2018年5月22日

リビング・ダイニングリフォームの費用相場とポイント

リビング・ダイニングリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、間仕切り変更のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でリビング・ダイニングリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

リビング・ダイニングリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした リビング・ダイニングリフォーム を行う場合の概算費用です。

LDKへリフォーム
100〜300万円
フローリングの張替え
15〜50万円
天井・壁紙(クロス)の張替え
5〜15万円
間仕切り壁の撤去
10〜25万円
折れ戸タイプ間仕切り開閉扉を設置
25〜40万円

リビング・ダイニングリフォームのポイント

リビング/ダイニングリフォーム

近年、ダイニングやリビングのリフォームでは、別々だった部屋をひとつにして広い空間を作りたいと思われる方が増えています。その場合は間取り変更のリフォームとなり、壁材や床材などの張替えだけでなく、間仕切り壁の撤去工事なども加わるので、その分費用は上がります。また、オシャレなシステムキッチンを導入し、キッチンとダイニング、リビングもまとめて一つの広々とした空間、いわゆるLDKへのリフォームも人気です。

LDKでは、食事、テレビ、趣味、育児等、色んな目的で家族が集まる場所となるので、使いやすい配置になるように動線に気を配ることが大切です。ただし、水回りの位置を変えると、給排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事も必要となるため、大掛かりな工事になります。コスト重視であるなら、キッチンの位置はなるべく変えないようリフォームすることをお勧めします。

さらに、ゆったりと寛げるリビングダイニング作りに欠かせないポイントして、雑然とした雰囲気にならないよう収納を充実させることも大切です。壁面収納を新たに施工する場合は、その大きさももちろんですが、使用する材料や開閉方法、また、オーダーメイドか既存の収納ユニットを使うかでも大きく費用が異なってきます。各ご家庭のニーズに合った収納スペースを施工できるよう、複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

  

リビング・ダイニングリフォームで費用を抑えるポイント

最近のリビング・ダイニングリフォームでは、リビングとダイニングのそれぞれを別々にリフォームするのではなく、キッチンも加えてリビングダイニングキッチン(LDK)として一体化させるリフォームが主流になっています。それぞれにリフォームを行うよりもトータルの費用を抑えることができ、なおかつ部屋に一体感が出るため、居心地のいい空間ができあがります。

LDKリフォームを行うときは、できるだけ現在の柱の位置や水場の位置などを変えないでリフォームを行うと費用を抑えることができます。大胆にキッチンの位置を変えるような場合は、水の配管まで変更することになり、費用が膨れ上がってしまいます。できるだけ、現在のレイアウトを活かしつつ、素材を変更したり統一感を出したりすることで、納得の価格でのリフォームが可能になります。

またリフォームを行う業者によっても、かかる費用が変わってきます。まずは予算を決めて、その予算の範囲でできることを相談してみましょう。できるだけ複数の業者に相談することで、予算の範囲でできること、できないことが見えてきます。その中から最適な提案をしてくれた業者を選び、本当に必要なリフォームだけを行うことで、リビング・ダイニングリフォーム費用を抑えることができます。

リビング・ダイニングリフォームとは

リビング・ダイニングリフォームは壁紙や床材を交換することで部屋全体のイメージを変えるリフォームになります。
最近はリビングとダイニングを一体化させるリフォームが主流で、これまで別々の空間だったものをひとつの空間にまとめることで、大きくて安らぎのあるリビングダイニングにリフォームする家庭が増えています。床暖房などもリビング・ダイニングリフォームのひとつになります。

リビング・ダイニングリフォームの種類とメリット

リビング・ダイニングリフォームにはリフォーム箇所ごとにいくつかの種類に分類することができます。ここではリビング・ダイニングリフォームの種類とそのメリットについて紹介します。

クロス張替え
リビングとダイニングのイメージは壁紙ひとつで大きく変わります。家全体のイメージも決めてしまうのがリビング・ダイニングのクロス張替えになります。壁紙は色だけで選ぶのではなく、防汚機能や消臭機能のあるものを選ぶことで、部屋の美しさを長持ちさせることもできます。

床張替え
リビング・ダイニングに適した床材に張り替えます。フローリングが人気ですが、マンションなどでは防音性の高い遮音フローリングや、フローリングではなくカーペットを選ぶなど、居住スタイルに合わせた床材にすることができます。最近はリビングの一角を畳にするなどして、和の雰囲気を取り入れている家も増えています。

LDKリフォーム
リビング・ダイニングリフォームとキッチンをひとつの空間にするリフォームです。別々の空間をひとつにまとめることで、広々とした空間をつくることができ、開放的な気分で日々を過ごすことが出来るリフォームです。そこまで大掛かりなリフォームではなく、間仕切り壁の撤去だけを行い、広い視界を確保することでLDKリフォームに近い仕上がりにすることもあります。いずれ家の構造をしっかり把握しておく必要があり、高い技術が求められるリフォームになります。

リビング・ダイニングリフォームを選ぶポイントと注意点

リビング・ダイニングリフォームを行うときはリフォーム会社に相談することになりますが、何も決めずに相談に行くとあれもこれも勧められた結果、すべて行いたくなり予算オーバーしてしまうことがよくあります。
リビング・ダイニングリフォームを行うときは外せないリフォーム内容と、絶対に超えたくない予算を決めて、それらを伝えた上で相談を進めるようにしてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

リビング・ダイニングリフォームのお役立ちコラム

Q.リビング・ダイニングリフォームで注意が必要なことってある?

リビングやダイニング等のリフォームの際には、壁や床、または天井など、内装の張替えを検討される方がほとんどですが、マンションの場合、床の張替えには特に注意が必要です。

既存の床が、カーペットや畳等の場合、フローリングへの変更はマンションの管理規約によって禁止されている場合があります。また、禁止されていない場合であっても、フローリングの遮音性能が規約に定められていることがあるので注意が必要です。

壁材や天井材の張替え、室内ドアの取替え等には特に制限がない場合が多いですが、後で問題とならないよう、内装の変更を検討する際には、事前にマンションの管理規約を確認し、管理事務所や管理組合に相談することをお勧めします。