2018年5月18日

コンセント増設の費用相場とポイント

コンセント増設の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、電気工事・修理のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でコンセント増設しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

コンセント増設の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした コンセント増設 を行う場合の概算費用です。

コンセントの新設
1.5〜2万円
差込口の増設
0.8〜1.5万円
コンセント専用回路増設
2〜3万円
既存コンセントの取替え
0.8〜1.5万円

コンセント増設で費用をおさえるポイント

コンセントの増設は、専用の配線を引く場合と、既存のコンセントを延長する場合があり、専用配線を引く方が費用は高くなります。IHやエアコン、乾燥機などは専用回路であることが必要です。配線を引きたくても分電盤に空きがない場合は、分電盤を交換しなければいけないので、さらに高額になります。

また、コンセント増設工事にかかる費用は、場所が建物の外周側か室内側か、室内の場合は何階建の何階になのか、また配線を隠すか露出させるかでも異なります。一般的に3階建ての2階部分での増設で、隠す配線は費用は高くなります

施工業者さんによってコンセント増設の提案内容が違ってきますし、料金にも差が出ますので、複数の施工門業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

コンセント増設を選ぶポイント

コンセント 増設

コンセント増設とは?

コンセント増設は、新たにコンセントを設置・増やすことです。 お部屋の模様替えや新しく家電を購入した場合など、新たにコンセントが必要になる場合あります。既存のコンセントの場所では届かず、延長コードで伸ばすと見た目が悪いですし、延長コードを引っ掛けたり、タコ足配線による危険やブレーカーが落ちるなどの不具合が発生します。コンセント自体を新しく取り付けることで、そのようなトラブルを防ぐことができます。

コンセント増設の種類とメリット

コンセントの増設は、専用の配線を引く場合と、既存のコンセントを延長する場合があります。

専用の配線を持ってくる場合は、分電盤から専用線を引いて、コンセントを増設します。 分電盤から新規に配線する必要があるので、工事の手間は増えます。 しかし、専用線のため増設したコンセントで電力を多く消費しても、ブレーカーが落ちる心配は低減します。 消費電力の多い、暖房器具などを利用するためのコンセント増設には適しています。

既存の配線を利用する場合は、既存のコンセントを分岐させて、コンセントを増設します。 工事自体は簡単ですが、延長コードを用いるのと理論上は同じなので消費電力を多く使う場合は適していません。 ちょっとした家電を利用する場合のコンセント増設工事に向いており、価格も抑えることができます。

目安として、一般的な住宅はだいたい90cm間隔で柱が入っているので、今あるコンセントから90cm以上離れたところに増やすのは少々大がかりな施工になります。また、壁紙の張替えリフォームや間仕切り壁の移動の時に一緒に行えば、二度手間を防ぐことができて壁の中にキレイに納めることができます。

コンセント増設を選ぶポイントと注意点

コンセント増設工事を行なうには「電気工事士」という資格が必要です。また、電気工事は簡単なものでも感電や火災の恐れがあります。自分で工事をせず、必ず電気工事店などに依頼しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

コンセント 増設のお役立ちコラム

Q.コンセント増設に必要な工事内容って?

コンセントを増設するといっても、数を増やすのか場所を増やすのかによって増設に必要な工事内容などが違います。今まで使っていた場所でコンセントの数を増やす場合は、分けて増やす工事を行います。

以前から存在しているコンセントを使った工事なので比較的早く行うことができますが、消費できる電力は変わりません。一方、場所を新しく増やす場合には、分電盤から新たに増設工事を行います。そのため、増設工事の工程は増えますし手間がかかってしまう場合があります。

しかし、普段からブレーカーが落ちやすいという場合は、消費電力が多くなってもブレーカーを落ちにくくすることができるので、コンセントの場所を新しく増やすことが向いています。