事や空調工事などと同様に居ぬき物件を使用するか、スケルトン物件を使用するのかということでも費用が大きく変わってきます。特に飲食店では居ぬき物件で同業種である場合は、吸排気の容量も変える必要がなくダクトをそのまま使用できることも多いため、工事費用をおさえることができます。しかし、不具合などある場合には別途メンテナンス費用が必要になります。

排気設備は定期的にメンテナンスを行うことで故障や不具合が起こりにくくなります。点検やメンテナンスを怠ってしまうと高い修理費用が必要になることがあります。 修理にかかる費用をおさえるためには、定期的に業者に点検やメンテナンスを行ってもらうことが大切です。

業者に工事を依頼する際には、複数の業者から見積を取って比較検討をしてみると良いでしょう。そして経験が豊富な業者に依頼をすると、適切で無駄のない工事の提案をしてもらうことができます。

排気工事とは?

排気工事では、排気や換気を行う「排気・換気ダクト」、室内に空気を取り入れる為の「給気ダクト」、また飲食店に取付ける「厨房ダクト」、快適な空気を維持する為の「空調ダクト」といった給排気設備を取付けます。

給排気設備は店舗やオフィスの面積なども考慮し、目的に合った適切なものを取付けることが大切です。そして定期的に点検やクリーニング、修理をきちんと行うことで十分な排気や換気が可能になります。

排気工事の種類とメリット

排気工事では店舗やオフィスなどの使用目的によって適切な給排気設備を取付ける必要があります。給排気設備には、排煙や換気をする「排気・換気ダクト」や外気や空調機からの空気を室内に取り入れる「給気ダクト」、調理で発生する煙や臭いなどを集める「厨房ダクト」また室内の空気を快適に保つための「空調ダクト」といった様々なものがあります。なお厨房ダクトは延焼防止や油分分離装置などが取付けられているものもあります。

そして給排気設備の設置方法には、3種類の方法があります。一つ目は、壁面に開口部を設け、そこに直接換気扇を設置する方法です。この方法は最も低いコストで設置をすることができますが、周囲に他の住宅やオフィスがある場合は禁止されていることがあります。また現在は建築基準法によって24時間換気できるシステムの設置が義務付けられているので、3つの方法の中では最も多く用いられている方法となっています。

二つ目は天井内にダクトを通し、内部に換気扇を取付けて別の場所へ排気する方法です。この方法は飲食店の厨房で良く用いられる方法で、排気する場所を自由に選ぶことができ周囲の建物への影響が出ない場所に取付けることができます。三つ目はダクトを使って屋上まで排気を引き上げ、そこから排気を行う方法です。この方法は周囲の建物への影響が少ないため、どのような建物にでも設置できるのがメリットですが、ダクトの設置工事が別途必要になります。

排気工事を選ぶポイントと注意点

排気工事では店舗やオフィスのそれぞれ使用目的に合ったダクトを取付けますが、特に飲食店に取付ける換気扇は注意が必要になります。

飲食店では調理によって煙や臭いが発生するため、あまりにも吸引力が弱いものは煙やにおいが充満してしまい、吸排気のバランスが悪いと入口のドアの開閉がしづらくなることがあります。工事を依頼をする業者には、適切な給排気設備の提案をしてもらうことが大切です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

排気工事のお役立ちコラム

Q.排気設備のメンテナンスはどのくらいの頻度で行うべき?

1年に1回は定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。排気ファンは羽根車への汚れの付着によって性能が低下し、エネルギーのロスが生じます。付着した塵埃や油脂分の清掃を行うことで本来の機能を発揮し、また長い年数の使用に耐えられるようになります。

特に異音や振動がしたり、回転音が異常に大きかったりする場合は、換気扇ファンにゴミが付着していることが考えられます。専門業者へ清掃とメンテナンスを依頼することをお勧めします。

また、10年近く使用している場合は、換気扇を回すモーターが劣化していることや、本体そのものが壊れてしまっている可能性が考えられます。換気扇本体の交換が必要になりますので、早めに専門業者へ連絡したほうが良いでしょう。