2018年5月18日

ホテル・旅館のデザイン・設計の費用相場とポイント

ホテル・旅館・ブライダルのデザイン・設計の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、店舗・オフィスその他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でホテル・旅館・ブライダルのデザイン・設計しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

ホテル・旅館のデザイン・設計の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ホテル・旅館のデザイン・設計 を行う場合の概算費用です。

レイアウト設計
1000〜1500万円
設計管理
500〜800万円
内装工事
3000〜15000万円
外装工事
3000〜10000万円

ホテル、旅館、ブライダルの費用は、使用する部材や施工方法、ご希望されるホテル、旅館、ブライダルの内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

ホテル、旅館の設計・デザインのポイント

旅行する人が特定のホテルや宿を選ぶ理由とはなんでしょうか?観光地に近い、料理がおいしそう、価格が手ごろ、たまたま部屋が空いていたなど、さまざまな理由が考えられます。しかし、それらの理由で宿泊した場所にもう一度泊まりたいと感じるかというと、必ずしもそんなことはありません。

では、リピーターになってもらうために大切なこととは何でしょうか? それはズバリ「地域性と旅情感」です。人がその土地を旅するのは、そこにしかない風景や食材を味わうためです。宿泊先でもその土地ならではの良さを感じることができたなら、きっとそこへもう一度来たいと思うでしょう。

地域性を活かし、旅情感を演出するためにまず決めたいのが、外部の自然景観を生かしたつくりにするのか、内部で完結した空間を作り出すのか、という点です。もちろん周辺に美しい自然があるのであれば、その景観を生かしたつくりをお勧めします。客室やお風呂、食事処から眺めることができるように設計するとよいでしょう。

もし周囲の景色を活かすことが難しい場合は、その土地ならではの自然素材をイメージしたデザインで統一することをお勧めします。例えばその土地で生産されている木材や、竹林などをモチーフとして、その地域の文化や歴史背景に沿った様式や要素を大切にして室内空間をデザインするとよいでしょう。

失敗例として多く見られるのが、「客室のみをモダンなイメージに改修する」といった例です。
客室だけが特定のイメージでデザインしても、全体のバランスを崩してしまうだけです。あくまで宿泊客に印象として残るのは「旅館全体のバランス」なのです。特に宿泊客が移動する、玄関から廊下、そして客室へとつながる一連の流れが、統一したイメージで構成されるように気を付けましょう。

店舗リフォームについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームが複数社への見積りで安心できる
その1

厳選された業者を
簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

相見積もりで
適正価格がわかる

相見積もりをして比較・検討をすることで、施工内容・金額が適正かどうか判断することができます。また、リフォマは依頼者と施工店を直接つなぐため、中間マージンなどの余計なコストがかかりません。

その3

修理保証が
1年間無料!

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

ホテル、旅館、ブライダルショップ 設計・デザインのお役立ちコラム

Q.営業しながらの改修工事は可能?

可能です。近年は耐震補強改修を行うホテルや旅館が増えていますが、その際に合わせて客室や浴場をリニューアルするという事例もあります。

ただし、改修の際に客室からの景観が損なわれてしまったり、改修工事の音が客室まで響いてしまったりしては、評判を落とす原因となってしまいます。改修工事を宿泊客に影響なく勧めてくれる専門業者もありますので、まずは相談してみることをお勧めします。