2018年5月18日

戸袋修理の費用相場とポイント

戸袋修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で戸袋修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

戸袋修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 戸袋修理 を行う場合の概算費用です。

戸袋設置1F
3〜8万円
戸袋設置2F
5〜15万円

戸袋修理のポイント

戸袋修理

一戸建て住宅で雨戸の無い住宅を時々見かけますが、これからの住宅には必ず雨戸をつけなければならないのでしょうか? 近年では地球温暖化の影響で大型台風が発生することが多くあり、雨戸は、台風のような災害から大切な家を守るためになくてはならないものなのです。それでは、雨戸を収納する戸袋修理はどの様な事に注意すべきでしょうか。まず耐久性や強度があること。雨戸や戸袋などは風雨に晒されるので、アルミ製などの錆びたり腐ったりしない材質で、薄い単板ではなく強度のある複層にしましょう。台風が起こったときに物が飛んできて破損したり強風で飛ばされる場合があります。

次に雨戸の出し入れがし易いように、戸袋の中に手を入れられるスペースを設けて、楽に出し入れが出来るようにする事です。そして雨戸の出入口には、使わないときには蓋が出来るようにしておきましょう、常に開いているとホコリやゴミが入ったりして、雨戸の動きが悪くなる事があります。

 

戸袋修理で費用をおさえるポイント

戸袋修理の費用は、使用する材料や施工方法、現状の設備状況などにより違いが出てくる他、戸袋の劣化状態によっても修理方法が異なってくるので、おのずと費用にも違いが出てきます。戸袋の修理は、塗膜の剥がれやサビ、劣化が現れてきた場合は塗装を行いますが、戸袋に使用される塗料はあまり耐候性などが高くないので、定期的に塗装を行う必要性が出てきます。そして塗装に適しているのは木製や鉄製のものに限られます。

塗装費用は業者ごとに異なり、さらに塗料の種類によっても価格に差が出てきます。また戸袋は定期的に塗装を行うことで劣化を防ぎ、修理にかかる費用もおさえることができる他、雨戸や外壁などと一緒に塗装を行うことで費用をおさえることができる場合もあります。

その他の費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使用するとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。業者に修理を依頼する際には、複数の業者から見積を取って、比較検討をしてみると良いでしょう。

戸袋修理とは?

戸袋は雨戸を収納しておくスペースのことで、縁側や窓の敷居の端に取付けられている箱状になっている造作物のことです。近年では地球温暖化の影響で大型台風が発生することが多く、雨戸の取付けは台風などの災害から大切な家を守るためには必要なものになります。

修理は劣化の状況や戸袋の形状などにより異なりますが、塗装が剥がれたり、腐食や劣化のある場合に修理や戸袋の鏡板の交換などを行います。

戸袋修理の種類とメリット

住宅の窓に雨戸を取付ける場合には、戸袋を設置することになります。戸袋があることで、雨戸を使用しない時は収納しておくことができます。戸袋は雨や紫外線の影響を受けやすく、劣化しやすい箇所です。劣化した状態は建物にも悪影響を及ぼし、見た目にも決して良いとは言えません。人目にも付やすい箇所でもあるので、早めに修理をしておきましょう。

戸袋の材質には、木製や鉄製、ステンレス製、アルミ製のものがありますが、アルミ製やステンレス製のものは、腐食しにくく耐久性があるのでお勧めの材質です。木製や鉄製戸袋の劣化症状には、塗膜の剥がれやサビ、破損などがあります。塗膜の剥がれは主に木製のものに現れやすく、剥がれた状態が続くと水分が浸透して腐食してしまう恐れがあります。

また、サビは主に鉄製のものに現れてくる代表的な劣化症状の一つになります。これらの劣化症状が現れた場合には、早めに塗装をする必要があります。戸袋を取り付ける際には、耐久性や強度がある複層にすると良いでしょう。薄い単板では、台風による飛来物により破損したり、強風で飛ばされる危険性があります。また雨戸の出し入れがしやすいように戸袋の中に手が入るスペースを設けて、雨戸の出し入れが楽にできるようにしておくことも大切です。そして雨戸の出入り口には使用しないときに蓋ができるようにしておくと、ホコリやゴミが入ることを防いでくれるので雨戸の動きが悪くなることがありません。

戸袋修理を選ぶポイントと注意点

戸袋が破損や劣化した場合は、早めに修理を行うことが大切です。そのままにしておくと、破損部分から雨水が侵入して雨漏りが発生してしまいます。修理をする際は耐水性について十分な配慮が必要になります。戸袋の素材では腐食しにくく耐久性のあるアルミやステンレス製のものが良いでしょう。その他には鉄製や木製のもの等があります。

修理はDIYでは難しい事も多く、業者に行なってもらう方が安心です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

戸袋修理のお役立ちコラム

Q.戸袋の修理の際の注意点って?

住宅によっては、一般的な引き戸や雨戸などに対して、戸袋の部分が設置されている場合があります。戸袋は通常の状態では目立った部分となりませんが、住宅設備としては大切な部分となるために、一定のメンテナンスを行うことが必要とされています。

そんな中、実際に戸袋の修理を行う場面では、耐水性について十分に配慮することが求められています。合板などを利用している場合では、耐久性に問題が生じる可能性を持っているために、無垢材などを活用する方法と各住宅設備機器メーカーなどで発表されている金属製や樹脂製のタイプのものを選択することも良い方法になります。

DIYとして自己解決が困難な場合では、プロの専門家に任せることも良い方法です。