2018年5月22日

フローリングのコーティングの費用相場とポイント

フローリングのコーティングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、フローリング張替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でフローリングのコーティングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

フローリングのコーティングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした フローリングのコーティング を行う場合の概算費用です。

ガラスコーティング(30平米)
10〜25万円
UVコーティング(30平米)
10〜20万円
シリコンコーティング(30平米)
8〜15万円
ウレタンコーティング(30平米)
5〜15万円

フローリングコーティングのポイント

フローリングコーティング

室内のフローリングのコーティングは、非常にはがれやすい物です。特によく通る廊下は、傷みが目立ちます。それをそのままにしていては、ツヤもありませんし見た目も粗末な感がするので、手を加える必要があります。フローリングをわざわざ丸ごと変える必要もありませんので、ホームセンターなどでフローリングをコーティングする用具や用品が売っています。それを買ってきて、自分でコーティングを新たにやり直すこともできます。

ですが、綺麗にコーティングに仕上げるには、やはりそれなりの技術が必要で、素人が行うことはあまりお勧めできません。専門の業者さんに依頼することで、綺麗な状態がより長持ちする仕上がりになります。また、コーティングにも種類があり、各ご家庭に合ったものを選ぶ必要があります。複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

フローリングのコーティングで費用を抑えるポイント

フローリングのコーティングの費用を抑えるときに考えておきたいのが、長期的な費用を抑えるのか、それとも目先の費用を抑えるのかということです。目先の費用を抑えようとして安いコーティングを行うと、数年間しかきれいな状態を維持できずに、すぐにコーティングを行うことになり、結果的に割高なコーティングを行うことになります。反対に何十年もノーメンテナンスでいいというコーティングを行ってもフローリングの寿命が先に来て無駄になることもあります。

まずはフローリングのコーティング費用を抑えるために、どのような視点から費用を抑えたいのかを決めてください。そのうえで、もし長期的な費用を抑えることを選んだ場合は、フローリングの寿命も考慮したコーティング選びを行いましょう。床材が15年で寿命を迎えるのに、20年以上も耐えられるコーティングを選んでも、5年以上も無駄になってしまうこともありますので気をつけてください。

また、フローリングのコーティングの費用を抑えるには業者選びも重要になります。フローリングのコーティングは業者によって価格が大きく変わりますので、複数の業者に見積り依頼をして、費用の相場がどれくらいなのかをつかむようにしてください。ただし安さばかり追求してしまうと腕の悪い業者に当たる可能性がありますので注意してください。

フローリングのコーティングとは

フローリングは素材のままですととても傷つきやすいため、一般的にはワックスがけを行います。ところがワックスは数カ月に1度のメンテナンスが必要になるため、維持をするのに手間と時間がかかります。
そのメンテナンスを楽にしてくれるのがコーティングで、長持ちするもので20年以上メンテナンスフリーにもなります。そのため最近の新築物件ではワックスではなくコーティングを選ぶケースが増えてきました。

フローリングのコーティングの種類とメリット

フローリングのコーティングは、コーティング剤によっていくつかに分類することが可能です。ここでは代表的なコーティングの種類の特徴とメリットを紹介します。

UVコーティング
UVコーティングは最も耐久性の高いコーティングです。硬度も高く厚みもあるため20〜30年も再コーティングなしで使用することができます。価格も高くオーバースペックなコーティング気味なコーティングになります。

ガラスコーティング
ガラスコーティングは最も硬いコーティングになります。硬さがあるため非常に薄くコーティングすることでコストダウンをおこなっています。それでもUVコーティングよりも少し安い程度で、高級なコーティングになります。

シリコンコーティング
10〜15年の耐久性があり、フローリングの寿命に非常に近いためコストパフォーマンスに優れるコーティングになります。耐久性から考えたときに、張ったばかりのフローリングにおすすめのコーティングです。

ウレタンコーティング
ウレタンコーティングは5〜10年の耐久性があるコーティングです。すでに張ってあるフローリングに対するコーティングとしておすすめで、非常に低コストに床をきれいに保つことができます。

アクリルコーティング
アクリルコーティングは低品質のものですと数ヶ月でダメになり、長くても2年程度で塗り直しが必要になります。価格は低いのですがすぐに追加でのコーティングが必要になりますので、長期的には割高なコーティングになります。

フローリングのコーティングを選ぶポイントと注意点

ワックスをやめてコーティングにしようとするときに気をつけたいのが、ワックスの状態です。ワックスがフローリングにしっかり乗っている場合は、その上からコーティングするのことも可能ですが、業者によっては「剥離は絶対に必要」というケースもあります。
剥離を有料とする業者もいるため、コーティングの価格が安くてもトータルコストで高くなるようなこともあるので注意してください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。

フローリングコーティングのお役立ちコラム

Q.フローリングコーティングしてハウスシックの原因にはならない?

現在では比較的新しい住宅の多くにフローリングが使用されているものを目にすることができます。

室内空間を綺麗に保つことができ、光なども反射しやすい傾向にあるために、明るい室内を保つためにも役立つ内容を持っているものとしても認知されています。

そんな中、フローリングは木材で作られているものになるために、コーティングを利用することによって、経年劣化に強い塗膜を形成することができます。その結果として耐水性や耐薬品性、耐摩耗性などにも優れた効果を発揮することになり、近年では多くの場所で用いられている方法になります。

シックハウスに関しても問題が生じないように配慮された素材のコーティング剤が用意されているために、安心して利用することができます。