2018年5月18日

室内工事の費用相場とポイント

室内工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で室内工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

室内工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 室内工事 を行う場合の概算費用です。

エアコン取り付け工事
1.3〜2万円
室内塗装
15〜40万円
ガラス
1〜5万円
内装解体
3〜10万円

室内工事のポイント

室内工事

店舗内装などの室内工事にはいくつかの注意点があります。

1.快適な空間、環境であること
お客様に快適に過ごして頂くために、例えば飲食店ならテーブルの大きさや高さ、椅子の高さと座り心地、隣席との距離などが重要となってきます。また、最近は特にトイレの快適さが重要視されています。入りやすさや広さ、アメニティグッズの有無、防音の問題など、考慮するようにしましょう。

2.コンセプトに合致していること
お店のコンセプトを内装で表現することは重要です。例えば、ワインを売りにするレストランならワインセラーをディスプレイに使ったり、ヨーロッパをイメージさせるような空間作りが必要となってきます。一方で、什器類は雰囲気作りに重要なものの、コストを下げるために見えない部分はコスト削減を徹底するようなメリハリが重要と言えるでしょう。料理をより美味しく、食事をより楽しく感じてもらうためにはどのような内装にしたらよいのかと、考えていきましょう。

3.利益の最大化
飲食店であれば席数が多ければ売上を増やせますが、闇雲に席数を増やすだけでは利益増加に繋がりません。むしろお客様にとって居心地の悪い空間になったり、従業員が動きづらくなったりと、逆効果になる場合もあるので注意が必要です。厨房スペースとのバランス、1人用、複数人用のテーブルサイズの組合せ、テーブルサイズの構成、隣席との距離感、従業員の導線など総合的に判断する必要があります。

 

室内工事で費用をおさえるポイント

室内工事の費用は、使用する部材や施工方法、希望する室内工事の内容、および現状の設備状況などによって違いが出てきます。そして室内の規模によっても工事にかかる費用が大きく異なってくる他、店舗の業種によっては設備工事(ガスなど)の費用が別途必要になることがあります。室内工事では特に内装工事の費用が大きく影響してきます。それは使用する材料や工法などにより費用に違いが出てくるからです。

求めるデザインや備品などが凝ったものになると、費用が高くなってしまいます。できるだけ費用をおさえたい場合には、備品のグレードを差しさわりのない程度のものにしたり、必要最低限の設備やシンプルなデザインに留めておくことが必要になってくるでしょう。また自分のイメージする空間やデザインを業者に伝えて、比較的安価な材料や備品を揃えてもらうことが可能かどうか相談をしてみるのも一つの方法です。

そして予算に応じたプランの提案をしてもらうと良いでしょう。そして業者に室内工事を依頼する際には、提案内容や工事にかかる費用は業者によって違いがあるので、複数の業者から見積もりを取って比較検討をすることが大切です。その他、別途工事や追加工事が発生した場合の費用についてもきちんと確認をしておくと安心です。

室内工事とは?

室内工事は、様々な設備を設置したり室内デザインなどを含め、使い勝手の良い室内空間に整えるための工事です。例えば新規に店舗を準備する際には、床や壁・天井などの張り替え、また電気やガス、水道などの工事を行います。

この室内工事はデザインを手掛ける業者や実際に工事を行う施工業者など複数の業者によって行われます。そのため各業者との工程などの打ち合わせは、しっかりと行っておく必要があります。

室内工事の種類とメリット

店舗内装などの室内工事では、まず快適な空間や環境であることが求められます。例えば飲食店であれば、テーブルの大きさや高さ、椅子の高さと座り心地、また隣席との距離などに気を配る必要があります。また最近はトイレの快適さも重要視されてきています。入りやすさや広さ、アメニティグッズなどは重要なポイントです。これらは、お客様に快適に過ごしていただくための大切なサービスの一つとなるので、十分に考慮しておきましょう。

そして、内装がお店のコンセプトに合致しているかどうかも重要視するべき点です。内装とコンセプトがちぐはぐだとお客様にお店のイメージ等も伝わりません。例えばワインを売りにするレストランでは、ワインセラーをディスプレイにしたりヨーロッパをイメージさせるような空間にすると良いでしょう。室内工事ではそのお店のイメージに合ったデザインを取り入れることが大切になってきます。

その他には、飲食店など席数を増やせば売り上げも増やすことができますが、やみくもに席数を増やしても利益増加にはなりません。むしろお客様にとって居心地の悪い空間になったり、従業員が動きづらくなってしまうと逆効果になる場合もあります。そのため厨房スペースとのバランスや1人用、複数人用のテーブルを上手に組み合わせて配置することが必要です。またテーブルサイズや隣席との距離感、従業員の動線などを総合的に考慮して快適な室内空間となるように設計やシュミレーションを行うことが大切です。

室内工事を選ぶポイントと注意点

室内工事を行う際にはデザイン的な店づくりも大切ですが、レイアウトが人の動きや動線を考えた配置であるかということも重要です。コンセントの位置などは既存設備の関係で動かすことができませんが、固定された備品以外の配置を工夫して人の動きを妨げない配置を心がけましょう。

そして業者に室内工事を依頼する際には、工事経験が豊富な業者から提案をもらって比較検討をしてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

室内工事のお役立ちコラム

Q.室内工事の際に考慮すべき事って?

室内工事をする際には、デザイン的な店作りも重要ですが、レイアウトが人間の動きや動線を考えた配置になっているかを再度確認することをお勧めします。

コンセントの位置や配電盤など既存設備の関係でどうしても動かせないもの、設置場所が固定されてしまうものはありますが、固定化された備品以外の配置を工夫して人の動きを妨げないようにすることが大切です。

業務効率を上げる上でもそうですが、お客様に怪我をさせないためにも、室内のレイアウトは何度もシミュレーションして確認することが必要です。

室内工事を依頼するにあたっては、工事経験が豊富な複数の業者さんから提案をもらって比較検討することをお勧めします。