2018年5月22日

雨樋の交換・修理の費用相場とポイント

雨樋の交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で雨樋の交換・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

雨樋の交換・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 雨樋の交換・修理 を行う場合の概算費用です。

雨樋交換(2m)
1〜3万円
雨樋全交換
30〜60万円
雨樋清掃
1〜3万円

雨樋交換、修理の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望される雨樋交換、修理の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

雨樋交換、修理のポイント

雨樋交換、修理

雨樋の交換、修理を依頼する際の3つのポイントですが、まずは本当に交換すべきなのか、修理で納まるのかの判断です。築年数的に20年ほどたっていると交換時期といわれています。ただ、間に外壁塗装などをしたい際に樋の塗装もしている場合劣化の具合も家により違うと思うので一概には言えませんがまだ替えなくてもいける場合もあります。

二つ目ですが、信頼のできる業者かどうかです。ちゃんと屋根に上り、細かく見て判断してくれる業者ほど安心です。

三つ目ですが、樋を替える場合ほとんどは足場が必要になります。なぜかというと樋を固定する金具が屋根の上に乗って施工できる場合はほとんどないためです。逆に足場なしでも施工可能だという業者は注意したほうがいいかもしれませんね。

  

雨樋の交換・修理で費用を抑えるポイント

雨樋の交換は足場が必要になる工事になります。このため作業内容の割に費用が高くなりやすい工事のひとつになります。雨戸の交換や修理が緊急ではない場合は、足場を組むことになる、外壁のメンテナンスをするタイミングで雨樋の交換をするようにしましょう。まだ壊れていなくても老朽化している場合は、壊れる前に外壁塗装などのタイミングで交換してしまえば、費用をかなり抑えて交換することができます。

雨樋が風災で壊れた場合は保険が効くケースがあることも頭に入れておきましょう。例えば台風が来る前には問題なかったのに、台風が去ったところで雨樋が壊れてしまったケースなどでは、火災保険の風災補償を利用することで、保険を使った修理が可能になります。最終的な判断は保険会社がしますので、まずは申請を行ってみましょう。

雨樋の交換は業者選びも重要です。交換だけですので作業そのものは難しくありません。それでも業者によって費用が変わってきますので、必ず3,4社に見積り依頼をして、価格が高い業者に作業依頼をしないように気をつけてください。金額が低すぎる業者もトラブルの原因になる可能性がありますので、あまりに安すぎると感じたときは、その業者も除くようにしましょう。

雨樋の交換・修理とは

雨樋は屋根に降った雨を集めるためのもので、経年劣化によって継手が壊れたり、穴が空いたりします。強い雨や風で雨樋が傾いてしまうこともあります。そんな雨樋は交換や修理が必要で、部分交換や補修であれば数万円で交換・修理が可能です。ただし全交換を行う場合は足場を組む必要があるため、工事に数十万円もかかってしまいます。強い風や積雪などが原因の場合は、火災保険で修理できることもあります。

雨樋の交換・修理の種類とメリット

雨樋の部分交換を行う場合は、既存の雨樋の形状や材質に合わせて交換することになります。雨樋は大きく分けて3種類の形状があり、それぞれに特徴がありますので、ここでは3種類の雨樋の特徴とメリットについて紹介します。

半円型
古い物件によく見られるタイプの雨樋です。形状がシンプルですので価格安いというメリットがあります。ただし、大量の雨を受けられない構造になっているため、ゲリラ豪雨や台風のような悪天候ではきちんと雨樋としての機能を果たせないことがあります。

角型
最近のスタンダードは角型になります。半円型よりも多くの雨を集めることが出来るため、大雨でも水があふれることがほとんどありません。強度も強いため強風で壊れにくいというメリットもあります。半円型と角型で悩んだ場合は角型で雨樋交換することをおすすめします。

特殊型
寒冷地のように雪が多い地域で使われているのが特殊型と呼ばれる雨樋です。通常の雨樋は雨には強いのですが雪の重さまでは考慮して作られていないため、雪が積もると壊れることがあります。このため、雪国では積雪しにくい構造にした特殊型の雨樋を利用すること一般的です。

雨樋の材質
材質は塩化ビニール製がほとんどですが、最近はガルバリウム鋼板と呼ばれる金属素材を使われることが増えてきました。屋根材にも使われている安価で強度のある材料で、今後はガルバリウム鋼板の雨樋が普及していくことが予想されます。

雨樋の交換・修理を選ぶポイントと注意点

雨樋の交換をするときにDIYでできると紹介しているサイトがありますが、雨樋の交換はとても危険な作業になります。確かに交換そのものは簡単に行えるのですが、高所作業になり、足場が不安定な場所で作業を行うことになりますので、非常にリスクの高い作業になります。安全面から考えて、よほどDIYの腕に自信があるのでなければ、DIYではなくしっかりと足場を組める業者に依頼するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

雨樋交換、修理のお役立ちコラム

Q.雨樋の交換(修理)の重要性って?

居住している地域や、住宅の屋根の形状によっては雨樋が設置されていることがあります。一般的には屋根に雨が降った場合では、雨樋を通して同じ個所に雨水を流し込むことを行っており、排水溝へと流れさせることが通常の設定方法になります。

しかし、破損してしまっている状態では、予想外の部分に雨水が大量に流れ込みこともあるために交換や修理を行う必要が出てきます。この場面は、そのまま放置をしてしまった場合では、地盤が雨水によって緩くなってしまうことがあり、酷い症状の場合では床下に水が溜まってしまうこともあるために、防止策として雨樋を修理することが必要とされています。

また、定期的に点検を行って、枯葉などの異物を撤去することも大切です。