2018年5月18日

階段リフォームの施工箇所別の費用相場とポイント

階段リフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で階段リフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

階段リフォームの施工箇所別の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 階段リフォームの施工箇所別 を行う場合の概算費用です。

階段全体のリフォーム
20〜50万円
床材の張替え
10〜30万円
カーペットの張替え
6〜15万円
手すりの設置
7〜30万円

階段リフォームのポイント

階段/手すり 取付、修理

階段は、転倒事故の危険性が家の中で最も高い場所です。加齢が進むにつれ、転落による怪我も重症化しやすい傾向にあるので、階段は特に安全性を考慮したリフォームが必要と言えます。そこで、階段に使用する床材は、すべりにくい素材や、柔らかい絨毯やコルク等の素材を選びましょう。古くなった階段板の交換は、大掛かりな工事になることもありますが、最近はレイヤー工法といって、古い階段板の解体をせずに、既存の階段板の上から専用の部材を張り重ねていく工法もあります。

カラーや素材もバリエーションが豊富にありますし、工期も短くなる上、費用も抑えることができるのでお勧めです。また、特に小さなお子様や高齢者のいるお宅では、手すりを設置することをお勧めします。設置の際の注意点は、しっかりとした下地に取付けることと、途切れることなく取付けることです。階段の手すりは、昇降時バランスを崩した際に全体重を支えることができなければ、壁ごと壊れてしまって却って危険です。手すりを設置する個所の下地補強は、しっかりとしましょう。費用に余裕があれば、左右両側に設置できると理想的です。

手すりの取付は、直進階段で下地がしっかりしていれば比較的容易な施工となるのでDIYでも可能ですが、踊り場のある曲がり階段や回り階段などは、勾配が変わる場所も切れ目なく連続して取付ける必要があるため、職人さんの技が必要となります。さらに、階段のリフォームでは、急な階段を安全にのぼりやすくしたいという希望も多くあります。その際には、段差を穏やかにし段数を増やすための階段掛け替え工事や、直進階段から回り階段などへ変更する工事等が必要となり、大掛かりな工事になることが多いです。

設計からやり直すことにもなるので、思った以上に費用がかかることも少なくありません。各ご家庭のニーズに合った安全な階段リフォームを納得のいく価格で行えるように、複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

階段リフォームで費用を抑えるポイント

階段リフォームの費用を抑える方法のひとつにカバー工法というリフォーム方法があります。既存の階段を残したまま、上から板材などでカバーする後方で、廃材が出ないことと、階段の取り壊しをしないため工期も短めで費用も新規に作り直す場合に比べて格段に安く仕上げることができます。ある程度DIYに自信がある人であれば、自分でリフォームすることも可能です。

デザインから大きく変えたいという場合は、ある程度の出費は覚悟しておきましょう。リフォームの費用を抑えることは大切なことですが、あまり妥協しすぎるのも満足の行くリフォームからは遠くなってしまい、何のためにリフォームをしたのかわからなくなってしまいます。自分の理想の階段リフォームのイメージをしっかり固めて、そのリフォームを少しでも安く実現してくれる業者を選びましょう。

業者選びは3,4社から見積もりを取るようにしてください。1社だけに依頼して、そこで即決してしまうと相場よりも高い費用でリフォームをすることになる可能性があります。できるだけ複数の業者に見積もりをしてもらい、価格相場を把握した上で業者を選ぶようにしましょう。もちろん値段だけで決めるのではなく、信頼できると確信した業者に依頼すると満足度の高いリフォームができます。

階段リフォームとは

階段リフォームは古くなって軋みなどが発生した階段を新しく作り直したり、滑りにくくするために安全な板材を変えたりするリフォームになります。
手すりや足元に証明をつけることもあれば、階段下に収納を作るというようなことも階段リフォームで行います。高齢者や小さいお子さんがいる場合には、階段の勾配を緩やかにするといった大掛かりなリフォームをすることもあります。

階段リフォームの種類とメリット

階段リフォームの種類は目的に応じて、いくつかの種類に分類することができます。ここではそれぞれの特徴とメリットについて紹介していきます。

手すり設置
階段での転倒を防ぐために、階段の両側もしくは片側に手すりの設置を行います。バリアフリーを考えたときにも手すりは必須のアイテムで、しっかりとした強度が必要になるため、プロの業者によるリフォーム工事を行います。

床材変更
小さなお子さんがいる家庭などでは安全を考慮して、階段にコルクやカーペットなどを敷くリフォームを行います。貼り付けるだけでリフォームができますので、お手軽にできるリフォームのひとつになります。

階段下収納
多くの場合、階段の下はデッドスペースになっています。その階段下に収納を作るリフォームは人気の高いリフォームのひとつです。階段そのものの強度計算も必要になるため、実績と高い技術力が求められるリフォームになります。

勾配変更
古い家には階段の段差がありすぎて急勾配の階段があります。非常に危険な階段で怪我のリスクなどもあるため、勾配を緩やかにするリフォームを行うことがあります。問題はスペースの確保になりますので、階段を折り返すなど業者のアイデア力、デザイン力が問われるリフォームになります。

照明追加
階段は家によっては光が入りにくい場所に設置されているため、足元が暗くなりがちです。そんな階段の足元に照明を設置するリフォームを行います。

階段リフォームを選ぶポイントと注意点

階段リフォームを行うときに注意したいのが、階段リフォームを行っているときに階段を使うことができないということです。
あたり前のことですが実は見逃しがちなことで、最近は生活の中心が2階にあって、家の外に出るには階段を使わなくてはいけない家が増えています。このような家の階段リフォームの工事中は、家族で外出するなどをして階段が使えなくても困らないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

階段リフォームのお役立ちコラム

Q.階段リフォームでも利用できる助成金制度ってある?

介護保険に加入されている方なら、手すりの取付けを行う際に、介護保険制度を利用して助成金を受け取ることができます。

介護保険における住宅改修を行う際の支給限度基準額は20万円で、要支援、要介護区分にかかわらず定額です。ただし、その内の1割は自己負担となるので、実質の支給額は、9割の18万円が上限となります。この20万円の支給は原則としてお一人一回となっていますが、何回かに小分けして活用することもできます。

また、要介護状態区分が3段階以上重くなった場合や、転居して再度住宅改修が必要となった場合には、その都度20万円の支給限度基準額が設定されます。さらに、20万円の上限はお一人ずつに支給される金額なので、ご夫婦で介護保険に加入されていれば、お二人分の40万円を利用できることになります。

介護保険制度を利用するには、通常、工事前の段階で各自治体に支給申請書や工事費見積書などの書類を提出する必要がありますが、やむを得ない事情がある場合は施工後に申請することも可能です。

支給においては、償還払いとなっていることが多いので、工事代金は一旦は利用者が全額支払うことになります。その際の領収書を自治体に提出し、1~2ヶ月後に利用者本人の口座に振り込まれます。

自治体によっては、高齢者や障害者のためのリフォームを行う際の支援制度や助成制度を、介護保険制度とは別に設けている場合もあります。これは各自治体によって異なるので、リフォームの検討段階で各自治体に相談してみることをお勧めします。