2018年5月22日

床工事の費用相場とポイント

床工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で床工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

床工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 床工事 を行う場合の概算費用です。

フローリング
10〜20万円
クッションフロア
4〜10万円
カーペット
6.4〜15万円
タイルカーペット
4.5〜10万円

床工事のポイント

床工事

床工事の方法は、木材を敷き詰める方法や、新建材でのフローリングで施工する方法など、様々なものがあります。最近では、フローリング方式が一般的になってきましたが、それでも断熱効果を高めることをプラスするもの、それも吹き付け式とか断熱材を組み込むものなどバラエティに富んでいます。床暖房もプラスする家庭も多くなっています。お住まいの地域の気候や、雨量とかの気象条件、日あたりなども参考にして、予算と見比べながら、専門業者と相談するのがいいでしょう。

また、床工事と併せてシロアリ対策を行うこともお勧めします。マンションなどでは無縁のところが多いですが、戸建ての場合は、警戒していても被害にあうときはあってしまうといわれているほど、注意が必要です。施工のとき、しっかり駆除することと、5年に一度ぐらいは消毒することがお奨めです。

 

床工事で費用を抑えるポイント

フローリングの張り替えなどを行うと何十万円も費用がかかってしまいますので、できることなら費用は抑えたいところですよね。ただ床工事に関しては悪徳業者が多いため、何が何でも安くしたいと考えていると、あまりよろしくない業者に依頼することになり、予定外の出費をしなくてはいけなくなることもあります。安くしたい気持ちはわかりますが、相場よりもやや低めくらいでいいかなという感覚で費用を抑えるようにしてください。

床工事の費用を抑える簡単な方法は「既存の床材を利用する」ということです。一般的な床工事は床材を全て張り替えるのですが、床材が傷んでいない場合は床材の上に新しい床材を張ることも可能です。そうすることで作業時間の短縮と、廃材の処理が不要になりますので、トータルコストを下げることができます。

また、床工事は多くの業者があり、腕のいい職人さんのいる業者から、悪徳業者までさまざまな業者がいます。依頼時に1社だけの見積もりで決めるのではなく、3,4社から見積もりを取るようにしてください。そうすることで作業の相場もわかりますし、業者の応対もわかります。最終的には「この人たちに任せたい」そう思える業者に依頼することが、結果的に費用を抑える近道になります。

床工事とは

床工事というとフローリングをイメージするかもしれませんが、床工事はフローリングだけでなく、クッションフロアやカーペット、そして畳などに張り替えることも可能で、床暖房なども床工事のひとつになります。
床工事は床全体を新規に張り替える「張替え」と既存の床材の上から床材を張り付ける「重ね張り」の2種類があり、予算や部屋の状況に応じてそれぞれ使い分けることになります。

床工事の種類とメリット

床工事の種類は床材によって、いくつかの種類に分けることができます。ここではそれぞれの床材の特徴とメリットについて紹介します。

フローリングの張り替え
フローリングは木材でできた床材で、温かみのある床に仕上げることができます。フローリング剤としては複層のものと無垢のものがあり、コスト重視の場合は複層フローリングを使い、より自然の温かみを感じたい場合は無垢フローリングを選びます。

クッションフロア張替え
フローリングは水気を嫌う床材ですので、トイレや洗面所などには適していない床材になります。そのような場所は、耐水性が高く汚れにくいクッションフロアの床材を使用します。マンションやアパートなどのフローリング風床材がこのクッションフロアになります。

カーペット張替え
カーペットは保温性に優れ吸音効果もありますので、小さな子どもがいるマンションなどで採用されることの多い床材になります。ナイロンやアクリルなどの合成繊維は防カビ性と防虫性に優れ、ウールなどの天然素材は踏み心地の良さと保温性に優れています。

畳張替え
最近は和のテイストの人気が高く、部屋の一部を畳に変えたり、1室だけ畳に変えるリフォームが人気です。従来の畳だけでなく、琉球畳のようなおしゃれな畳も増え、その保湿性の高さから洋間をあえて畳にする人も少なくありません。定期的なメンテンスをしっかり行えば、長く使うことが出来るのも畳のメリットのひとつです。

床工事を選ぶポイントと注意点

マンションなどでフローリングに張替えをしたいと考えている人は、まずマンションの管理規約に目を通すようにしてください。
実は多くのマンションでフローリングへの変更には規約があり、簡単にはリフォームできないようになっています。管理規約を確認し、それに適合したフローリング材を選ぶようにしてください。難しくてわからないという人は、業者に管理規約を見て床材を選んでもらいましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

床工事のお役立ちコラム

Q.床工事で予防できる事って?

床工事を行う際に予防できることとしては、施工後に床が歪んでしまったり、沈んでしまうことが無いように、しっかりと根太を設置することが求められています。根太の上にはコンパネなどを利用する場合もありますが、コンパネもしっかりとネジ打ちを行うことによって耐久性が向上することになります。

また、振動や防音などを兼ねて工事を行うことを希望する場合では、工事野際には防音シートやゴムマットなどを床材の間に設置することによって、快適な居住空間を作り出すことができ、後のトラブルを防ぐことができます。