2018年5月22日

IHクッキングヒーター(IHコンロ)取付・修理の費用相場とポイント

IHクッキングヒーター取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、IHクッキングヒーターのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でIHクッキングヒーター取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

IHクッキングヒーター(IHコンロ)取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした IHクッキングヒーター(IHコンロ)取付・修理 を行う場合の概算費用です。

IH取付け費用
3〜6万円
トップレート交換
3〜5万円
ローストユニット修理
2〜5万円
基盤交換
2〜5万円

  

IHクッキングヒーター取付・修理で費用をおさえるポイント

IHクッキングヒーター 取付、修理

IHクッキングヒーターの取付けは、IHクッキングヒーターから新しいIHクッキングヒーターへの交換取付けの場合であれば、モノを交換するだけの工事となるため費用はあまりかかりません。しかし、ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換取付けとなる場合は、IHクッキングヒーターの取付けに必ず必要となる専用の電気回線を設けるための電気工事を行わなければならないのでその分費用がかかってしまいます。

IHクッキングヒーターに搭載されているヒーターの口数やヒーターの種類などによっては商品の価格に違いがあるので、費用をおさえたい場合にはその点を考慮して商品を選ぶと良いでしょう。

IHクッキングヒーターを取り付けると、電気料金の割引を受けることができる地域もあります。ただ、それほど大きな金額ではないため、ガスコンロからIHクッキングヒーターへ取替えを検討されているのであれば、これを機にエコキュートの設置と併せてオール電化を検討してみてはいかがでしょう。

IHクッキングヒーターとエコキュートでオール電化にすることで、毎月の電気代・ガス代の経済的メリットが大きくなります。 メーカーや機能にこだわりがない場合には型遅れの商品や業者の過剰在庫を利用するとさらに費用をおさえることができるので、施工業者に問い合わせてみてください。

IHクッキングヒーター取付・修理とは?

IHクッキングヒーターはシステムキッチンを導入する場合やガスコンロからIHクッキングヒーターに交換するなどのキッチンのリフォームで取り付けることが多い加熱機器です。

またオール電化住宅に切り替える際にも、総合的にみて電気代を節約できるメリットが多いことからIHクッキングヒーターを取付けるご家庭も多いようです。IHクッキングヒーターの取付けや修理は、必ず専門業者に依頼をして修理をしてもらいましょう。

IHクッキングヒーター取付・修理の種類とメリット

IHクッキングヒーターを取付ける場合は、エコキュートの設置と併せてオール電化を検討してみられるといいかもしれません。そうすることで電気代も節約できるので経済的なメリットも大きくなります。IHクッキングヒーターの取付けにはシステムキッチンに組込む「ビルトイン型」とコンロ台において使用する「据え置き型」の二種類の取付け方法があります。

ビルトイン型はきちんとシステムキッチンに収まるので、見た目もすっきりとしていて既存のガスコンロからIHクッキングヒーターへの取り替えも可能です。また据え置き型はコンロ置台に設置することができるので、既存のキッチンはそのままでガステーブルだけをIHクッキングヒーターに取り替えたいという場合に便利です。熱源の種類には、鉄製やステンレス製の鍋を使用することができるIHヒーター、アルミ製や銅製の鍋などすべての種類の金属鍋が使用できるオールメタル対応のもの、トーストやお餅を焼いたりするのに便利なラジエントヒーターがあります。

これらの熱源は、目的に合わせてそれぞれを組み合わせることが可能です。そしてIHクッキングヒーターのメリットには、調理に火を使わないので火災の心配がなく安心・安全であること、調理時に発生する熱がキッチンにこもらないので夏場の調理も快適であること、そして高火力で調理もスピーディにでき、熱効率が良いのでムダがなく省エネであること、構造がシンプルなのでお手入れがしやすいこということなどがあります。

IHクッキングヒーター取付・修理を選ぶポイントと注意点

IHクッキングヒーターを選ぶポイントは、IHクッキングヒーターに搭載されている様々な機能に注目してみると良いでしょう。それらの機能は便利で充実していますが、自分に必要な機能が搭載されていて使いやすい商品を選んでみてください。

またIHクッキングヒーターの熱源の種類によっては使用できない調理器具があり、今までの調理器具は使用できなくなってしまことがあるので注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

IHクッキングヒーター 取付、修理のお役立ちコラム

Q.IHクッキングヒーターの取付(修理)に必要な工事って?

IHクッキングヒーターは、オール電化住宅などへのリフォームに伴って交換、設置されることが多いですが、お手入れが簡単で、炎による火災の心配もない等の理由から人気が出ていて、ガスコンロの交換時にIHクッキングヒーターに切り替える方も増えてきています。

IHクッキングヒーターは、電気の専用回路を設けることが義務づけられているので、必ず電気工事が必要

比較的新しい戸建て住宅やマンションなどではほとんどの場合、分電盤にIHクッキングヒーター専用の回路を増設し、キッチンまで配線を伸ばしてコンセントを増設する工事で済みますが、各ご家庭の電気配線やブレーカー、分電盤の状況により、下記の工事が加わります。

  • 分電盤におけるアンペアブレーカーや漏電遮断機の容量が50A未満の場合はこれらの取替工事
  • 分電盤にIHクッキングヒーター専用に使用できる回線(通信・電気)がない場合は、分電盤自体の取替工事
  • 200VタイプのIHクッキングヒーターを利用する場合、引込線が単相2線式配線であれば単相3線式配線へ取替工事