2018年5月22日

インターホン取付・修理の費用相場とポイント

インターホン取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、電気工事・修理のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でインターホン取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

インターホン取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした インターホン取付・修理 を行う場合の概算費用です。

インターホンの交換
1.6〜6.1万円
インターホンの修理
0.5〜1.5万円

インターホン 取付、修理の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望されるインターホン 取付、修理の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

インターホン 取付、修理のポイント

インターホン 取付、修理

最近の住宅はインターホンは必ず取付します。それもセキュリティーの関係で、モニター付きのものがほとんどです。このインターホンを取付する時や修理する時の注意点はなんでしょうか。それは高さ、角度、場所の三つがポイントになるでしょう。高さは高すぎても低すぎても良くありません。特に低い位置にあると小さな子供が悪戯したり、カバンや荷物が触れて誤作動をする場合もあります。角度は人の声をよく拾うように考えましょう。またモニター付きは広い範囲で顔を映し出すような角度に設定します。死角ができるよう事は決してないようにしましょう。

場所はそれなりに分かりやすい場所でなくてはなりませんが、余りにも車や人通りが多くて雑音で声が聞き取りにくい様では役目を果たしません。声の通りやすい場所を選びましょう。

  

インターホン取付・修理で費用をおさえるポイント

インターホンの取付けや修理の費用は、施工方法や取付けるインターホンの種類によって異なる他、修理の内容や現状の設備状況によっても違いが出てきます。最近のインターホンはモニター付きの他にも録画機能などが付いているものもあり、高機能のものは商品の価格も高くなります。取付ける際には、必要な機能を持つものだけに限定して選ぶようにすると良いでしょう。

新規でインターホンを取付ける場合は配線工事などの必要があるので、交換のみの場合と比べると費用もやや高くなってしまいます。交換の場合でも状況によっては配線のし直しが必要になる場合は別途費用が必要になります。取付けについては、インターホンの種類によっては素人でも取付けができるものもあります。このような場合は、依頼する必要がないので費用もおさえることができるでしょう。

その他の費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。取付けや修理にかかる費用や出張料金などは業者によって違いがあるので、複数の業者から見積もりを取って比較検討をすると良いでしょう。

インターホン取付・修理とは?

インターホンを取付けておくと玄関の外に出なくても屋内で来客と会話ができることができるようになります。取付けはベルの配線をそのまま活用することができるので、大きな電気工事は必要ないケースもあります。しかし配線が通っていない住宅の場合は、電気修理を行う必要があります。

インターホンの取付けや修理は「電気工事士」の資格が必要になる場合もあり、素人では難しいなので業者に依頼するようにしましょう。

インターホン取付・修理の種類とメリット

インターホンを取付けるメリットはやはり、防犯面でのメリットが一番大きいのではないでしょうか。玄関の外に出なくても室内で来客と話ができる他、モニター付きのものであれば室内から誰が来たのかを確認することができるからです。

インターホンの種類にはシンプルな会話だけができるものやモニター付きのものが主流ですが、最近では録画機能や警報機能が付いているインターホンもあり、高機能で防犯機能も高くなってきています。その他には「ワイヤレス(無線)」といって壁にモニターなどを取付ける必要がないタイプのものも登場しているようです。家の中のどこにいても来客に対応することができるので便利です。また子機を持ち歩いて外出中でも来客の様子を確認することができるものもあります。

インターホンの取付けはインターホンが「電源コード式」や「乾電池式」のものであれば素人でも取付けることができます。しかし「電源直結式」などの場合は専門的な知識が必要となり、電気工事士の資格を持つものでなければ取付けや修理ができないので、安全のためにも必ず業者に依頼をするようにしましょう。

修理についても、インターホンは精密機械なので不具合が現れた場合には素人では難しい作業になります。少しでも不具合が現れた場合には、すぐに業者に連絡して状態を確認してもらい、修理か交換かを見極めてもらいましょう。防犯対策としてもインターホンの取付けは有効なので少しでも早く修理をしておくことが大切になります。

インターホン取付・修理を選ぶポイントと注意点

インターホンを取付ける際は、取付ける位置や角度、場所に注意する必要があります。取付ける位置は、高すぎても低すぎても良くありません。特に低い位置は子供が悪戯をしたり、かばん等が触れて誤作動をする場合もあるからです。そして角度は、モニター付きは広い範囲で顔を映し出し死角ができないようにします。

また雑音で声が聞き取りにくい場所は避けて、人の声の通りやすい場所を選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

インターホン 取付、修理のお役立ちコラム

Q.インターホン取付に必要な工事って?

インターホンとは来客などがあった際に、玄関ドアの外側に設置されている専用のボタンを押すことによって、室内側に呼び出し音が鳴ることになり、屋外と室内で会話ができるシステムを持っているものになります。

古い時代では単に呼び出し用のベルを設置することが行われてきましたが、インターホンの取付けに関しては、ベルの配線をそのまま活用することができるために、大きな電気工事を必要としないケースが見られます。しかし、中には配線が通っていない状態の住宅も存在しているために、このケースでは電気修理を行うことが求められています。

一般的には壁の内部に電気配線の処理を行うことになりますが、作業に関しては素人は行うことができない内容を持っているために、プロの修理店などに依頼することが必要です。